海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イーリー特派員ブログ > チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されま...

イギリス/イーリー特派員ブログ 岡野 愛

イギリス・イーリー特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月30日

チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されました。


チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されました。

 去る11月27日、チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されました。1週間くらい前にある程度の予定も知らされており、お二人はイーリー大聖堂のステンドグラスミュージアム、The Thomas Parson's Charity almshousesと言う15世紀からチャリティーで運営されている50歳以上のリタイアされている方が住まわれている集合住宅への訪問、POETS HOUSEというホテルでのレセプション、そしてファーマーズマーケットへ行くスケジュールでした。私は11時までは外せない予定が入っていた為、時間を予測してファーマーズマーケットに焦点を絞って行くことにしました。

 いつものイーリーとは違った雰囲気。警察官や警備員も多く、何ヶ所の道は閉鎖されて車は通行止めになっていました。


IMG_9817.JPG

 警察の方に大体何時くらいにファーマーズマーケットに来るのか聞くと12時過ぎになるとのこと。その時点では11時20分くらいだったので待つことにしました。でも12時になっても一向に来ず・・・。熱狂的なチャールズファンの隣にいた女性が彼がどれだけすごいのかと熱弁していました(笑)。「彼はプラスティックというものを失くすべきだ!と35年前から言っていたのよ!!なんて素晴らしいの!」確かにチャールズはオーガニックファームを持つなど、環境に対して意識が高いと有名ですね。


 この日に限ってすごく寒い日で足から冷えが伝わってきて。3歳の娘も飽きてしまい、「お家に帰りたい~!」と言い始めてしまって・・・。←日本語で言っていたのが救い(笑)。私も何度も心折れそうになりましたが、お迎えする為にこのユニオンジャックの旗が配布されると娘は大喜びで今までのグズリが嘘のように変わってご機嫌に。その後はとっても楽しく待つことができました。


IMG_9822.JPG


 お二人の登場!!なんと13時40分くらいで2時間以上待ちました。

IMG_9834.JPG


 私がいた場所にはお二人があまりにもすぐにいらっしゃって慌ててしまいました~。でもこれだけ待ったおかげで最前列にいたので、握手、そしてお話までさせていただくことができました。私が日本人であることをお話すると、「ここで働いているのですか?」と言う質問を受け、「イーリーに住んでいます。」とお答えしました。お世辞だと思いますが、私の英語を褒めてくださいました。皇太子の手は肉厚で温かかったです。


IMG_9837.JPG


 その後すぐにカミラ夫人もいらっしゃって握手していただきました。娘はお気に入りでいつも被っている帽子を「I like your hat!」と褒めていただき、娘の頭を撫でてくださいました。3歳なのですがとても喜んでいて「また会いたい!」と言っています(笑)。とても気さくな方でした。


IMG_9842.JPG


 ファーマーズマーケットの方とお話をしたり、試食や試飲されて購入もされていました。そして私が注目していたのはお二人のファッション!皇太子はベージュのコート、コートの下にはグレーのダブルスーツでした。世界のファッショニスタのカリスマでもあるチャールズ皇太子のスタイルはあいかわらず素敵でした。残念ながら靴はズボンに隠れてしっかりと見えなかったのですが、おそらく古い物を大切にして何十年にもわたって修理して履き続けている靴だと思われます。そういった皇太子の物を大切にする考えが改めて評価されているのだと聞きました。カミラ夫人の色鮮やかなブルーのコートも袖に刺繍が入っていて、黒のロングブーツに合わせてこちらもオシャレでした。


IMG_9845.JPG


 やはり街の人々もお二人がいらっしゃるということでスマフォやカメラで記念撮影。やはりイギリス人でもこんな近くでお会いできる機会はなかなか無いですものね

IMG_9848.JPG

 こちらの写真はカメラを頭上にして撮ったのでブレてしまっていますが、お二人が見えますでしょうか?↓ 写真上部にイーリー大聖堂の一部も見えます。


IMG_9851.JPG


 今までのことや、噂もあってあまり評判が良くないお二人ですが、やはりお会いしてお話もさせていただいて私も印象がだいぶ変わりました。ママ友のお母様が先に紹介したThe Thomas Parson's Charity almshousesに住まわれているということでホテルでの食事会でご夫妻と一緒になられたそうです。全く偉そうな雰囲気も無く、とてもフレンドリーだったことも後日聞きました。将来は王様となり、これからも英国の象徴となられるお二人。いつまでもお元気でいて欲しいなと思う今回のイーリー訪問でした。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2018年11月30日
« 前の記事「教会のプレイグループ」へ
おすすめ記事
    イーリー特派員 新着記事
    チャールズ皇太子とカミラ夫人がイーリーを訪問されました。
    教会のプレイグループ
    イーリー大聖堂を見ながらお茶ができるカフェ&レストラン 「The Almonry」
    ニューマーケット競馬場のファミリーデー
    春のお花たちを見ながらお散歩
    Tooth Fairy 歯の妖精
    イギリスでも少しだけ新学期気分を
    トルコ料理って美味しい☆
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イギリスのスターバックスをお得に利用する方法

    イギリス ツアー最安値


    2018/12/9更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • イーリー特派員

      イーリー特派員
      岡野 愛
      3年間のスペイン ビルバオ生活を経て、夫の母国であるイギリスに2013年より在住。2015年9月に次女を出産。自然に囲まれたイーリーは二人の娘の子育てにとても良い環境の街です。イギリスの文化や生活、四季の移り変わりなどいろいろご紹介していきたいと思います。 DISQUS ID @aiokano

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集