海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/イーリー特派員ブログ

イギリス/イーリー特派員ブログ 岡野 愛

イギリス・イーリー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

 世界で一番の巨大コーヒーチェーン、スターバックス。イギリスにも数多くのスターバックスがあり、イーリーには2軒あります。一軒はイーリーの街の中。もう一軒は車で3分くらいのところですが、歩いてもいけなくは無い距離の場所にあります。

 イギリスは紅茶の国というイメージが強いですが、最近では圧倒的にコーヒー人気が高く、紅茶を飲む機会が減っているとか。それでも世界的に見れば紅茶の消費量は多いそうですが少し寂しい気もします・・・。


今日はイギリスのスターバックスをお得に利用する方法をご紹介したいと思います。

IMG_7362.JPG

 まずは日本でも同じですが、自分のタンブラーを持参すること。こちらではタンブラーを持って行くと1杯につき25ペンス(35円くらい)を引いてもらえます。日本では20円だということなので、物価の違いはありますがイギリスの方がお得感が大きいですね。

 ちなみにこちらのタンブラーは今、日本でもインスタ映えすると人気の『リユーザブルカップ』。日本ではここ1年くらいで売り始めたということですが、こちらでは私が住み始めた約5年前には既に売っていて私も愛用中。調べたら日本ではドリップコーヒーのオリガミとセットで500円程で売られているようですが、スターバックスの店頭では取り扱いが無く、大手スーパーやネットで買えるそうですが人気ですぐに売り切れてしまうそうですね。

 こちらではスターバックスの店頭で山積みになって売られていますよ。しかもこちらはタンブラーのみでの販売でお値段がなんと1.1ポンド(約165円)!安い!!少し前までは1ポンドだったのに値上がりしてしまいましたが、それでも5回使えば元が取れてしまいます。


 しかも日本で発売されているものはショートサイズで240ml用なので、ドリップコーヒーにたっぷりのミルクを入れたいという方には使えないですよね。でもこちらのサイズは473mlなのでトールを入れても余裕。グランデまで選択できます。


IMG_7363.JPG

 そして私がこれを愛用し続ける理由は何といっても軽くて持ち運びに便利なこと!他のタンブラーも持っていますがこればかり使っています。ただ保温性は他のタンブラーより低いようですが、蓋を取れば電子レンジでも使えますし、家でもまるでスターバックスのコーヒーを飲んでいるように楽しめます☆


 日本ではこのサイズは買うことができないことや、軽いという点でもスタバ好きのご家族やお友達にお土産としても喜ばれそうですね。個人的にはここに小さくてもいいのでユニオンジャックが書いてあったりすればイギリス感が増して良いお土産になるのになぁ、なんて思ったりしてます。

 ちなみに夏の時期にはアイスコーヒーやフラペチーノを飲む用にこちらも持っています。↓こちらはスペインに住んでいた頃にバルセロナで買った物で、だいぶ前の物になるのでロゴが前のデザインですが・・・。毎回行く度にペーパーカップやプラスティックカップを使うのもエコの点からでももったいないなぁと思うので私はマイタンブラーを持って行く派です。

IMG_7349.JPG


 そしてお得情報②としてREWARDSカード。店頭にあるこのようなカードがありますので、それをお持ちの携帯電話やパソコンでナンバー登録し料金を銀行からチャージできるように設定して購入の際にカード、もしくは携帯電話をスキャンしてお支払いすれば毎回STARが溜まります。イギリスのスターバックスでは値段に関係なく15回購入毎にどのコーヒー、フラペチーノでも1杯無料になります♪なので極端な話、5個買う場合、別会計で5回すれば5STARSが溜まります。(実際こんなことはしませんが・・・笑)

 いろいろなデザインのカードがありますのでお好きなデザインを見つけて登録されると楽しいですね。日本ではこのREWARDカードが始まったのがここ最近だと聞いて驚きました。ちなみに交換の際にはこのカードが必要になりますので、登録した後でもこのカードは大切に保管してくださいね。

IMG_7342.JPG

 年間で50回購入するとゴールド会員になってシロップ、ホイップクリームの追加や通常のミルクをココナッツミルクへの変更などのカスタマイズが無料でできます。


 お得情報③はこちら↓

IMG_7365.JPG


 コーヒー豆を購入して、空の袋をお店に持って行くと無料でトールサイズのカフェラテがもらえるんです!不思議なのはお店で買ったコーヒー豆にはこのサービスが無いのに、スーパーで買った物にはこのサービスが付いてきます。1袋で3.5ポンド。家でドリップコーヒーを楽しめる上に、2.55ポンドのカフェラテを無料でもらえてしまうのは太っ腹ですよね!ちなみにこちらの交換期限は袋の裏面に書いてある賞味期限より30日以内までにお店に持って行くと交換してもらえます。(例)賞味期限が11月末である場合、その30日後の12月末まで交換できます。

IMG_7368.JPG

 そして最後のお得情報④。小さなお子様連れの方は子供用の『babycchino-ベビチーノ』がもらえます。(写真右の小さなカップ)ベビチーノは少し温かくしたミルクをポイップしたものにココアパウダーをかけたもの。もちろん無料です!メニューには書いていないサービスなので最初にお願いする時は躊躇されるかもしれませんが、店員さんも快く対応してくれると思うので小さなお子様がいらっしゃる方はぜひ頼んでみてくださいね☆ちなみにこちらのスターバックスでは注文の際に間違えが無いように名前を聞かれます。聞き慣れない日本人の名前はよく間違えられて、ちょっと面白かったりしますよー。


