海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラ...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月11日

その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】


その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


夏は涼しげな場所に出かけたい。という事で、今回は沼津市に3つある水族館の内の1つ
伊豆・三津シーパラダイスに、フィーチャーしてみたいと思います。
pic_j1.jpg

伊豆・三津シーパラダイスの歴史は古く、1930年の開業から、もうすぐ90年。
この記録は、今なお存在している水族館の中では、1913年に富山県に誕生した
魚津水族館に次ぐもので、日本では2番目に長い歴史をもった水族館なのです。


また、日本で初めて、イルカセイウチの飼育を行った事でも有名で
自分が子供の頃には、生きたシャチラッコなども見る事ができました。


そんな伊豆・三津シーパラダイスですが、ここ10年ほどで館内の改修工事が行われ
少しずつ姿を変えていったので、今回は、そんな本館の展示エリアを見ていきましょう。


入館料金は、2016年の改定により、大人1人2,200円、小学生以下1人1,100円。(2019年8月現在)


年間パスポートは、大人5,000円、小学生以下2,500円となり、お土産物売場で10%割引も受けられるため
自分は今年、思い切って年パスを作ってしまいました。(ただし駐車料金は毎回別途500円かかります。)


建物自体は、1977年の新装開業のさいに建てられた物らしく、入口から、スロープを下っていくと
まず、セイウチが泳いている巨大な水槽の前へと到着します。ここは以前から、あまり変化は無い様子。
pic_j2.jpg
セイウチの水槽を過ぎると、水族館のメインとなる魚の国が始まります。


その初めが、2017年の改装にて誕生した、川の遊び場イズリバエリア。
pic_j3.jpg
シーパラダイスというだけあって、海の生き物を中心に展示していたみとしーですが
伊豆の川に住んでいる生き物にも注目してできたのが、このイズリバのコーナーです。
エリアの中央には、人工の滝と共に、伊豆の名産品であるワサビも育てられています。


続いて、川から海へ。この先のエリアは、進めば進むほど水深が深くなっていきます。
まずは、水深0~50mにあたる表層~中層エリアから、2011年に誕生した駿河湾再発見ゾーン
pic_j4.jpg
ここでは、その名の通り、駿河湾に生息する様々な生き物たちが展示されているのですが
こんな魚もいるのか!というほど多種多様な生き物を見れて、まさに再発見を体感しました。


奥に進んで、水深50~200mの中層~深場へ。こちらは、2016年のリニューアルで誕生。
最深部となるDON底への道、ちょい底(チョイゾコ)エリアという名称で呼ばれています。
pic_j5.jpg
深海の一歩手前に住んでいる生き物を観察しつつ、さらに深みへと潜っていきましょう。


そして一番奥。最深部の、DON底(ドンゾコ)エリアへと到着です。
pic_j6.jpg
これまでは青いライトを基調としていたのに対し、DON底は赤いライトが映えます。


ここは、2015年に改装したとの事で、それ以前は南の海の魚たちという大水槽がありました。
pic_j7.jpg
今となっては貴重な改装前の姿と見比べてみると、その差は一目瞭然ですね。


さて本館内の改装された展示エリアは、これで一通り紹介できたでしょうか。
さらに本館の外に、この夏、新たにペンパラというエリアが誕生したとの事なので
そちらも含めて、またいずれ伊豆・三津シーパラダイスへと見に行きたいです。


伊豆・三津シーパラダイスHP:http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
住所:静岡県沼津市内浦長浜3-1  TEL:055-943-2331

ちなみに今回紹介したエリアにて展示されている生き物については、僕の個人ブログの方で
少しずつ更新しているので、気になったら、そちらを覗いてみてください。世捨猫のマンドク生活

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年8月11日
« 前の記事「【東海道 原】白隠の里のケーキ屋さん【LA PORTE D'OR】」へ
»次の記事「富士の麓の石の博物館【奇石博物館】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集