海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/イーリー特派員ブログ

イギリス/イーリー特派員ブログ 岡野 愛

イギリス・イーリー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 先日上の娘が通う学校のクリスマスサービス(礼拝)がイーリー大聖堂で行われたので参加してきました。毎年、ここのクリスマスツリーを楽しみにしているんです。今年は12月9日(日)にツリーの点灯式が行われました。

IMG_20181212_093411.jpg

 圧巻のクリスマスツリー。3歳の娘(1メートルくらいの身長)と比べて大きさがわかっていただけますでしょうか?もちろん本物のモミの木です。去年は赤とゴールド系のデコレーションでしたが、今年は白とゴールド。こちらも素敵です。去年の記事はこちら↓


https://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2017/12/post_44.html


IMG_20181212_161540_790.jpg


 イーリー市内の学校の生徒はここで礼拝やNativity(キリストの生誕劇)を行います。なんて贅沢なのでしょうか。学年毎に歌を歌ったり、代表で言葉を言ったり。あー、クリスマスはもうすぐだ!と感じます。 この時期はいつもより人も多いですが、じっくりと見学することができますよ。いつ行っても荘厳な雰囲気を感じさせてくれます。ちなみにこちらの大聖堂はよくテレビドラマや映画の撮影に使われます。「The Crown」や「英国王のスピーチ」もここで撮影されました。そして先日はチャールズ皇太子とカミラ夫人もいらっしゃいました。その時の記事です。↓

https://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2018/11/_the_thomas_parsons_charity_al.html

IMG_20181212_110350_1.jpg


 クリスマスまでいろいろなイベントが行われています。もしこの時期にイーリーにいらっしゃったらぜひクリスマスの雰囲気溢れるイーリー大聖堂を訪れてくださいね。


IMG_20181212_093216.jpg


イーリー大聖堂ホームページ ↓

https://www.elycathedral.org/ 

クリスマスイベント情報 ↓

https://www.elycathedral.org/christmas/services-events


2018年12月14日

 去る11月27日、チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されました。1週間くらい前にある程度の予定も知らされており、お二人はイーリー大聖堂のステンドグラスミュージアム、The Thomas Parson’s Charity almshousesと言う15世紀からチャリティーで運営されている50歳以上のリタイアされている方が住まわれている集合住宅への訪問、POETS HOUSEというホテルでのレセプション、そしてファーマーズマーケットへ行くスケジュールでした。私は11時までは外せない予定が入っていた為、時間を予測してファーマーズマーケットに焦点を絞って行くことにしました。

 いつものイーリーとは違った雰囲気。警察官や警備員も多く、何ヶ所の道は閉鎖されて車は通行止めになっていました。


IMG_9817.JPG

 警察の方に大体何時くらいにファーマーズマーケットに来るのか聞くと12時過ぎになるとのこと。その時点では11時20分くらいだったので待つことにしました。でも12時になっても一向に来ず・・・。熱狂的なチャールズファンの隣にいた女性が彼がどれだけすごいのかと熱弁していました(笑)。「彼はプラスティックというものを失くすべきだ!と35年前から言っていたのよ!!なんて素晴らしいの!」確かにチャールズはオーガニックファームを持つなど、環境に対して意識が高いと有名ですね。


 この日に限ってすごく寒い日で足から冷えが伝わってきて。3歳の娘も飽きてしまい、「お家に帰りたい~!」と言い始めてしまって・・・。←日本語で言っていたのが救い(笑)。私も何度も心折れそうになりましたが、お迎えする為にこのユニオンジャックの旗が配布されると娘は大喜びで今までのグズリが嘘のように変わってご機嫌に。その後はとっても楽しく待つことができました。


IMG_9822.JPG


 お二人の登場!!なんと13時40分くらいで2時間以上待ちました。

IMG_9834.JPG


 私がいた場所にはお二人があまりにもすぐにいらっしゃって慌ててしまいました~。でもこれだけ待ったおかげで最前列にいたので、握手、そしてお話までさせていただくことができました。私が日本人であることをお話すると、「ここで働いているのですか?」と言う質問を受け、「イーリーに住んでいます。」とお答えしました。お世辞だと思いますが、私の英語を褒めてくださいました。皇太子の手は肉厚で温かかったです。


IMG_9837.JPG


 その後すぐにカミラ夫人もいらっしゃって握手していただきました。娘はお気に入りでいつも被っている帽子を「I like your hat!」と褒めていただき、娘の頭を撫でてくださいました。3歳なのですがとても喜んでいて「また会いたい!」と言っています(笑)。とても気さくな方でした。


IMG_9842.JPG


 ファーマーズマーケットの方とお話をしたり、試食や試飲されて購入もされていました。そして私が注目していたのはお二人のファッション!皇太子はベージュのコート、コートの下にはグレーのダブルスーツでした。世界のファッショニスタのカリスマでもあるチャールズ皇太子のスタイルはあいかわらず素敵でした。残念ながら靴はズボンに隠れてしっかりと見えなかったのですが、おそらく古い物を大切にして何十年にもわたって修理して履き続けている靴だと思われます。そういった皇太子の物を大切にする考えが改めて評価されているのだと聞きました。カミラ夫人の色鮮やかなブルーのコートも袖に刺繍が入っていて、黒のロングブーツに合わせてこちらもオシャレでした。


