海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/フライブルク特派員ブログ

ドイツ/フライブルク特派員ブログ ブン

ドイツ・フライブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今年も残りあと少しですね!元旦に独特の文化風習を持つ日本と違って、ドイツではクリスマスのままの雰囲気が続いています。そんなクリスマスから年末年始の楽しみ方の一つが、地元のクリスマスサーカスです。サーカスはクリスマス前の12月中旬から、年明け1月のはじめ当たりまで、各都市ごとに開催されるようで、フライブルクにもフライブルクのクリスマスサーカス、というものがあります。クリスマスサーカスといっても年明けまで開催中なので、興味のある方はぜひトライしてみてくださいね。


サーカスは仮設の大きなテントで開催されます。入り口と会場は別々のテントに分かれていて、入り口のテントにはチケットオフィスの他ポップコーンやドリンク販売の売店、その他にも軽食を販売するお店等が並んでいてさながら映画館の入り口みたいです。開演前や休憩時間には、たくさんの人がこの空間に出て、飲み食いを楽しんだり、会話を楽しんだりしています。


このサーカスは、家族経営で長年やってきた地元の小さなもののようですが、小さいだけに距離感が近くかなり迫力があります。動物は一切登場せず、人のみの公演ですが、手に汗握るようなアクロバティックな技を次々に見せてくれて、かなりエキサイティングでした。写真は上演中はダメだったので、会場の様子しか撮影できていないのですが。。


S__47235075.jpg

写真右上の暗い空間に、生演奏のバンドがいます。最初の曲は、今年の流行にあわせて映画「スターウォーズ」のテーマをあれんじしたものでした。演奏がすごく上手で、このバンドの演奏を聴くだけでもとても楽しい気分になれました。


S__47235074.jpg

写真右上の方に、球体の物体が見えるかと思いますが、ショーの中盤にはこの球体の中で四台のオートバイが走り回ることになりました。距離もかなり近いので、迫力満点です。


予想以上に楽しめたので、クリスマスから年末年始にドイツで過ごす予定の方は、ぜひ地元のサーカスを見に行くことを検討してみても良いかも知れません。


フライブルクのクリスマスサーカス「Circolo」の情報はこちらから確認できます。


それでは皆さん、良いお年を!



2017年12月31日

大半のお店はお休みになってしまい、日本の年末年始のようなヨーロッパのクリスマス。そんな中、イブでも当日でも、大聖堂では無料のコンサート等のイベントが行われています。クリスマスにヨーロッパへの旅行を計画されている方は、ぜひ行先の街の大聖堂のイベントを一度チェックしてみることをおすすめします。日本では中々過ごすことのできない本格的なクリスマスの様子を垣間見ることができるかも知れません。


フライブルク市の大聖堂は、古くは13世紀から長い年月をかけて建てられたもので、ロマネスク様式とゴシック様式が混ざり合った、割と規模の大きい教会です。ステンドグラスがとてもキレイで、外が明るいうちに教会に入るとその美しさに驚きます。(フライブルク市の大聖堂に関しては、以前このような記事(こちらを書いたので、興味がある方はぜひ読んでみてください。)クリスマス前から年末年始にかけては、毎日のようにこちらで無料のコンサート等が開かれます。


IMG_9390.JPG

24日は、21時半から30分程のコーラスとオーケストラによる無料のコンサートが開催され、22時からはそのままイブのミサという流れでした。21時過ぎに教会に着くと、広い大聖堂の中はもうすでに満席です。ドイツでのクリスマスの過ごし方の一つが、夕食後に教会に行ってコンサートとミサに参加するというものなんですね。何だか、日本の年始の初詣みたいだなあとも感じました。


IMG_9388.JPG

さて、時間になるとコーラスが歌い始めます。このコーラス、かなり歌声がキレイでクオリティも高かったです!前日に教会の傍を通った際にたまたまブラスバンドの無料演奏が行われていたのですが、少し音が散らばって残念な感じだったので、その差に驚きました。市の公式のパンフレットに載っているようなイベントは、やはり同じ大聖堂での開催でも気合が入っているのかもしれません。


そのままクリスマスのミサが始まりますが、ミサでもたくさんの歌やコーラスがあります。日本人になじみのあるクリスマスの歌(きよしこの夜等)も聞くことができて楽しかったです。また、ミサの進行の中で中に飾られていた大きなクリスマスツリーが点灯したり、司祭と子供たちが伝統的な衣装に身を包んで登場したりするのも見ていて面白かったです。残念ながら、人があまりに多かったのと、やはり敬虔なキリスト教徒の方も多く見受けられたので、ミサ中の写真はあまり撮ることはできなかったのですが。。もちろん、ただ音楽を聴きに来たり見学に来ている雰囲気の人もたくさんいました。


IMG_9389.JPG
S__47136770.jpg

割と長丁場(23時までミサはありました!)が、本格的なクリスマスイブを楽しむことができるので、クリスマスにヨーロッパを旅行される際は、こうした行事への参加を検討してみても良いかも知れません。


