海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > もう1つの深海への窓口!駿河湾深海生物館

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月 1日

もう1つの深海への窓口!駿河湾深海生物館


もう1つの深海への窓口!駿河湾深海生物館

こんにちは、静岡・富士特派員の、わや猫です。


以前、深海生物専門の水族館として、沼津港深海水族館を取り上げましたが、
沼津には、もう1つ、深海生物を専門に取り扱っている施設がある事を、ご存知でしょうか?


それが、今回ご紹介させてもらう、駿河湾深海生物館です。
pic_F1.jpg

同じ沼津と言っても、その場所は、伊豆半島の北西に位置する、戸田
戸田と書いて『へだ』と読みます。沼津市街地からは、車で1時間ほどです。


戸田港を囲う御浜岬の先にある博物館で、途中には戸田灯台もあります。
pic_F2.jpg
天気が良ければ、灯台付近から駿河湾ごしに、富士山を眺める事も可能です。


駿河湾深海生物館の入館料金は、大人1人200円、子供1人100円と、格安。
さらに20名以上の団体なら、2割引となります。(2019年夏現在)


また館内は駿河湾深海生物館に加え、戸田造船郷土資料博物館も併設されており
戸田の漁業に関する物から、プチャーチン提督や、ディアナ号の資料なども展示されていました。
pic_F3.jpg


駿河湾深海生物館の方は、2017年にリニューアルが施され、ココリコの田中直樹さんも監修者に就任。
pic_F4.jpg
改装前の、まるで理科準備室のような味気ない姿から一転。オシャレな雰囲気の博物館になっています。


館内には戸田の特産品であるタカアシガニを初め、ラブカや、ミツクリザメといった
様々な珍しい深海生物の標本を、ざっと数えて150体以上は展示されていました。
pic_F5.jpg


そんな中でも特に貴重だとされているのが、戸田にて発見されたという新種、オロシザメ
pic_F6.jpg
おろし金の様な肌をした鮫で、捕獲数が少なく、その生体は、まだ謎に包まれているそうです。
顔がタヌキに似ていたせいで、オロシタヌキという名前になりかけたとか。お蕎麦屋さんにありそうですね。


生きた個体こそ展示されてはいませんが、これらを始めとした、様々な珍しい深海生物を見る事ができる
駿河湾深海生物館。入館料金も安いので、西伊豆方面へとお越しの際には、ぜひ足を運んでみてください!


駿河湾深海生物館・戸田造船郷土資料博物館 住所:静岡県沼津市戸田2710-1
TEL:0558-94-2384  開館時間:9:00~16:30  休館日:水曜日・祝日の翌日・年末年始


沼津市のHP:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/zosen/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年7月 1日
« 前の記事「富士の名瀑!白糸・音止」へ
»次の記事「西伊豆 地平線の上のダルマ【達磨山】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】
その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集