IMG_9845.JPG


 やはり街の人々もお二人がいらっしゃるということでスマフォやカメラで記念撮影。やはりイギリス人でもこんな近くでお会いできる機会はなかなか無いですものね

IMG_9848.JPG

 こちらの写真はカメラを頭上にして撮ったのでブレてしまっていますが、お二人が見えますでしょうか?↓ 写真上部にイーリー大聖堂の一部も見えます。


IMG_9851.JPG


 今までのことや、噂もあってあまり評判が良くないお二人ですが、やはりお会いしてお話もさせていただいて私も印象がだいぶ変わりました。ママ友のお母様が先に紹介したThe Thomas Parson’s Charity almshousesに住まわれているということでホテルでの食事会でご夫妻と一緒になられたそうです。全く偉そうな雰囲気も無く、とてもフレンドリーだったことも後日聞きました。将来は王様となり、これからも英国の象徴となられるお二人。いつまでもお元気でいて欲しいなと思う今回のイーリー訪問でした。



2018年11月30日

 久しぶりの更新になってしまいました。9月に3歳になった娘がお昼寝もしなくなってきた上に、体力が有り余っていて私の方が疲れてしまってなかなか時間が取れずにいました。来年1月からナーサリー(幼稚園)に半日ですが毎日通うようになるので、もう少し更新を頑張りたいです。


 今日は幼稚園に通う前の子供にピッタリな教会のプレイグループを紹介したいと思います。私は通う前は教会と聞いて「もしかしたら勧誘されてしまうんじゃないか。」と気になったのですが、そんな心配は無用でした。奉仕の精神で活動していらっしゃる方達なのでとても優しく接してくださいます。私のお気に入りはイーリーにあるCountess Free Churchです。

P1110328.JPG

 参加費は一家族につき1.5ポンド(約230円)。9時半から約2時間です。ここのプレイグループの良いところは毎週アクティビティが用意されていて、事前にスケジュールも教えてくれるところ。イーリーには他にも教会のプレイグループがあるのですが、大体1.5ポンドから2ポンドくらいが相場のようです。


P1110319.JPG

 この日はクラフト。材料も道具も全て用意してくれます。こういったものを家でやろうとすると準備や片付けも大変。しかも材料も少ししか使わなかったりして残ってしまうのでとても助かります。


P1110305.JPG

 娘が作った作品。ほぼ私のお手伝い無しにできました。

P1110317.JPG


 こちらはイースターの時期に作ったウサギのお面。今でも娘のお気に入りで家でよく被っています。こちらはほぼ私が作りましたが・・・。


P1110332.JPG

 おもちゃも充実。娘はキッチンが大好きでよくここで遊んでいます。食べ物のおもちゃもたくさん。


P1110324.JPG

 このアイスクリームのおもちゃがみんなに大人気。いつも争奪戦です。珍しく誰も遊んでいなかったので娘もゆっくり遊べて大満足。

P1110315.JPG

 広いホールでは少し動いて遊べるようなおもちゃが週替わりで置いてあります。テントやトンネルだったり、乗って遊べるような車があったりと毎回楽しそうです。

P1110327.JPG

 もちろんまだ歩かない小さい赤ちゃん用のスペースもありますよ。マットも敷いてあったり、写真には写っていませんがバンボもあって、よくお座りの練習をしている子もいます。教会の方がお母さんの代わりに赤ちゃんを抱っこしてくださってその間は少しお休みしているのもよく見る光景です。小さな赤ちゃんと言ってもずっと抱っこしていると腕も痛くなりますし休憩も必要ですものね。


P1110320.JPG

 そしてスナックもあります。いつもビスケット、チーズ、ブレッドスティック、フルーツなど。この日はみかんとメロンですが、リンゴ、バナナ、ブドウなどバリエーションも豊富です。大人はコーヒーと紅茶もいただけます。もちろんスナックは大人が食べても大丈夫!

P1110308.JPG

 これらの本はクリスマスやイースターのパーティの時にいただいたもの。子供用にわかりやすく書かれています。ちなみに来月13日に予定されているクリスマスパーティーはいつものスナック以上にケーキ、ドーナツ、ミンスパイ(クリスマスの時期に食べるレーズンなどがいっぱい入ったパイ)、チョコレート系の甘いお菓子、ソーセージなどのフィンガーフード、野菜スティックなどとても豪華です。その日はランチがいらないくらいのお料理が並びます。しかも参加費無料。さすがクリスマスの教会です。

P1110334.JPG

 娘もこのプレイグループには2年以上参加しました。来年からは幼稚園も始まりますし、年齢的にもそろそろ卒業の時期ですが、ここでたくさん体験し、そしてお友達と遊ぶことができました。特に雨の日や寒い日に思いっきり遊べる場所があるのはとても有難いです。私もここで新しく知り合いもたくさんできましたし、情報交換をしたりと自分自身のリフレッシュにもなりました。ここでできたお友達の中にはこれから学校も一緒になる子もいるので、始まる前に知っている人、子がいるのは親子共々心強いです。

 イギリスではこのような教会でのプレイグループが多数行われています。もし子供をどこで遊ばせようか迷った時に選択肢の中に入れられてはいかがでしょうか?雰囲気などそれぞれ違うと思いますので、ぜひ自分とお子さんのお気に入りを探してみて参加していただきたいな、と思います。

 


2018年11月 8日
2018年6月10日
2018年5月21日
2018年5月13日
2018年4月11日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • イーリー特派員

    イーリー特派員
    岡野 愛
    3年間のスペイン ビルバオ生活を経て、夫の母国であるイギリスに2013年より在住。2015年9月に次女を出産。自然に囲まれたイーリーは二人の娘の子育てにとても良い環境の街です。イギリスの文化や生活、四季の移り変わりなどいろいろご紹介していきたいと思います。 DISQUS ID @aiokano

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集