海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フィレンツェ特派員ブログ > フランスの小さな村を訪ねてみたくなる魔法をお伝えし...

イタリア/フィレンツェ特派員ブログ 旧特派員 カンポルミ寛子

イタリア・フィレンツェ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月 1日

フランスの小さな村を訪ねてみたくなる魔法をお伝えします。


フランスの小さな村を訪ねてみたくなる魔法をお伝えします。

題名を見て

「イタリアのフィレンツェのブログなのになぜフランス?」

と、思った方もおられるでしょう・・・。

 私だけでなく周りの友人の間で
フランスの小さな村のことで
頭がいっぱいになってしまう、
魔法のブログが今大人気でして・・・☆


可愛らしい村のその佇まいや、
そこで「丁寧に生活」している様子や、
ダイナミックで泣けて来るような自然の美しさや、
クスッと笑ってしまうフランス人のユーモア・・・
そして、一般家庭のゲストルームを宿泊に提供してくれる、
シャンブルドットの紹介も豊富で、読んでいると、
フランスの村を訪ねて行きたくなってしまうのです。


 そのブログがコチラ、

フランス 小さな村を旅してみよう!


見て頂ければ解るのですが、
毎回ため息が出てしまう程の美しい写真の数々・・・・。

一回のブログに使われる写真の量も
見応えたっぷり。


o0450029912401607313.jpg


o0350046712476387155.jpg


そして、引き込まれるような木蓮さんの語り口に、
いつのまにか心はフランスの小さな村へ・・・☆

 今回は思い切って木蓮さんに、日頃ブログを読んでいて
気になっている事を伺わせて頂きました!

> Q1 フランスの小さな村を本当に魅力的にご紹介されていますが、
> それを伝えようと思われたきっかけを教えて下さい。


昔、「フランス」というだけで、
何の意味もなく憧れ、エッフェル塔に憧れ・・・、
「パリ」と聞いただけで、心がわくわくしていました。
私と同じ気持ちを持たれたことがある方、
案外いらっしゃるのでは?と思います。

20年前、初めてフランスの地を踏んだ私。
何もかもが美しく、オルセー美術館では素晴らしい芸術を堪能、
ブランドショップに溜息をつき、
クリスマス前のシャンゼリゼ通りのイルミネーションに、ただただ感動!

「フランスに住んでみたい!」
心からそう思った瞬間でもありました。
しかし、その憧れとはうらはらに、
フランス語は全く話せず、
パリで散々嫌な思いをしたことも確か。


パリのとある有名ショップで働く日本女性に、鼻でせせら笑われ、
大きな百貨店では、店員さんに無視され、
パリの冷たさも嫌というほど知りました。


しかし、10年前から、インテリアの仕事に就き、
アンティークの買い付けのため、再度フランスへ。

ここでも、タクシーにぼったくられ、
メトロから出れなくなり、インフォメーションで、
必死で英語で話しかけても、
相手にしてもらえず、
ありえないような失敗を幾たびも重ねました。

そんな傷心の私が、パリを離れ、少しずつ、
フランスの田舎を訪れるようになりました。
プロヴァンスの美しいラベンダー畑、
ボルドー近郊のブドウ畑、ミディピレネ―地方のおとぎの国、
その雄大な景色を見るにつけ、
『本当のフランスの景色は、パリではないんだ!』
と思うようになっていきました。

また、フランスの田舎の人々は、本当に温かい!
たった一言、「Merci(ありがとう)」と言えば、
にこっと笑顔を返してくれるのです。

人生の転機は、6年前の夫との出会いでした。

夫が住んでいた「オーヴェルニュ地方」の美しい景色。
山の上から眺めるオレンジの屋根。毎朝聞こえる鳥のさえずり。
大地の恵みである果物や野菜にあふれ、
自然と暮らす素晴らしさを愛するようになりました。


また、3年前に胃癌で亡くなった父が、よく水彩画を描いていました。
その頃の父には、すでに、フランスに来る体力が残されていなかったので、
私が、たくさんの写真を撮り、
何とか絵を描いてほしいと、父にプレゼントしていたのです。

そんな時、いつも決まって、
「こんな場所が、一度でいいから見てみたかったな~」と、
感動して眺めている景色はすべて、
名前も知られていないようなフランスの小さな田舎のものでした。

そんな経緯から
「フランスのド田舎に住む私が、フランスの小さな村の魅力を伝えたい!」
と、強く思うようになったのです。

>
> Q2 どの写真を見ても「ハッ」するほど美しいのですが、
> 撮影をされる時に心がけておられることなどはありますか?

私が見たまま、感じたままを伝えたい!
と、心から思い、シャッターを切っています。
例えば、その季節にしか咲かない花、
ふと、「くすっ」と笑ってしまうようなもの、
人々の暮らしなど、フランスのありのままの姿を、私の目を通して、
お届けしたいと願っています。


o0350046712667541190.jpg

> Q3 一日で一番好きなひとときは?それはどうしてですか?