IMG_7334.JPG


2017年11月 4日

 今週はハーフタームホリデーで学校がお休みです。

 一体ハーフタームホリデーって?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。ハーフタームホリデーは学期半ばの時期に1週間のお休みがあり、そのお休みのことを指します。またハーフタームホリデーについては詳しく別の記事にしたいと思います。


 主人も有休でお休みを取った今日は『Peacocks Tearoom』に行ってきました。

 以前の記事はこちらです。↓

https://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2017/02/post_22.html


 今日は暖かく、風も無かったので私達は外の席に座りました。

IMG_7374.JPG


 娘のChildren’s Afternoon Tea. 10ポンド。ちゃんと3段で運ばれてきますよー。上段はチェダーチーズのサンドウィッチ、中段は焼き立てのスコーン、下段はチョコレートアイスクリームです。

IMG_7385.JPG


 娘はスコーンはひとつで十分だと言うことだったのでもうひとつを主人と分けて。やっぱりPeacocksの焼き立てスコーンは最高!!クロテッドクリームとジャム(こちらはイチゴジャムです。)をたっぷりのせていただきます。

IMG_7391.JPG

 写真右側に映っているのがティーポット。こちらもセットに含まれています☆紅茶の代わりにジュースを選ぶこともできるそうですが、娘は熱い紅茶とジュースは飲まないので(お水が大好き)この紅茶は主人がいただきました。

IMG_7399.JPG


 主人のSoup of the day-本日のスープ 6.75ポンド。今日はレンズ豆とひよこ豆のスパイシースープとチーズスコーンでした。少し味見させてもらったところ少しピリッと辛くて 美味しかったです。

IMG_7383.JPG

 私のQuiche of the day-本日のキッシュ 11ポンド。バターナッツ(カボチャの一種)とほうれん草とゴルゴンゾーラチーズのキッシュでした。人参サラダとポテトのローストとビーツ(赤かぶのような野菜)も添えられた一皿。キッシュの塩加減もちょうど良く、ポテトもローズマリーがアクセントに効いていてよかったです!


IMG_7395.JPG

 こちらのお店はメニューでも紅茶の種類が豊富なのが有名です。店内にはお土産にもちょうど良い紅茶が売られていますよ。3ポンド~15ポンドと幅がありますが、お土産には看板商品のPeacocks Breakfastがオススメですよ。お値段は4ポンドくらいだったと思います。

IMG_7381.JPG


何度行っても大好きなティールームです♪


2017年10月28日

 大聖堂横の木々も黄色になり、すっかり秋景色のここイーリーです。赤や黄色く染まった葉っぱがとてもキレイな時期を迎えました。

IMG_7313.JPG


 そして今月31日はハロウィンですね。日本でもここ数年で一気にハロウィン熱が高まり、経済効果も2015年にはバレンタインデーを超えたと聞きました。ハロウィンは本来、アメリカ発祥の収穫をお祝いする行事でイギリスのものでは無い為、学校でのイベントはありませんが、やはり盛り上がっています。毎年我が家にもコスチュームを着たカワイイ子供達が「Trick or Treat? お菓子をくれないといたずらするぞ!」とやってきます。


 今年もPYO(Pick Your Own 自分で収穫する農場)でカボチャができたということでオープン初日(今年は10月7日でした。)に行ってきました。以前ご紹介したイチゴとラズベリーのPYOと同じ農場です。


過去の記事はこちら ↓


イチゴ編    https://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2017/06/post_26.html
ラズベリー編  https://tokuhain.arukikata.co.jp/ely/2017/06/_httptokuhainarukikatacojpely2.html


 初日に行っただけあってカボチャがゴロゴロいっぱいです☆直径30~40センチくらいもあり大きいです!そして自分の好きなカボチャを選んで購入します。

IMG_7222.JPG

 小さいサイズのカボチャもありますよ。私は今回、小さいサイズを2個買いました。1個=1ポンドです。家に飾ってハロウィン気分を楽しんでいます。

IMG_7232.JPG


そしてもちろんお店にもハロウィングッズがいっぱい!キャンドルやクッキーカッター、もらったお菓子を入れるバケツなどが並んでいます。


IMG_7323.JPG


おもちゃや変装グッズなども充実していますよ。


IMG_7324.JPG


ハロウィン限定パッケージのお菓子。先に書いたように子供達がいっぱいもらいに来るので分けるには個装されたお菓子が役立ちますね。


IMG_7319.JPG


 我が家も少しずつ買っていますが、もう少し買わないと。今年は娘がコスチュームを着てお友達と近所のお家を回りたい!と言っているので留守番&お菓子係は主人の仕事になりそうです。


IMG_7325.JPG


 ちなみにハロウィン用のカボチャはスーパーでも売っています。この大きさですと1つ2~3ポンドです。PYOまで行けない方は気楽に購入できますのでご安心くださいね!

IMG_7322.JPG


2017年10月16日
2017年9月26日
2017年9月14日
2017年9月 6日
2017年8月21日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • イーリー特派員

    イーリー特派員
    岡野 愛
    3年間のスペイン ビルバオ生活を経て、夫の母国であるイギリスに2013年より在住。2015年9月に次女を出産。自然に囲まれたイーリーは二人の娘の子育てにとても良い環境の街です。イギリスの文化や生活、四季の移り変わりなどいろいろご紹介していきたいと思います。 DISQUS ID @aiokano

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集