帰り道では、大聖堂の鐘の音が町中に鳴り響いていました。(17個の鐘すべてなっていたんじゃないかというくらいの音でした。)



2017年12月29日

メリークリスマス!皆さんは今年どのようなクリスマスを過ごされたでしょうか。ドイツでは、クリスマス当日と、その次の日26日は第二クリスマスということで祝日になります。ですので、すべてのクリスマスマーケットがこの休日までには閉まってしまう(大抵最終日は23日)なのですが、今年私が足を運んだクリスマスマーケットのうち、ドイツのもので一番印象的だったものをご紹介します。来年ふとドイツに旅行を考えられた際に、ぜひ参考にされてみてください。


20171222Himmelreich_171225_0022.jpg

ドイツ、フライブルク市の近郊Rvennaschluchtというところで開かれるマーケット。これは、珍しく街中ではなく雪山の中にポッと開かれるマーケットです。古くからある鉄道の高架下で開かれるマーケットは、鉄道がいい感じにライトアップされて非常に幻想的です。ドイツ各地からも足を運んでくる人がいるほどです。


1.フライブルク中央駅からの行き方

フライブルク中央駅からHinmmelreich(ヒンメルライヒ)駅までは、普通電車で20分もせずに行くことができます。そこからはマーケットまで無料のシャトルバスが出ていて、トータルで30分程です。駐車場もありますが、事前予約制で結構埋まってしまっていることも多いようです。バスの名前は「Frohe Weinachten(メリークリスマスの意)」号。すべてのバスではありませんが、サンタクロースが運転して、中がクリスマスに飾り付けられている車体もあります。サンタの運転手さんは、行きがけにドイツ語ですが、マーケットにまつわる話を色々と解説してくれます。


20171222Himmelreich_171225_0002.jpg

バスは、30分に一本間隔、電車も同様なのでちゃんと電車バス接続するような形になっています。ただ、バスの込み具合はかなりすごいので、運が悪ければ立ち乗りになってしまうこともあります。


2.マーケットの様子

バス停に着くと、美しい雪景色(この時期フライブルク自体は全然雪がありませんでした!)と川の流れ、そしてあたたかな焚火が出迎えてくれます。


20171222Himmelreich_171225_0003.jpg

それから、スケート場も見えてきます。


20171222Himmelreich_171225_0005.jpg

可愛らしい木造のホテルや建物を過ぎると、最初の小屋が見えてきます。ここで、入場料(今年は大人一人4€、金曜日は3€でした)を払い、腕に巻くチケットをもらいます。それを巻いたら、坂をさらに上って、高架下に広がるマーケットへと向かいます。


20171222Himmelreich_171225_0007.jpg
20171222Himmelreich_171225_0031.jpg

マーケットには、シュバルツバルド(黒い森の意、この地方のこと)の名物も色々と見られて楽しいです。山の中で川も傍に流れているので寒いんじゃないかと心配な方もいると思いますが、各所に焚火がたいてあって、寒くなったらそこで温まることができます。おすすめなのが、焚火で焼くパン。焼いている間にあったまることができるし、焼きたてのパンはモチモチとしてとても美味しいですよ。


20171222Himmelreich_171225_0015.jpg

高架下は色んな色でライトアップされて本当に幻想的です。


20171222Himmelreich_171225_0020.jpg
20171222Himmelreich_171225_0030.jpg

お店も、シュトットガルトのものと比べて屋根の上は派手ではないですが、一つ一つ本当に可愛く仕上げられていて、ついついお土産を買いたくなってしまうようなものばかりでした。


20171222Himmelreich_171225_0026.jpg

注意した方が良いのは、ちょっと休憩とお腹を満たすのにレストランに入ろうと思っても、田舎なのでこの近辺にパッと入れるお店がそんなにないことです。特に、夜イルミネーションを見るような時間に近辺でそうした場所を探すことは困難なので、その点だけは考慮しておいた方がよさそうです。


そんなRavennaschluchtのマーケットの情報は、こちらから見ることができます。マーケットは、通常11月末から12月23日までの金、土、日の曜日限定で開催されます。また、入場料がかかります。お金を払ってでも十分に見に行く価値のあるマーケットなので、ぜひ、来年ドイツのクリスマスマーケットを見に行きたいなと考えている方は、旅行先に検討してみてください!


※情報はすべて2017年12月末時点のものです。



2017年12月26日
2017年12月23日
2017年11月30日
2017年11月28日
2017年11月27日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • フライブルク特派員

    フライブルク特派員
    ブン
    ドイツ・フライブルクには夫の仕事の関係で2年間滞在予定。旅行好きな夫婦で、渡独以降もヨーロッパ各地、暇を見つけては観光している。最近のヨーロッパ1か月旅行では6ヵか国24箇所を旅した。ヨーロッパでのLCCや格安鉄道、バスを効率的に利用しなるべく予算を抑えた夫婦旅、カップル旅に関する情報に特に詳しい。ドイツで働くべくドイツ語日々勉強中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_FUoGQZsN3b

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集