海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/静岡・富士特派員ブログ

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


長いこと続いた残暑も一段落して、ようやく秋らしい気候となりました。
秋といえば紅葉狩り。という事で、今回は、この場所に訪れてみましょう。


静岡県道22号線 三島富士線、通称 根方街道の富士岡交差点より
南東の住宅地の中に位置する、富士岡銀杏地蔵尊。(富士岡地蔵堂
pic_s01.jpg
お堂の後ろにそびえ立つ、巨大な1本のイチョウの木。大型台風が通過した後なので、少し葉が
散ってしまった印象ですが、それ以外は特に目立った被害もなく、力強い姿を見せてくれました。


しかし葉っぱが色づくには、まだ時期尚早。なので、10年前に撮影した画像を載せておきましょう。


それが、こちら。黄色く色づいたイチョウの葉が、とても美しかったです。
pic_s02.jpg
これらの葉っぱが、すべて1本の樹から生えているのですから驚きですね。


樹高26m。目通り6.2m。東西南北に伸びる枝張は、およそ11mという巨木。
pic_s03.jpg
樹齢は、推定600年。昭和46年に、静岡県の天然記念物に指定されました。


幹から枝にかけて、無数に垂れ下がっている乳状下垂。
pic_s04.jpg
大きなイチョウの木には、よく見られる物ですが、これだけの規模の物は珍しいとの事。


その姿から、子育て大銀杏(オオイチョウ)とも呼ばれ、子育ての願掛けもされているようです。
子育て大銀杏についてのお話は、富士市のHPに詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。


広報ふじ HP:富士の民話あれこれ 銀杏地蔵


境内の、すぐ裏を流れるのは、以前、滝巡りでご紹介した赤淵川。
関連記事:【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】


普段は水量が少ない川ですが、台風上陸の後だけあって、少し増水しています。
pic_s05.jpg
川の下流にある青い橋は、岳南電車の鉄橋です。通過した車両には
ちょうど今の時期的に、ハロウィンの装飾が施されていました。


住宅地の、入り組んだ狭い路地の先にある、巨大な1本のイチョウの木。
本格的に色づくのは、12月の上旬との事で、その頃が見頃となります。
pic_s06.jpg
ただ、地蔵堂の前にでるL字の道は、車1台分ほどの幅しかないため
もしも訪れるのであれば、ルート選びには気をつけてください。


富士岡銀杏地蔵尊 住所:静岡県富士市富士岡81


2019年10月16日

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


以前、赤淵川の滝巡りをしましたが、実は、もう1つ近くに
幻の滝があるので、今回は、そちらへと行ってみましょう。


その滝があるのは、富士市桑崎地区にて合流する赤淵川の支流、千束川の方です。

富士市より静岡県道24号富士裾野線を北上していき、丸火自然公園への分岐を過ぎた先にある
稲葉養鶏場横の林道へ入って南下すると、路肩に『滝まで150m』という看板があらわれました。
pic_r01.jpg
ここが黒坂の滝への入口なのですが、看板に記されている150mという言葉を鵜呑みにして
軽い気持ちで進もうとすると、ひどく後悔する事となるので注意してください。


滝への入口から道なりに進んでいくと千束川へとあたるのですが、林とは高低差が
だいぶあるため、河原へ降りるべく、川の下流側へと向かって下っていきます。


河原へ近づけば近づくほど、笹の茂りが酷くなるので、訪れる際には、長袖、長ズボン。
それから軍手と、目を守るためのゴーグルなどもあった方が、安心して進めると思います。


どうにか河原へと降りる事ができ、一安心・・・と思うのも、つかの間。
目の前に広がるのは、せまい河原に、ゴロゴロと転がる巨大な岩の数々。
pic_r02.jpg
ここから、ひたすら岩の昇り降りをしながら、滝を目指して川の上流へ向かいます。
初めて訪れる人は、本当に滝へとたどり着けるのかと、心配になることでしょう。


