海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイントホーフェン特派員ブログ > 教会内でのロマンチックなクラシックコンサート!(良...

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月21日

教会内でのロマンチックなクラシックコンサート!(良心的な値段!)


教会内でのロマンチックなクラシックコンサート!(良心的な値段!)

こんにちは!!最近とても冷たい日が続いているオランダでございます。今朝の気温はマイナス6℃。車庫がない方は夜中のうちに車のガラスに氷が張り付くため、その氷を剥ぎ取るために5分早め出勤が行われています。道を行きかう車を見ていると、車庫所有者か否かがすぐに分かって面白いです。


さて、アイントホーヘンにはいくつかのカトリック系教会がありますがその中でも市街中心にある教会はSt. Catharina(セント・カタリーナ)教会です。

結構前のアメリカのテレビシリーズで<Band of brothers バンド・オブ・ブラザーズ>という番組をご存知でしょうか??スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスが制作を務めて映画ファンの間では結構名の知れたシリーズなんですけど・・・。
第二次世界大戦のヨーロッパ戦を描いたこの作品のなかにアメリカ軍がオランダのアイントホーヘンをドイツ軍から解放するシーンがあります。民衆の歓喜の中を市街地に入って来るのですが、そのシーンのバックにこの教会が映っています!!!特徴は教会を正面から見た際の二本の塔。
ちなみにシリーズの中で、アイントホーヘン市街地に入ってくる前に色々な村を通り過ぎてやって来るのですが、以前ご紹介した、オランダ人画家ゴッホのゆかりの地であるNuenen(ニューネン)や私の地元の町のGeldrop(ヒェルドロップ)なども通り過ぎます。通り過ぎるだけね。(笑)ニューネンに関する記事はこちら→https://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2016/05/post_42.html


ニューネンを通り過ぎる時は一人の俳優さんがセリフで<あ、これゴッホが住んでいた村だ!>って何気に紹介するんですが、ヒェルドロップの場合はセリフなし!!素晴らしいほど完全なる無視です!(笑)まあね、田舎だし‥‥。


そんなことはどうでもいい!今回ご紹介したいことは、このセント・カタリーナ教会ではケ結構頻繁にコンサートが行われています。教会内で開催のためか、クラシック音楽が主です。
オーケストラで行われる場合もあるし、単独コンサートの場合もあります。しかも値段はほとんどの場合が大人で7ユーロ50セントと結構良心的。18歳までの子供がタダの場合がほとんどです。(例外あり。)


2月初めの土曜日に娘のバイオリンの先生がそこでのコンサートに参加するということで、娘がぜひ行きたいと言ったので二人で行ってみました。
このコンサートは主にバッハの音楽を扱ったコンサートでした。まず教会の入り口でコンサート料金を支払います。教会に滅多に入ることのない娘は教会内のステンドグラスやキャンドルに夢中に!

またこの教会内では、教会の修理を行う際に地面から出てきた16~17世紀に生きた女性の白骨などが展示されています。お子様が見るとちょっと怖くなるかもしれません。


教会の中に入ってウキウキの娘は、最後には司教が日曜のミサの際に説教を行う祭壇まで上がっていく始末。そこには大きく<ここから先は立ち入り禁止>と書いた看板がぶら下がっているので観光客の方もお気を付けください。写真を撮るのは問題ありません。


その祭壇の奥がコンサート会場。椅子が並んでありますのですぐに分かります。教会全体から言うと一番奥です。会場と言ってもこじんまりした場所です。
自分の先生の晴れ舞台を見るため、一番前の真ん中に席をぶんどった娘。年配の方が多く<珍しいお客さんだね~>と可愛がられご満悦。
このようにステンドグラスと楽器のコントラストが綺麗です。
DSC_2319.JPG

DSC_2318.JPG

このピアノに似た楽器はクラベシンベルといって、バッハが生きていた17~18世紀によく使われていた楽器だそうです。形状はピアノに似ているのですが、音を出す方法や音自体も全く違います。個人的には教会のパイプオルガンのような音でした。バッハが生きていた頃にはまだピアノが存在せず、バッハの音楽はこのクラベシンベル用に作曲されたものだそうです。知らなかった!!!よって、バッハの曲をこのクラベシンベルで弾いた場合とピアノで弾いた場合では全く印象が違うそうです。

逆側から見るとこんな感じ。
DSC_2324.JPG


そのクラベシンベル4台とバイオリン、チェロ、コントラバスを使ったコンサートでした。
娘の先生もすぐに私達の存在に気づいてくれました!

DSC_2322.jpg


一時間のコンサートだったのですが、クラシック音楽と聴くとちょっと退屈なイメージがある人がいらっしゃるかもしれませんが、このクラベシンベルの音と他の楽器の調和がとても綺麗で全然飽きが来ませんでした。ピアノで弾かれるよりもとても頭に残る音でした。
感動しつつ、そこの娘を見ると眠たそうな目!!まだ30分しかたってないのに!!やばいと思いつつ見守っていると私の膝の上に頭を置いて完全に寝てしまいました!一番前のド真ん中で!!しかも途中でイビキが聞こえて来たので鼻をつまむと止まった!!!
来る前のやる気はどうなった!!?

でもコンサート終了の5分くらい前にはまた起きて最後のスタンディングオーベーションにはちゃっかりと参加してました。取りあえずよかった!


教会内で気を付けた方が良いと思うことは、この教会は一般公開されているため、中での写真撮影も問題ありませんが、地元の方で、お祈りに来ている方達もたま~~~にいますので大騒ぎすることがないようにしてください。またここのコンサートに来られる場合は暖かい服装がいいと思います。夏でも教会の中というのはヒヤッとしますし、冬はコートを脱いで演奏を聴いていると体が冷えてきます。その点をご注意下さい。
こちらが教会内コンサートの予定表。↓
http://www.muziekindecathrien.nl/concerten/jaarprogramma/
オランダ語のため、日付を見て個人的に興味を持たれた方はコメントよりご遠慮なくお聞きくださいね!


皆さんがよい思い出を作ることが出来ますように・・・・。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2018年2月21日
« 前の記事「スピードスケートの強いオランダからこんにちは!」へ
»次の記事「地元っ子がたくさん集まるおしゃれカフェ、Peijnenburg!」 へ
アイントホーフェン特派員 新着記事
現在復元作業中のレンブラントの<夜警>!
オランダで日本の言葉<IKIGAI(生き甲斐)>が大ブームに!
オランダ、やっと本格的な冬の到来だ~!
日本語を話せる方のいる薬局!+日本の薬の処方箋ってオランダで有効?!
意外と隠れ支持者の多い博物館、ミュージアム・クロック&ペール!
ハロウィンをみんなで楽しもう、カボチャ祭り!!
オランダのティーンエージャーを虜にするドラッグ!
気軽に買えてお土産にもなるオランダ特有の食べ物特集!!
1年前の同じ月に投稿された記事
カーニバルでオランダ語方言を学ぼう!
ゴッホの絵画に入ってみよう!!
アイントホーヘン観光前の準備にGo! 
幸せの本質とは?オランダ流バレンタインデイ!

オランダ ツアー最安値


2021/3/31更新

オランダ 航空券情報


オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集