海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フィレンツェ特派員ブログ > サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

イタリア/フィレンツェ特派員ブログ 白崎和恵 さん

イタリア・フィレンツェ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年6月21日

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局


サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

フィレンツェを訪れたら、多くの人が立ち寄る通称サンタ・マリアノヴェッラ薬局ことオッフィチーナ・サンタ・マリア・ノヴェッラ(Officina Santa Maria Novella)。
入り口.jpeg
スカラ通りにあるこちらが入り口です。高級ホテルのような雰囲気ですね。
エントランス.jpeg
昨年からもはや恒例となったエントランス廊下の香るドライフラワーの装飾は、10日ほど前に発売された新商品のアイリス(あやめ)カラーになっています。とてもいい香りで優雅な気持ちになります。
この新作のオーデコロン、筆者も早速購入してしまいました。
新しいフレグランス「アイリス」フィレンツェのシンボルフラワーです。
新作.jpeg
イリス.jpeg

オッフィチーナ・サンタ・マリア・ノヴェッラはかつてサンタ・マリア・ノヴェッラ教会と修道院の一部であり、修道士たちにより薬草を育てて製品作りをしていたことに始まり、ハーブスパイスやエッセンスなどを作って人々に売っていました。黒死病などの疫病が流行した中世の時代から、ここで精製されたローズウオーターが消毒液として使われていました。
その後、1612年から香水屋としての営業を開始します。現在の商品パッケージには、その前にあったサンタ・マリア・デッレ・ヴィーニェ教会(6世紀建設)にドメニコ会修道士達が定住した1221年が入っています。
聖具室.jpeg
エントランスから廊下を通って、右の小部屋に入ると、そこには修道院の時代の「聖ニコラスの聖具室」が。かつての17世紀からアロマテリア(アロマの部屋)として使われ、蒸留水を保存していたため、水の部屋と呼ばれています。壁には、キリストの受難のストーリーを14世紀末から15世紀初めにマリオット・ディ・ナルドが描いたフレスコ画は今もその美しさが健在。(1800年代に手が加わっています)
D&G .jpeg
D&Gコラボ.jpeg
現在、この聖具室にはドルチェ&ガッバーナのジュエリーとコラボレーションをしたカテリーナ・デ・メディチ(16世紀)をイメージしたネックレスの展示がされています。ゴージャスですね!
商品ディスプレイ.jpeg
商品を見るだけでもうっとりしますが、戸棚のディスプレイ、壺、乳鉢など昔の薬局の調度品とともにその歴史を感じ、ますますその雰囲気に引き込まれていきます。
大広間には、香水や石鹸、基礎化粧品のコーナー。その奥が会計ルーム。
大広間から右に入ったお部屋「緑の間」は、キャンドルやポプリ、ルームフレグランスなどのコーナーがあります。
緑の間1.jpeg 緑の間2.jpeg
緑の間から左奥通路を通ると、「アンティーカ・スペツェリア/エルボリステリア(スパイス・ハーブ薬局) 」のお部屋があり、1612年から1848年まではこの部屋がもともとの薬局で、要望に調合もしてくれていました。現在はリキュールやサプリメント、ハーブティー、飴などの商品があります。そして、もともとの薬局の入り口だったのがこちら。サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の大回廊に面しています。
erboristeria1.jpeg erboristeria 2.jpeg

歴史がありながら、いつ訪れてもいつも何か新しいものを提案してくれるオッフィチーナ・サンタ・マリア・ノヴェッラ、何度でも足を運びたくなります。

◼️住所: Via della Scala, 16, 50123 Firenze FI
◼️URL: https://eu.smnovella.com/it

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 美容・健康・病院 見所・観光・定番スポット
2022年6月21日
« 前の記事「フィレンツェのティーサロン」へ
»次の記事「その名も「私宛てに書いて」!素敵なステーショナリーのお店」 へ
フィレンツェ特派員 新着記事
フィレンツェ守護聖人の祝日
その名も「私宛てに書いて」!素敵なステーショナリーのお店
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局
フィレンツェのティーサロン
夜のフィレンツェ散歩
中世のフレスコ画とローマ遺跡が残るレストラン
大聖堂が目の前に!大迫力のパノラマテラスのルーフトップバー
フィレンツェ美術館入場チケット情報(2022年5月現在)

イタリア 航空券情報


ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイアルメニア/エレバンイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • フィレンツェ特派員

    フィレンツェ特派員
    白崎和恵 さん
    名古屋出身。フィレンツェ公認観光ガイド。2013年からフィレンツェ在住。語学学校の学生のかたわら、販売の仕事を始め、通訳やツアーの日本語アシスタントを経て、認定資格取得後、観光ガイドに。芸術・歴史文化・グルメ情報、旅行や長期滞在のヒントになるような話題をお届けしていきます。 イタリア生活のつぶやきや写真は下記のSNSでも投稿しています。Kazue Pace e Grazie フィレンツェ(Twitter)、白崎和恵Kazue Shirasaki(Instagram) DISQUS ID @disqus_eLrExhT9Tp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG