海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月 3日

幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】


幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


今年4月に、沼津市原にある帯笑園(たいしょうえん)の整備工事が完了し
現在は一般向けに公開されているとの事だったので、見に行ってきました。
pic_n01.jpg
開園時間は、土日祝日の朝9時から夕方16時まで。
駐車場は、普通車3台、軽自動車1台、車椅子マーク1台分あります。


今までも、月1度は公開されていたとの事ですが、管理を市に委託したことを切っ掛けに
より一般に開放され、自分が帯笑園を知ることになったのも、この工事のおかげでした。


元々は、珍しい植物を集めた植物園だったそうで、その歴史の始まりは、江戸時代。
松蔭寺の和尚である白隠慧鶴(はくいんえかく)が、京都から弟子入りに尋ねてきた
斯経慧梁(しきょうえりょう)という高僧のための住まいを建てた事からだそうです。
pic_n02.jpg
以来、この地の素封家であった植松家が、代々管理を受け継いで現在に至ります。


東海道を往来する多くの著名人も訪れたそうで、蔵を改装して作られた資料館には、その肖像画も
並んでいたのですが、日本人ならば誰もが知っているであろう顔ぶれの多さに、ビックリしました。
pic_n03.jpg
幕府の人間と、幕府に相対する側の人間、双方が訪れているという、歴史的にも凄い場所なのです。
また、帯笑園を利用した著名人直筆の書も残されており、知れば知るほど驚かされるばかりでした。


その当時は、望嶽亭(ぼうがくてい)という茶室が庭の中央にあり、庭から
富士山までもを一望できたそうですが、現在は庭の隅に家屋が建っているだけです。
pic_n04.jpg
仮に望嶽亭が残っていたとしても、現在は周囲に高い建物が多いため、富士山は見えそうにありませんが。


庭自体の規模も、昔の3分の1ほどまで縮小されているそうで、シーボルトが
「日本で見たものの中で、最も美しく豊か」と賞した頃の姿が見れないのは残念です。
pic_n05.jpg
とは言え、歴史的な価値は非常に高い場所なので、特に幕末が好きは人にはオススメだと思います。
4月29日(昭和の日)には、この地域一帯のお祭りも行われるそうなので、その頃が特に見頃です。


アクセスは、JR東海道線 原駅より、徒歩10分。
この地に訪れた際には、白隠の里共々、足を運んで、その歴史に触れてみてください。


帯笑園 住所:静岡県沼津市原194-4
沼津市 帯笑園 HP:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/toukai/taishouen.htm

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年9月 3日
« 前の記事「【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】」へ
»次の記事「【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】
その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】
【東海道 原】白隠の里のケーキ屋さん【LA PORTE D'OR】
東海道3大難所の1つ 小夜の中山に残されし夜泣き石

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集