海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/静岡・富士特派員ブログ

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


みとしーラボのオープンにて久しぶりに訪れた、伊豆・三津シーパラダイス

関連ブログ:【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスに、みとしーラボが誕生!


実は、みとしーラボ以外にも、ここしばらくの間に、いくつか変化した個所がありました。


それが、こちら。ケープペンギンたちの檻の下半分が、アクリルパネルに変わっています。
mito2021-1.jpg
格子と金網の2重構造だった前の状態よりも、よりペンギンたちが見やすくなりました。


ペンギンと言えば、2019年7月に誕生した、ペンパラ
関連ブログ:【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】


昨年はコロナ対策による休止期間が長かったペンパラですが、現在は再オープンしており入場できます。


夏場は暑さ対策に、ミストシャワーも設置されていて涼しげな、フンボルトペンギンたち。
mito2021-3.jpg
まだまだ構想の物とは印象が異なりますが、こちらも少しずつ改良が加えられているようです。


そして、そんなペンギンたち以上に驚いた変化がありました......


それが、こちら。なんと軽食コーナーが、ゲームコーナーに変わっていたのです。
mito2021-2.jpg
関連ブログ:【沼津市】みとしーの水族館グルメ【伊豆・三津シーパラダイス】


こちらも、コロナ騒動以降、ずっと営業を休止していたので、再開を楽しみにしていたのですが......
まだ当分、営業再開の見通しはないようで、代わりに食堂内には数々のクレーンゲームが立ち並んでいました。


さて続いては、みとしーへと搬入されたレアな生き物、シロアマダイが登場!
mito2021-4.jpg
この個体は4月に捕獲されたそうで、水族館でよく見るアカアマダイよりも高級魚となります。


本館1階の、駿河湾再発見ゾーンにある水槽で、サクラダイたちとともに展示されていました。
いつまで見られるかはわかりませんので、ぜひ見られるうちにレアなシロアマダイを確認してみてください。


そして最後は、4月にショーデビューしたという、ゴマフアザラシガブくん。
mito2021-5.jpg
2019年3月に、およそ8年ぶりとなる赤ちゃんが生まれたと話題になった、みとしーのアザラシ。
関連ブログ:【沼津市】ゴマフアザラシの子供の名前が決まりました【伊豆・三津シーパラダイス】


そのときに生まれた赤ちゃんが、こんなに大きく成長して、ショーで活躍するまでになったのです。
残念ながら僕が訪れたときは、ショーへは登場しなかったので、また今後その様子を見に行きたいです。


春に伊豆・三津シーパラダイスへと訪れてから、ここ3ヵ月の間だけでも、これだけいろいろな変化がありました。
今後もまた、時代とともに移り変わっていく伊豆・三津シーパラダイスの姿を追っていきたいと思います。


■伊豆・三津シーパラダイス
・URL: http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
・住所: 静岡県沼津市内浦長浜3-1
・TEL: 055-943-2331
・開園時間: 9:00~17:00(最終入場 16:00)季節・時期により異なる


2021年7月29日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


この夏、伊豆・三津シーパラダイスに新たなるエリア、みとしーラボがオープンしました。
Labo01.jpg
みとしーラボは、水族館の裏側を遊びながら体験できる施設、とのことです。


関連記事:【みとしーラボ】が7月17日(土)午前9時オープン!


近年の水族館では、バックヤードを公開しているところも増えていますが、みとしーも、ついにその仲間入り。
さらに水族館で行われる作業を遊びながら体感できる!という要素がプラスされたのが、この、みとしーラボ。


みとしーラボがある場所は、本館2階にある売店の隣。
みとしーminiパラダイスのボールプール沿いにあった部屋が、大々的に改装されていました。
Labo02.jpg
2019年末に誕生した、あじっこパラダイスに続く、体験型の施設となります。

関連ブログ:【伊豆・三津シーパラダイス】生産量日本一を誇る沼津に誕生【あじっこパラダイス】


ラボの内部は、手前側が体験エリア、奥側がバックヤードエリアとなっていました。
Labo03.jpg
体験エリアの方では、水中に潜む微生物を観察できる、マイクロスコープ
ホースを使った水換え作業を学ぶことができる、サイフォンの原理
人工クラゲを、おたまですくって、おわんへと移動させる、生物すくい
配管をつなぎ合わせる作業を、パズル形式で再現した、パイプパズル


