海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/静岡・富士特派員ブログ

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


緊急事態宣言も解除され、久しぶりの東京遠征ということで、以前からたびたび訪れているこちらへ行ってきました。


それは、池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビルの屋上にある、サンシャイン水族館
JR池袋駅より徒歩約10分という立地なので、東京へと訪れた際に立ち寄りやすい点も、この水族館の魅力です。
sunshine-1.jpg

また、dポイントクラブの4thステージ以上の会員ならば、スペシャルクーポンを利用して通常よりも安くチケットを入手することができます。

関連リンク:https://dpoint.jp/coupon/special/index.html


サンシャイン水族館の最大の特徴は、やはりなんと言っても都会のビルの上にあるという事でしょう。
さすがに、すぐ隣りにあるサンシャインシティプリンスホテルや、サンシャイン60ビルから比べると、だいぶ低くはなりますが、それでも地上11階、高さ約45mのビルの上というロケーションは独特です。


そんなロケーションを生かしたのが、屋外エリア マリンガーデンにある、天空のペンギン水槽。
sunshine-4.jpg
この水槽はビルの端の方に設置されているのですが、反対側に壁がないので水槽越しに建ち並ぶビルが見え、まるで本当にペンギンたちが空を飛んでいるかのような、おもしろい演出がなされているのが印象的でした。


本館の方には、水深2.5m、水量240tの大水槽、サンシャインラグーンがあります。
大きさだけで言えば、もっと大きな水槽をもつ水族館もありますが、11階建てのビルの上に、この規模の水槽があるのだと思うと、造るのも管理するのもたいへんだろうなと関心させられます。

全長12mのワイドパネルに、明るい照明も相まって、大型水槽の中でも特に見やすい水槽と言えるでしょう。
また現在は休止していますが、このサンシャインラグーンではさまざまなパフォーマンスも披露されていました。


そして、サンシャイン水族館と言えば、日本で初めてゾウギンザメを飼育したことでも有名です。
sunshine-3.jpg
2019年から飼育を始め、翌2020年には繁殖にも成功した、まさにゾウギンザメのパイオニアなのです。


ほかにも館内では、マンボウや、飼育の難しいイカの仲間も多数展示されています。



サンシャイン水族館へと訪れたら、この辺りの生き物が、特に注目すべきポイントでしょうか。


それから、以前ふわりうむと呼ばれていたクラゲのエリアも、2020年に新しくクラゲパノラマと、
クラゲスクリーンという2つの水槽が加わって、海月空間としてリニューアルされました。
sunshine-2.jpg
特に、クラゲパノラマの水槽はパネルの全長が14mと、国内最大級のミズクラゲ展示水槽となります。
こちらもサンシャインラグーンと同様に、サンシャイン水族館を代表する水槽のひとつと言えるでしょう。


最後に、館内にあるカフェ タリーズコーヒー サンシャイン水族館店にて、かわうそパンケーキを注文。
sunshine-5.jpg
こちらのパンケーキは、カワウソだけではなく、ペンギンバージョンを選ぶこともできます。


ちょっとした空き時間に、ふらっと訪れやすい、サンシャイン水族館。


コロナ騒動以降、入場には事前予約が必要となってしまいましたが、入場料金2回分で作ることができる年間パスポートを所持していれば、この予約も要らなくなり、さらに各種特典も受けられるので、年パスを作っておいて損はない水族館です。


■サンシャイン水族館
・住所: 東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 屋上
・TEL: 03-3989-3466
・入館料: 大人2400円、小中学生1200円、4歳以上700円
・営業時間: 10:00~18:00(入場は閉館時間の1時間前まで)
・休館日: 年中無休
・URL: https://sunshinecity.jp/aquarium/


2021年10月17日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


ここ数年で、さまざまな動物園や水族館を巡るようになった僕ですが、その際に活用しているのが、dポイントクラブスペシャルクーポン

関連リンク:https://dpoint.jp/coupon/special/index.html


このクーポンは、dポイントクラブの4thステージ以上の会員のみが利用できるのですが、
なかには利用料金が通常の半額以下になったりと、非常にお得な優待を受けられたりします。


今回は、そんなスペシャルクーポンがきっかげとなって訪れた場所からひとつ。


JR藤沢駅より、小田急江ノ島線に乗り換えて、およそ7分。終点となる片瀬江ノ島駅へ到着です。
enosui-1.jpg
相模湾へと流れ込む、境川の河口を目前に建つ片瀬江ノ島駅。まるで竜宮城のような外観が目を引きます。


駅から南に進み、国道134号線を渡ると、そのすぐ先がもう片瀬漁港です。
enosui-2.jpg
今回は行きませんが、江の島へは境川の対岸側から渡ることができます。


海岸線沿いに続く134号線を少し西へ進むと、目的の新江ノ島水族館へと到着。
enosui-3.jpg
湘南海岸を目前にした、最高のロケーションに建つ水族館です。


もともとは、1954年から1960年代にかけて造られた3つの水族館施設があったそうですが、2004年にリニューアルオープンされ、現在の新江ノ島水族館となりました。


近代の設計にて造られた新しい水族館ということで、館内には目をみはる物がいくつもあります。


そのなかでもメインとなるのが、水量1000tを誇る相模湾大水槽
enosui-4.jpg
2階建ての建物を貫く高さ9mの大水槽で、およそ100種類2万匹もの生物が展示されているそうです。
下田海中水族館のアクアドームペリー号の水槽が600t、60種1万匹なので、いかに大きいかわかります。
関連ブログ:【下田市】入り江の中の水族館【下田海中水族館】


