海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 西伊豆 地平線の上のダルマ【達磨山】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月 8日

西伊豆 地平線の上のダルマ【達磨山】


西伊豆 地平線の上のダルマ【達磨山】

こんにちは、静岡・富士特派員の、わや猫です。


前回は、戸田(へだ)にある駿河湾深海生物館を紹介しましたが、せっかくなので
今回も、そんな戸田の、すぐ近くにある達磨山(だるまやま)へ行ってみましょう。


アクセスは戸田峠より、西伊豆スカイラインを車で南下していきます。
pic_G1.jpg
雄大な景観の連続に、まるで空の上を走っているかのような気持ちになれる爽快な道。


もともと有料道路だった事もあり路面の状態も良く、交通量も少ないため
西伊豆方面を移動する際には、西伊豆スカイラインが断然オススメです。


道中には、いくつかの駐車場がありますが、その内の1つ戸田駐車場までは、およそ5分。
pic_G2.jpg


標高880mの駐車場から、開けた眼下を見下ろすと、戸田の町並みと駿河湾を一望できます。
pic_G3.jpg


この駐車場の脇から、達磨山まで登っていける遊歩道が続いているので、ここを進みましょう。
pic_G4.jpg
この遊歩道は、達磨山以外にも、小達磨山や、伽藍山(がらんざん)などにも続いている
全長10kmをこえるハイキングコースの一部なので、意外と利用者が多い印象を受けました。


達磨山ハイキングコース案内:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2408


戸田駐車場からは、距離にして、およそ700m。高低差100mほどを登って
標高982mの達磨山の頂上へと到着。時間にして、15分と掛からない程度です。 
pic_G5.jpg
山頂には、周囲を隔てるものが一切無いので、360度のパノラマ景色を望めます。


そんな中でも、愛鷹山の向こうから顔を覗かせる富士山が見える北側の景色は、格別です。
pic_G6.jpg
また、西側の駿河湾だけではなく、東側の相模灘の方までも見渡せるので
ぜひ実際に達磨山に登って、その目で、これらの景色を確認してみてください。


達磨山 所在地:静岡県沼津市戸田


最後に、もう少し南に位置する土肥駐車場から眺めた、サンセットも掲載しておきます。
pic_G7.jpg
こちらも標高800mほどの地点にあるので、眺めは抜群。夜には星空も拝めました。


このように西伊豆スカイラインは、全体を通して景色の良い場所ばかりですが
標高が高いので、冬季に訪れる際には、雪や、路面の凍結に注意してください。


土肥駐車場 所在地:静岡県伊豆市土肥

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年7月 8日
« 前の記事「もう1つの深海への窓口!駿河湾深海生物館」へ
»次の記事「天城の知られざる不知沼【しらぬたの池】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】
その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集