海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フライブルク特派員ブログ > ドイツの間欠泉を見に、Andernach(アンデル...

ドイツ/フライブルク特派員ブログ ブン

ドイツ・フライブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月30日

ドイツの間欠泉を見に、Andernach(アンデルナッハ)に行こう!


ドイツの間欠泉を見に、Andernach(アンデルナッハ)に行こう!

間欠泉とは、一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉のことで、世界的にはアイスランドやアメリカ合衆国のイエローストーンの間欠泉が有名なようです。日本にも小規模なものが温泉地にいくつかあるようですが、ドイツには割と大きな間欠泉がAndernach(アンデルナッハ)というところにあります。その高さは、何と最高60mにまでなるという間欠泉、少し足を延ばして観光してみてはいかがでしょうか。


1.Andernach(アンデルナッハ)ってどんなところ?

Andernach(アンデルナッハ)はボンから電車でコブレンツに行く際に、コブレンツの手前にある街です。電車で通ると独特な遺跡が見え、気になります。私たちも電車でコブレンツに行く途中この街を見て、観光してみることに決めました。ボンからは電車で片道30分程です。


Andernach(アンデルナッハ)の観光はかなりシンプル。名物は高さ60mにもなる間欠泉(ドイツ語ではGeysir(ガイザー)といいます、英語ではgeyser(ガイザー)なのでほぼ同じですね。)と、ライン川沿いに建つ古いクレーン「alter Krahnen」、独特の形をした塔「runder Turm」、教会の「Mariendom」、「Bollwerk」という名の城壁跡の5つです。観光しやすくて良いですね。


2.Andernach(アンデルナッハ)の街の様子

駅から街に歩いていくと、この日はお祭りだったのか、日曜にも関わらず屋台が立ち並び、お店も開いているところもあってかなりにぎやかでした。(ドイツでは閉店法があり、日曜日にお店が開いていることは稀です。)


IMG_0039-thumb-730x548-288072.jpg

小さな町に、動くのが一苦労なくらい人がぎっしり。すごいにぎわいようでした。この途中にある肉屋さんが、人気で、ソーセージを食べてみたらすごく美味しかったです。食べ応え満点の焼きブルスト、パンにはさんだものがたったの2€なのでお財布にも優しかったです。


IMG_0040-thumb-730x548-288073.jpg

人混みをかき分けてさらに進んで行くと、電車からも見えていた古い城壁が見えてきます。


IMG_0041.JPG

城壁をくぐった先の街の広場には移動遊園地が来て普段ドイツの街では見ないようなにぎわいっぷりでした。(東南アジアのどこかの国に来たみたいな雰囲気です。)


IMG_0042.JPG

にぎやかな街を背にさらに奥へと進んで行くと、右に独特な塔、左には可愛い教会が見えてきます。これも、電車から見えて気になっていたスポット。Andernach(アンデルナッハ)観光の名所の一つ、独特の形をした塔「runder Turm」と教会の「Mariendom」です。


IMG_0044.JPG
IMG_0045.JPG

教会の中も、割と装飾がキレイで良かったです。


IMG_0046.JPG

今回は上りませんでしたが、塔には階段を使って上ることもできます。


IMG_0047.JPG
IMG_0048.JPG

小さな町ですが、それなりに街並みは可愛らしく所々に古ーい建物が残っていて、中々面白いです。


3.Andernach(アンデルナッハ)名物の間欠泉!

教会とは反対側の街の奥、進んで行くと川沿いにインフォメーションセンターが見えてきます。ここで、名物の間欠泉を見に行くための船のチケットを買うことができます。チケットの値段は大人一人15€。これには、インフォメーションセンターに併設されている間欠泉博物館の入場券も着いてきます。博物館は英語でも楽しめる作りになっていて、割と面白いですよ。まず、地下4000mの世界にエレベーターで降りて(実際にはエレベーターは上昇していて上の階に行っているだけです。)、そこで色々な展示を楽しみながら学ぶことができます。船の時間によって、先に博物館観光するか後にするかもフレキシブルに決められます。


出発時間は11:45(AM)、1:05(PM)、3:00(PM)、5:00(PM)の一日4回です。(2017年9月末時点の情報)


IMG_0049.JPG

間欠泉までは船に乗ってたったの15分ですが、船では飲み物や食べ物が注文でき、とても優雅な作りになっています。


IMG_0050.JPG

ここが間欠泉の吹き口。観光客が揃った時点で水が噴き出してきます。最初は小さいけれどどんどん高さは高くなって、あっという間に見上げるほどになります。空まで届きそう。


IMG_0051.JPG

帰りの船からは、観光スポットの塔、教会、クレーンを一つの景色として楽しむことができます。


IMG_0054.JPG

ちょっと珍しい古い建物と自然のパワーを感じられるのがAndernach(アンデルナッハ)の良いところなので、古い建物が好きな方や、自然が好きな方は訪れてみると良いかもしれません。


※情報は2017年9月末時点のものです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年9月30日
« 前の記事「ライン川、モーゼル川二つの川沿いで、甘くて美味しいドイツワインを楽しむ鉄道の旅」へ
»次の記事「秋にドイツを訪れるなら、ぜひ試してほしい生ワイン」 へ
おすすめ記事
    フライブルク特派員 新着記事
    フライブルクのクリスマスサーカス
    フライブルク大聖堂のクリスマスイブ
    幻想的なRavennaschlucht のクリスマスマーケット
    世界一規模の大きいシュトットガルトのクリスマスマーケット
    まるでおとぎの国!フランスコルマールのクリスマスマーケット
    クリスマスから年末年始のイベントのご案内(ドイツ、フライブルク市)
    ドイツ、フライブルク中央駅のご紹介
    11月のドイツ、フライブルク市の気候

    ドイツ ツアー最安値


    2018/12/11更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • フライブルク特派員

      フライブルク特派員
      ブン
      ドイツ・フライブルクには夫の仕事の関係で2年間滞在予定。旅行好きな夫婦で、渡独以降もヨーロッパ各地、暇を見つけては観光している。最近のヨーロッパ1か月旅行では6ヵか国24箇所を旅した。ヨーロッパでのLCCや格安鉄道、バスを効率的に利用しなるべく予算を抑えた夫婦旅、カップル旅に関する情報に特に詳しい。ドイツで働くべくドイツ語日々勉強中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_FUoGQZsN3b

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集