以上の、4つを体験することができるほか、透明骨格標本液浸標本イルカラッコ頭蓋骨も展示。


そしてバックヤードエリアの方では、飼育員が日々行っている裏作業の様子を見学できます。
Labo04.jpg
またここでは、「みとしー」for「SDGs」と題して、質の高い教育をみんなに海の豊かさを守ろう陸の豊かさも守ろうという、3つの目標が掲げられていした。


その取り組みの一環として、エダミドリイシというサンゴや、ゲンジボタルの幼虫も育成されています。
Labo05.jpg
ゲンジボタルの幼虫の体長は1.5mmと非常に小さく、肉眼では、どうにか確認できるくらいです。
餌となるカワニナという巻貝も、同じビーカーの中にいますが、それと比べても大きさの差は歴然。


ほかにも、メンダコが飼育されていたときの映像も、ここで公開されているので必見です。


およそ1年半ぶりに誕生した新施設、みとしーラボ。
将来、水族館の飼育員を目指している子供から、夏休みの自由研究の題材を探している子供まで。
多くの人たちが、このラボを通して水族館の取り組みに触れることができるといいですね。


■伊豆・三津シーパラダイス
・URL: http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
・住所: 静岡県沼津市内浦長浜3-1
・TEL: 055-943-2331
・開園時間: 9:00~17:00(最終入場 16:00)季節・時期により異なる


2021年7月24日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


静岡市清水区にあるエスパルスドリームプラザにて、今月2021年7月16日より開催されている期間限定のイベント、ざんねんないきもの事典 in ドリプラ

このイベントは、今泉忠明さんの書籍、ざんねんないきもの事典を元にしたもので、生き物がもつ残念なポイントにフォーカスをあてたという、一風変わった移動動物園になります。


同様のイベントは以前、池袋にあるサンシャイン水族館でも開催されていましたが、静岡県内では、これが初開催とのことで、さっそくその様子を見に行ってきました。


会場となっているのは、エスパルスドリームプラザ3階にある特設会場。
zan01.jpg
ちびまる子ちゃんランドの前にある、グッズ売り場脇に、その特設会場がありました。
ここでは以前、体感型動物園iZooとコラボした、ShiMiZooが行われたこともあります。


入場料金は、大人1名 800円。中学生以下から3歳までが600円で、2歳以下は無料。

ShiMiZooのときは、ちびまる子ちゃんランドとの、お得なセット券があったようですが、今回はないのかな?


と思っていたら、特設会場の受け付けで、ちびまる子ちゃんランドの100円割引券をくれました。
zan05.jpg

期限は今年度いっぱいあるようなので、また機会があれば、こちらも見に来てみたいです。


さて、ざんねんないきもの事典 in ドリプラですが、入口を入るとまず、ざんねんな体をテーマにしたエリアから始まり、ざんねんな生き方ざんねんな能力ざんねんなこだわりという、全4エリアが順々に続きます。
zan02.jpg
会場内には計25種類の生き物に加えて、ぬいぐるみも3種類展示されてありました。
それぞれの生き物は、その残念な点を中心とした解説がされています。


例えば、こちらのダイオウサソリは…「サソリは紫外線を当てると光るが 意味はない」
zan03.jpg
これは日中に活動していたサソリの祖先が、有害な紫外線を反射していたときの名残りとのこと。(サソリは夜行性)
僕も実際に見たのは初めてなのですが、まるでペンキでも塗ったかのような色に変わっていて驚かされました。


ほかにも、普段は触れることのない動物の特性などを知れる、ざんねんないきもの事典。
zan04.jpg
会場を訪れて興味を持ったら、ぜひ書籍の方にも目を通してみてください。夏休みの自由研究にもおすすめです。


■ざんねんないきもの事典 in ドリプラ
・住所: 静岡県静岡市清水区入船町13-15(エスパルスドリームプラザ 3階 特設会場)
・TEL: 054-354-3360(エスパルスドリームプラザ)
・開催期間: 2021年7月16日~9月26日
・開催時間: 10:00~18:00(7・8月)、~15:00(9月:平日)、~17:00(9月:土日祝日)
・入場料金: 一般 800円、3歳~小学生 600円、2歳以下 無料
・URL: https://www.dream-plaza.co.jp/event/detail.php/702


2021年7月21日
2021年7月 8日
2021年6月28日
2021年6月22日
2021年6月14日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集