ルートは2階から1階へ。相模湾大水槽の周りを、ぐるっと回り込むように続いているため、さまざまな角度から槽内をのぞくことができるのも、この大水槽のポイントでしょう。


そして、そんな相模湾大水槽と肩を並べるのが、クラゲファンタジーホール
enosui-5.jpg
こちらは広い一室を丸々クラゲの展示エリアとし、ホール内にある14槽すべてにクラゲを展示しています。
その規模の大きさもさることながら、プロジェクションマッピングを活用した幻想的な演出もすばらしいです。


また、クラゲにおいては、クラゲサイエンスというコーナーも別に設けられています。
60年以上クラゲを研究してきたという、えのすいならではの強みとも言えるでしょう。


なお、クラゲファンタジーホールにある球型水槽をイメージした、クラゲプラネットドリンク(館内飲食764円)
という商品も、本館2階にあるオーシャンカフェにて販売されています。
enosui-7.jpg
湘南の海を眺めながら、オーシャンデッキで飲むクラゲプラネットドリンク。
新江ノ島水族館へと訪れた際には、ぜひこの1杯を体感してみてください。


さて生き物以外にも、日本初の有人潜水調査船しんかい2000が展示されているのも、えのすいの特徴です。
enosui-6.jpg
この展示室では、しんかい2000のコクピットも再現され見ることができました。
こういう点もほかの水族館ではまずない、新江ノ島水族館の特色となっています。


今回は初めて訪れたということもあって、ざっと見て回る感じになってしまいましたが、
それでも十分すぎるほど、新江ノ島水族館の魅力を体感することができました。

ちなみに、そんな新江ノ島水族館で僕が最も驚かされたのは、フウセンウオホテイウオといった、ダンゴウオの仲間の水槽でした。
ダンゴウオの仲間自体は、ほかの水族館でも見たことはありますが……ひとつの水槽の中で、ひしめき合っている姿は、インパクト大です。
このダンゴウオたちが暮らす水槽は、ぜひ実際に新江ノ島水族館へと訪れて、その目で確認してみてください。


■新江ノ島水族館
・住所: 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
・TEL: 0466-29-9960
・入館料: 大人2500円、高校生1700円、小中学生1200円、3歳以上800円
・開園時間: 9:00~17:00、冬季10:00~17:00(入館は閉館時間の1時間前まで)
・休園日: 2022年1月25日~1月27日
・URL: https://www.enosui.com/


2021年10月14日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


先日、富士市江尾地区にある、おしゃもっさんへと訪れました。
関連ブログ:【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさん】


その後、調べてみると。
同市内に、どうやら別のおしゃもっさんも祀られていたようです。


なので今回は、そちらのおしゃもっさんへも見に行ってきました。


その、おしゃもっさんが祀られているのは、富士市の岩本地区。
岩本山の南東を通る、県道176号 鷹岡柚木線の途中となります。
osya2-1.jpg
道路沿いに続く植木の一角が途切れ、その合間に、ひっそりと社が祀られていました。


社の規模は、江尾地区にあった物よりも少し大きいくらいでしょうか。
木々の間に隠れているので、車で前を通過しても、まず気づかないでしょう。
osya2-2.jpg
また社の前には鳥居も建てられてありますが、こちらも木製の簡素な造りでした。


こちらのおしゃもっさんも、どうやら江戸時代の検地が始まりとなっているようです。
ただ、やはりその事が記された説明板などが無いため、知らない人が見ても何の神社かはわからないと思います。


また、おしゃもっさんという名前から、しゃもじ(杓文字)を納める風習もあったようです。
社の内部をのぞいてみると、石造りの祠に加えて、奉納された杓文字も祀られてありました。
osya2-3.jpg
歯が痛む際に、この杓文字で擦ると痛みがおさまるとされ、その痛みが治ったさいには新しい杓文字を返す。
という仕来りもあったとされています。


おしゃもっさんの成り立ちを調べてみると、どうやら長野県にある諏訪大社から広まったとされる御社宮司ミシャグジ)信仰がもととなっているようで、その歴史は古くは縄文時代から確認されているようです。


思わぬきっかけで歴史に触れることとなりましたが、このおしゃもっさんも、江尾のおしゃもっさんと同じように「岩本歴史の道散策」という、岩本北まちづくりセンターから始まるハイキングコースの一部となっています。
歴史に触れながらのハイキングをするにあたって、やはりそういう伝説を記した説明板は欲しいところでしょう。


そんなおしゃもっさんの社から、もう60mほど道を進むと人工的に造られた滝もありました。
osya2-4.jpg
この滝は、道路沿いに流れる上堀川から水を引き入れて造られているようで、滝からさらに300mほど進んだ先には市内で利用される農業用水・工業様子を管理する富士川工業用水道 滝戸監視所という施設もあります。


とまあ今回は、江尾のおしゃもっさんから、岩本のおしゃもっさんを見て回ったわけですが、ほかにも多数の地域に同様の神社があるようなので、それらにも機会があればうかがってみたいと思います。


■おしゃもっさん
・URL(PDF): https://www.city.fuji.shizuoka.jp/kyouiku/c0701/fmervo000000law9-att/fmervo000000lb0h.pdf
・住所: 静岡県富士市岩本


2021年9月29日
2021年9月24日
2021年9月16日
2021年9月13日
2021年8月29日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集