夕陽が落ちる瞬間。
日本の都会に住んでいた私には、
信じられないほど空が広いんです。
空を遮るものは、山のみ。
太陽と反対側の雲まで、
美しくピンクに染まり、得もいわれぬグラデーションを
眺めていると、心の底から、「美しい」と感じます。

> Q4 今、「フランスの小さな村ファン」が急増していますが、
> 実際にパリ以外の小さな村への旅デビューをする時の心構えや、
> 特にお勧めの村などがあれば教えて下さい。


心構えとして。

フランスは、日本と違い、日曜日、お店は
ほとんど休みですし、コンビニもなく、
夜7時にもなれば、飲食店以外のお店は閉まります。
また、交通も不便です。
都会に求めるものは、一切ありません。
普段の生活を忘れ、自然の美しさ、
ゆったりとした時間の流れを感じるつもりで、
旅して欲しいと思います。
あと、人とすれ違うとき、
Bonjour !と言うと、とても気持ちよく、村の中を廻れると思います。

お勧めの村ですが、決められません!(笑)
日本の方のお好きなプロヴァンスはもちろん、
私の住むオーヴェルニュ地方の「Le Puy en Velay」や、
ミディ・ピレネー地方の「Saint-Cirq Lapopie」、
リムザン地方の「Collonges-la-Rouge」などは、
パリや日本では、全く見られない素晴らしい景観が眺められますので、
「小さな村」初心者の方には、お勧めです。

> Q5 最後にまだフランスの小さな村を旅した事がない方々に
> メッセージがあればお願いします。

とにかく、一度、「フランスの小さな村」を、旅してみて欲しいなと思っています。
可愛いシャンブルドットなども、たくさん紹介しています。
「もう、何度もフランスに行ったことがある!」という、あなたにこそ、
訪れて欲しい村を、たくさんご紹介しているので、
是非一度、私のHPやブログに遊びにきてくださいね!

o0350046712476386536.jpg


いかがでしたか?


 愛情たっぷりに日常、そして旅した小さな町たちを
紹介されている様子を読むと、どこに住んでいる人にも
何か小さな発見をさせてくれるんです。 

 私はこのブログを知ってから、
今住んでいる町をさらに愛するようになりました。

見方を変えれば可愛い、素敵な所が沢山ある事に気付いて、
大きなプレゼントをして貰ったのを感じます。


 騙されたと思ってブログを覗いてみて下さい。
皆さんも今住んでいる場所を
新たに見つめ直せるきっかけになると思いますよ☆


この6月に産声を上げたホームページには、
木蓮さんが住まれるオーヴェルニュを中心に、
各地方の為になる情報がたっぷりで
旅行ですぐにでも使いたいフランス語講座や、
雑貨やガーデニング好きの方にお勧めの村など
目的に合わせて楽しめるのです。

一度覗くと「あれも、これも」見たくなってしまう
フランス好きにはたまらない内容!!!
是非コチラ に遊びに行ってみて下さいね!

FeceBookでも日々更新されていて、
木蓮さんを含めた3人のナビゲーターが
盛り上げておられるのが楽しいページです。
アカウントがなくてももちろんご覧いただけます☆
コチラ からどうぞ♪
 


 フランス・オーヴェルニュに行く前に車の運転の練習も兼ねて
写真機を抱え、トスカーナや近隣の県の「小さな村」の魅力を探りに
少し遠出をしたい・・・と密かに思っている私です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2013年10月 1日
« 前の記事「フィレンツェで楽しむ落語の宵☆日本語でも、イタリア語ででも楽しめます!」へ
»次の記事「誰にとっても幸せになれる旅行中のレストランはここに決まり!!!」 へ
フィレンツェ特派員 新着記事
イタリアの美食の秋到来! 旬のポルチーニ茸料理を堪能できるおすすめレストラン
フィレンツェ歴史地区の街角で人気を集める老舗スイーツ店のジェラート
フィレンツェ街観光必見ポストで運試し!街角ヒーローの「幸運をもたらすイノシシ像」
チェルタルドおすすめ必見!その2~ボッカッチョの家博物館~
おすすめ必見!チェルタルドのシンボル「プレトリオ宮殿」と日伊姉妹都市交流が育む友情を映す二つのシンボル
エスターテ(夏)真っ盛り!ティレニア海沿いのビーチで日常スイッチをOffにしてみませんか
中世時代の美食家も絶賛した!チェルタルド名産赤タマネギのマーマレードジャム
「世界最高級ワイン・ブルネッロ」の郷、モンタルチーノ村を訪ねて
1年前の同じ月に投稿された記事
街歩きに便利なアプリ
フェレンツェのヴェネツィア
メタル職人さんの工房とお店
ポンテヴェッキオを眺めながら

イタリア ツアー最安値


2020/7/12更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方Web特派員募集