でも大丈夫。距離自体は大した事ないので、10分ほどで滝が見えてきます。
pic_r03.jpg
と言っても通常は枯滝なので、そこにあるのは切り立った岩壁なのですが。


黒坂の滝。落差は、およそ45m。水が流れていれば県内でも有数の名瀑となっていた事でしょう。
pic_r04.jpg
pic_r05.jpg
滝壷付近の岩盤には、水流で削られてできたと思われる、大きな空洞があります。


滝が現れるのは、大雨が降った後だけ。しかし、水が流れていない状態でも
訪れるのが大変なので、水が流れている時には、さらに苦労すると思います。


そして、一番大変なのは、帰り道でした。


辺りが薄暗くなってきた、夕暮れ時。河原を下って、林へ戻ろうとしたところ
道が笹に覆われていた事もあって、ルートが分からなくなり軽く遭難しかけました。


まあ、まっすぐ西へと進めば、いずれ林道に突き当たるので、戻れなくなる事は無いのですが
黒坂の滝へと訪れる際には、帰りのルートを、しっかり確認しながら進む事をオススメします。


2019年10月 6日

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


見知らぬ土地へ行って、なんと読めば良いのか分からない地名や
いっぷう変わった地名に遭遇したことなどは、ありませんか?


静岡県にも、金玉落としの谷なる場所が、菊川市は横地城跡にあるのですが
今回ご紹介する神社にもまた、変わった名称が付けられています。


その神社とは、静岡県清水区興津中町にある、女体の森 宗像神社
pic_q01.jpg
国道1号線 興津中町交差点から、西へ150mほど進むと、北側に鳥居のある道が現れます。
ここが宗像神社の参道なのですが、細い道にも関わらず、意外と交通量が多い印象です。


それもそのはず、神社のすぐ隣には、静岡市立清水興津小学校があり、さらに奥にも
静岡市立興津南こども園があるため、子供を送り迎えに訪れる車が頻繁に通るのです。
なので宗像神社へと訪れる際は、なるべく登下校時間を避けたほうが良いでしょう。


鳥居から、道を真っ直ぐ150m北へ進むと、正面に神社の入口があります。
pic_q02.jpg
松林の間から、さらに2つの鳥居をくぐった先あるのが、宗像神社の拝殿です。


さて、なぜこの神社が、女体の森と呼ばれているのか?ですが
今よりも神社の規模が大きかったという昔。漁師たちが海へ出たさいに
境内に生えている大きな松の木を、灯台がわりの目印として使っており
祭神として祀られている、タキリビメイチキシマヒメタギツヒメ
宗像三女神にあやかって、いつしか女体の森とよび崇めるようになったそうです。
(境内の説明板には、奥津島比売命、狭依姫命、多岐津比売命と記載されています)


こちらが、拝殿の裏にある本殿。
pic_q03.jpg
昔は、もっと海の近くに構えていたそうですが、高波の被害を受けたことから
今の位置へと移転されたとの事です。現在では、高い建物や、静清バイパスに
遮られているため、海から境内に生えている松の木を見るのは難しいと思います。


本殿の隣には、慈母弁財天社という祠も祀られていました。宗像神社と改称したのが
明治元年。それ以前は、宗像弁才天と呼ばれていたそうなので、その頃の名残りでしょうか。
pic_q04.jpg
また祠の横には柵に囲まれた池もあり、すぐ後ろにはJR東海道線が走っています。


拝殿前から駐車場の方へと向かう途中、大祓人形特殊神事湯立の儀式場なる場所もあります。
pic_q05.jpg
この祠は、7月31日に行われるという大祭の湯立式にて、大釜を火にかけるため竈になるのでしょうか?


いっぷう変わった珍名所も、調べてみると、様々な謂れや伝説があるものです。
その不思議な名称が、その地を訪れる切っ掛けにもなるのですから面白いですね。


興津宗像神社 住所:静岡市清水区興津中町554  TEL:054-369-0649
しずおか観光情報:https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=241


2019年9月29日
2019年9月21日
2019年9月13日
2019年9月 3日
2019年8月28日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集