海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランクフルト特派員ブログ > 誰でも自由に本にアクセス!ドイツの「みんなの本棚」

ドイツ/フランクフルト特派員ブログ ユウコフランクフルト さん

ドイツ・フランクフルト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月 1日

誰でも自由に本にアクセス!ドイツの「みんなの本棚」


誰でも自由に本にアクセス!ドイツの「みんなの本棚」

books2.jpg
環境意識が高いドイツでは、物がいらなくなったら捨ててしまう前にどこかに寄付したり誰かにあげたりすることがよくあります。

今回の記事では、ここ数年筆者の住むフランクフルトでも見かける「みんなの本棚」というアイデアについて紹介します。



注意:新型コロナウイルスの事態が収束したらぜひ訪れてほしいスポットを紹介させていただいています。この記事では現在のフランクフルトの様子をお伝えしたくて書いています。皆さまの次回のフランクフルト旅行の参考になれば幸いです。

books4.jpg
フランクフルトに限らず、ドイツの町を歩いていると、このような棚を見たことはないでしょうか。

棚の中には本がたくさん入っています。



■町なかにある誰でもアクセスできる図書館


books5.jpg
これがドイツにある「Öffentlicher Bücherschrank(公共の本棚)」。
意訳すると、「みんなのための本棚」という意味が近いと思います。

「みんなの本棚」の仕組みはいたってシンプル。

本棚の中の本は誰でも自由にチェックでき、気に入った本があればそのまま持ち帰ってOK。
まさに図書館のように無料で本を読める仕組みです。

本棚の中に置いてある本はかつて誰かが読み終わって持ってきたものだったり、団体の寄付だったり。

つまり、誰でも自由にいらなくなった本やみんなに読んで欲しい本を持って来て棚に加えることができるのです。

本棚からもらってきた本を読み終わったら、同じ本棚に返してもほかの本棚に戻しても大丈夫。

返さないといけない義務は存在しないので、そのまま持っておくこともできます。
ここが図書館とはちがうところで、より自由度が高く本棚にアクセスする人、皆に解放されているのがポイント。



■本に旅をさせる、というアイデア


books3.jpg
実は筆者が初めてこのスタイルの本棚を見かけたのはドイツではなく以前住んでいたアメリカでした。

読み終わった本を次の人に送るというブッククロッシング(Book Crossing)というアイデアで、アメリカでは2000年代のはじめ頃から始まったと言われています。

ブッククロッシングのウェブサイト上 でどの本がどの場所に置いてあるかの詳細がわかるようになっています。

ウェブサイトで見てみるとわかりますが、ドイツでは非常にポピュラーなようで、現時点では5000冊以上の本が登録 されていて世界一!

ドイツ人のエコ意識と紙の本を愛する気持ちが人気につながっているのでしょうか。




■みんなの本棚の歴史はドイツで大きく発展


books.jpg

ブッククロッシングのコンセプトから派生してできたと言われているみんなの本棚。

先ほどアメリカでは2000年代はじめ頃から始まった動きと書きましたが、なんとここドイツでは文学をテーマにした交流として1990年代頃から「いつでも利用できる書庫を公共の場に設置する」という考え方がすでにあったそう。

90年代の終わり頃、フランクフルトの近郊にある町ダルムシュタットや、ニーダーザクセン州にあるハノーファーなどでドイツでは最初の本棚が「無料の野外図書館(kostenlose Freiluft-Bibliothek)」として設置されました。

そのあと、2000年代に入り当時マインツにいたインテリアデザインを学ぶ学生によってできた「みんなの本棚」のデザインがボンの市民財団によるコンペ で入賞。

このデザインをもとに屋外でも使える耐久性を持つ本棚がさまざまな人によって製作され、ドイツのいろいろな町に置かれるように。

入賞したデザイン以外にも町によってさまざまな置き方や本棚の形があるようで、例えば電話ボックス型の本棚なども見つかります。

ハンブルクではローカル交通VHHのバスの中 にも本棚があるそう。


ドイツの各地に設置された数百個もの本棚は非営利のプロジェクト。個人や財団、企業などのスポンサーによって支えられながら本棚を製作し、町の人と本をつなぐサポートをしています。

いらなくなった本のリサイクルを兼ねつつ、できれば誰かに読んで欲しい本があればそれを置いてみるというのも楽しいアイデア。自分の置いた本が誰かと出合い、その人の新たなお気に入りになるというのもおもしろいですよね。

もしドイツの町で本棚を見かけたら、ぜひ中をのぞいてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2020年9月 1日
« 前の記事「フランクフルトの植物に囲まれた休憩スポットで、気候変動を考える」へ
»次の記事「【収穫の季節】フランクフルトに秋到来!この時期試したい旬の味覚いろいろ」 へ
フランクフルト特派員 新着記事
ドイツで人気の台湾タピオカティー2号店がMyzeilにオープン
【収穫の季節】フランクフルトに秋到来!この時期試したい旬の味覚いろいろ
誰でも自由に本にアクセス!ドイツの「みんなの本棚」
フランクフルトの植物に囲まれた休憩スポットで、気候変動を考える
フランクフルトのオペラ広場で期間限定の飲食スペースが登場
フランクフルトでかき氷が流行る日も近い!? 日本のかき氷屋がオープン
【イベントレポート】フランクフルトのアトリエスペースで植物の期間限定ストアがオープン
町なかで自然に触れる、フランクフルトの癒やしスポット3選

ドイツ ツアー最安値


2020/9/28更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • フランクフルト特派員

    フランクフルト特派員
    ユウコフランクフルト さん
    フランクフルト在住グラフィックデザイナー。デザイン、写真、映像、記事執筆等のクリエイティブな仕事のほか、展示会通訳など日本とドイツを繋げる仕事も担当。アメリカ、フランス留学経験あり。旅行が大好きでこれまで渡航した国累計45ヵ国以上。ドイツ旅行やドイツ生活に役立つ情報をブログ「ドイツ生情報」で発信中。InstagramTwitterもやっていますので、お気軽にフォローください! DISQUS ID @disqus_mPGMyLfDaH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集