海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイントホーフェン特派員ブログ > オランダ旅行、精一杯楽しむにはいつが最適?

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月 4日

オランダ旅行、精一杯楽しむにはいつが最適?


メール プリント もっと見る

オランダ旅行、精一杯楽しむにはいつが最適?


こんにちは!いよいよ師走に突入しました!ついこの間、オランダ年末恒例の花火についての記事を書いたような気がしますが、もう一年たったのですね!年々、月日が流れるのが早く感じられるようになりました!

今回はオランダの気候についてご紹介します。
私は毎回ブログの最初に少しだけその時の天気の様子についてご紹介しておりますが、今回は一年を通して全体的な情報をお届けします!
ちなみに先週はかなり寒い日が続いて朝の温度は何とマイナス7度!外に出るとキーン!と突き刺さるような寒さでした。ちなみに買い物中にたった30分だけ駐車場に車を止めていただけなのに戻ってくるとこのように車に氷が張っていました!!

DSC_0511.JPG

12月でマイナス7度なら一番寒い2月はどうなるんだとブルブル震えている私でございます!
ちなみに今日(12月4日)の朝はこのようになっておりました!げげ~っ!

DSC08788.JPG
DSC08787.JPG

霜が降りまくって気温はマイナス2度。ちょっと暖かい方です。


<春・・・3,4,5月>


オランダの春は3月から・・・と言っても春なのにまだまだ寒い!というのが現実です。ですがダウンコートはあまり必要なくなり、秋から冬の間に着るジャケットで大丈夫になります。またいまだに日本にない慣習として、毎年3月最後の日曜日が夏時間の始まりです。つまり今までの午前7時が午前8時と、一時間時間を遅らせます。よって一時間短い週末となります。この時期にご旅行中の方は時間にご注意ください。

オランダの言い伝えで<3月末から4月にかけては何でも起こりうる。>と言われていますが、それは天気のこと。4月には雪やあられが降るかもしれないし、雨ばかりかもしれないし、奇跡が起ころうものなら小春日和の気持ちの良い天候になるかもしれないし、要するに一年を通しての気候が何でもありうるということです。5月になると次第に天候が落ち着いてやっと小春日和を楽しめるようになります。しかしオランダは山の無い国、風はいつも吹いているので日本人の方にはまだまだ肌寒く感じることが多いと思います。
5月になると、一日の日照時間が段々と長くなってきます。午後8時まで明るいという日が増えてきます。

<夏・・・6,7,8月>


6月は夏と言っても暖かいというくらいで、暑いというにはほど遠い月。日本からいらっしゃる時はカーディガンを持って来られた方が良いと思います。気温は約20度前後。オランダ人にとっては最適温度だそうです。よく日本に観光に来ている海外の方に対して<この肌寒い日に半袖着て寒くないのかな~。>という思われたことがあるかもいらっしゃるんじゃないでしょうか?やっぱり20度くらいが暖かいと思う人達ならこの半袖もあり得るかもしれないと思いました。日照時間は午後10時くらいまで明るくなります。
7月、8月になると暖かさも安定してきます。この時期になると半袖、半ズボン、スカートでも大丈夫です。気温は約30度前後。30度を超すとオランダ人達は暑すぎる~と言って昼間は日よけのためにカーテンで部屋の中を暗くし、日光を遮断します!私は<え~、ちょうどいいか暖かいくらいだわ!>と言ってますが...。日本の様に湿気がほとんどないため、カラッとして気持ちのいい天候です。しかし、乾燥している分、日焼けにはご注意ください。しかも日光も強いため、子供でもサングラスをかけています。いくら日本に比べたら過ごしやすい夏と言えどもサングラスと日焼け防止クリームはお忘れなく!また日本人女性の方はエチケットとして、スカートを着用している時は暑くてもストッキングを使用していますが、オランダ人はそういうことは一切なし!逆にストッキングを使用していると<ちょっと暑くない?>と変な顔をされるかもしれません。

<秋・・・9,10,11月>


実はこの秋が私の一番嫌いな季節。何故かと言えば、天気がハッキリしていないため!9月、10月は基本的に雨がとても多い月。一日中ずっと降っている場合はまだマシな方で、5分前まではとても晴れていたのにいきなり大きな黒い雨雲が迫ってきて土砂降りになり、数分降ったかと思えばまた晴天に変わったりと、<どっちかにしてくれっ!>と言いたくなる天気(にわか雨)が一日のうちに何度となくやってくるのです。しかも私の場合は自転車で子供達を学校に迎えに行く時間帯に限ってジャーとバケツをひっくり返したように降り出すパターンが多く、毎回歯ぎしりする思いです。(笑)また、陽がサンサンと照っているにもかかわらず降り続ける天気雨も頻繁に起こります。9月中旬ごろより日照時間が短くなり、午後5時半ごろから薄暗くなってきます。しかも10月末から11月になると風が強くなります。出かける前に髪の毛を綺麗に整えても無駄です。目的地に着いた頃には爆発状態ということもよくあります(笑)。もちろんこれは自転車や徒歩の場合であって、車で移動の際は大丈夫です!気温は約15度前後。(寒い時には10度を下回ります。)
そして毎年10月最後の日曜日はまたまた時間が冬時間となります。つまり今までの午前7時が午前6時となります。よって一時間長めの週末となるわけです。

よって繰り返しになりますが、3月最後の日曜日、10月最後の日曜日にご旅行中の方は時間にご注意ください。


これは今年の11月に撮った夕方の写真。

1479829985724.jpg

このように夕方に空が赤く染まると次の日が比較的寒くなります。また11月くらいより、午前8時頃まで薄暗く、午後5時には外はもう真っ暗となります。


10月になるとスカーフ、11月にはマフラー、手袋、帽子など、日本では真冬の準備をしてもよいかと思います。

<冬・・・12,1,2月>


正確には12月21日に冬に突入すると言われています。基本的に極寒!12月はまだ乗り切れても(気温5度前後)、1,2月にかけて本当に寒くなります。ここ数年、暖冬が続いていますがそれでも気温は0度くらい。私は一度マイナス20度を2月に経験しました。もうこれはダウンジャケット(羽毛)が必需品です!ちなみにポリエステル製やウール製はあまりここでの寒さを防御してくれませんので、ダウンジャケットが一番です。もちろん手袋、帽子、マフラーは必ずご持参ください。特に冬用の帽子を忘れると先頭部が痛くなるほど寒くなる場合もあります。またここ数年、オランダでは雪があまり降っていません。ですが、万が一に備えて滑りにくい靴や防水の靴の方が暖かいかもしれません!見た目よりも防寒です!

個人的な意見としては、オランダに旅行に来られる時期はやはり7,8月が一番良い季節じゃないかなと思います。服装も夏用の洋服プラス薄手のカーディガンくらいで済むし、日も長く、ゆったりした気分になれます。私が初めてオランダの冬を経験した時は、まだ午後4時半なのに暗くなり始めるので、<早く家に帰らなくちゃ!もう夜だ!>と気が急いたものです。観光中に気が急いては楽しくありませんよね!


それでは少しでも皆様の参考になりますように!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー
2016年12月 4日
« 前の記事「国王・王妃バンザイ!オランダ王家の大事なお仕事!」へ
»次の記事「日本文化に花咲け、オランダ合気道!」 へ
おすすめ記事
    アイントホーフェン特派員 新着記事
    憩いの場、オランダのビネンホフ(国会議事堂)!
    オランダ王家が誇る芸術の宝庫、マウリッツハウス王立美術館!
    オランダ人が本気を出した今年のシンタクラースの行事!!
    ほい、出来上がり!簡単カップケーキ!!
    オランダでフランス気分!?オランダ製マカロン!
    オランダのミニチュア版、マドゥローダム!!
    シンプルだけどおいしい!フランスチーズを使ったオランダ人の大好物!!
    湖畔でのんびりランチタイム!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    一年の締めくくりは爆音で!オランダ年末花火!
    これを見れば年末はすぐそこ、オランダ伝統菓子、オリボルン!
    オランダの国家的大イベント、シンタクラース!
    特典付き、エフタリングでの滞在!

    オランダ 航空券情報


    オランダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アイントホーフェン特派員

      アイントホーフェン特派員
      ベッカーズ 絢嘉
      オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集