海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 河津に誕生!日本最大のカエル専門施設!

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月10日

河津に誕生!日本最大のカエル専門施設!


河津に誕生!日本最大のカエル専門施設!

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。

静岡県といえば、都内からも比較的アクセスしやすい観光地、伊豆半島

毎年、桜の季節にもなると、河津桜がニュースで取り上げられますが、
そんな河津桜で有名な河津町に、2018年の夏、新たな名所が誕生しました。

その名も、日本最大の体感型カエル館 KawaZoo
pic_C1.jpg

入館料金は、大人一人1000円。小学生は、一人500円。6歳未満は無料。
iZooとの共通パスもあり、そちらは大人一人2500円、小学生一人1000円となります。

2012年に登場した、体感型動物園iZooの姉妹館として、カエルを専門にあつかった、この施設。
pic_C2.jpg

世界中の珍しいカエルを、常時120種類以上、2000匹展示している日本最大のカエル館という事で
面白いカエルから、綺麗なカエル、恐ろしいカエルまで、ここでは様々なカエルに出会えます。

今回は、そんなカエルたちの一部を、ピックアップして、ご紹介しましょう。

まずは、チョコミントのような色をしている、ジュウジメドクアマガエル
pic_C3.jpg

皮膚から乳白色の毒粘液を出すので、ミルキーフロッグという呼ばれ方もされます。

巨大な体で、地面の上に伸し掛かっているのは、アフリカウシガエル。とにかく存在感が凄い!
pic_C4.jpg

ちなみに館内には、こいつ以上に巨大な世界最大のカエル、ゴライアスガエルも展示されています。

まるで宝石のように綺麗な青色をしているのは、コバルトヤドクガエル
pic_C5.jpg

こいつを含め、ヤドクガエルの仲間だけで、30種類近くを見る事ができました。

お土産に売っているカエルグッズも豊富なので、カエル好きならば、1度は訪れて欲しい施設です。
pic_C6.jpg


また建物のすぐ裏には、河津七滝の内の2つ、大滝出合滝も流れているので、
七滝めぐりをしながら、KawaZooへと立ち寄ってみるのも良いかもしれません。
pic_C7.jpg


伊豆の新名所、日本最大のカエル専門施設 KawaZoo。
伊豆への旅行の際には、ぜひ訪れてみてください

KawaZoo 住所:静岡県賀茂郡河津町梨本377-1
TEL:0558-34-0003  開園時間:10:00~16:30


KawaZooのホームページhttp://www.kawazoo.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年6月10日
« 前の記事「深海への窓口!?沼津港深海水族館」へ
»次の記事「一生に一度は渡りたい!?寸又峡 夢の吊橋」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】
その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】
【東海道 原】白隠の里のケーキ屋さん【LA PORTE D'OR】
東海道3大難所の1つ 小夜の中山に残されし夜泣き石

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集