海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月13日

【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】


【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


近年、気候変動による大雨がよく振りますが、みなさんの住む地域は、ご無事でしょうか?


僕の住んでいる富士市も、昔は、よく富士川の氾濫に悩まされていた地域ですが
近年は整備も進み、特に目立って大きな水害は、発生しなくなりました。


さて今回は、そんな富士市で、逆に水量が少ない赤淵川赤渕川)に注目してみましょう。


愛鷹連峰の南西。富士市桑崎地区より、国道1号線付近にある沼川まで続いている、赤淵川。


その川の途中に、いくつかの滝が点在しますが、なにぶん水量の少ない川なので
いずれも普段は枯滝となり、その姿を目にする事ができない、幻の滝なのです。


故に、市内に住んでいても、その存在を知らない人が多いため、ここで各滝を紹介します。


まずは、下流側より順番に。富士岡地区にある、花川戸の滝です。落差13m。
pic_o01.jpg
この画像は水量の少ない時ですが、滝の上の方に空いた、大きな甌穴がよく見えます。

以前は、この滝を見るには、もう少し下流から川の中を歩いてくる必要がありましたが、
2014年に新花川戸大橋が完成し、橋の上から簡単に見下ろせるようになりました。

川のだいぶ下流にある滝なので水質は悪いのですが、アクセスが簡単なのが魅力です。


続いて少し川をさかのぼり、間門地区にある不動の滝へ。落差22m。
pic_o02.jpg
滝壺にある岩に、落ちた水がぶつかり、左右へ流れが別れている滝です。
この滝の裏に、不動を祀っていた事が、名前の由来となっているとの事。


しかし残念ながら、この滝は、新東名高速道路の高架橋工事に伴って
立ち入る事ができなくなってしまい、現在は見る事ができません。


気を取り直して次へ向かいます。鵜無ケ淵地区まで上ると現れる、猿棚の滝
pic_o03.jpg
落差36mという高さもさる事ながら、その切り立った絶壁は圧巻です。


水量が多いときには豪快な滝が姿を表しますが、なかなかお目に掛かる事ができない滝です。
滝壷まで行くには川の中を進まなければならないのですが、林道からも見下ろす事ができます。


同じく鵜無ケ淵より。猿棚から、もう少し上流に位置する銚子ヶ淵の滝。落差15m。
pic_o04.jpg
こちらは、吉永第二小学校近くの道路から見下ろせるため、花川戸同様にアクセスが容易です。
赤淵川の滝を巡るさいは、この滝の水量を目安にするのも良いでしょう。


次は、いよいよ桑崎地区へと突入。住宅地の奥にある、足掛けの滝へ。落差10m。
pic_o05.jpg
民家の近くを流れている滝で、落差ほどの大きさも感じず、今までの滝に比べたら地味でしょうか。
住宅地奥の、集会場がある広場から見下ろすことができるので、アクセスは難しくありません。


さて、ここまで5つの滝を見て回りましたが、最後の滝は、林道桑崎線を2kmほど上った山の中となります。


牛ヶ淵の滝。林道から赤淵川に降り、20分ほど沢登りをしなければたどり着けない、まさに幻の滝です。
pic_o06.jpg
道中、大きな岩を登ったり降りたりしながら進むので、アクセスは非常に大変で、怪我の危険も
伴いますが、その分、到着した時の感動は、ひとしおでした。落差自体は8mと大きくありません。


以上6つの滝が、赤淵川の幻の滝となります。他にも探せば、まだまだ名もなき滝がありそうです。


最後に、林道桑崎線の終点から、さらに奥へと進んだ先にある、水神をお参りします。
pic_o07.jpg
この水神があるのは、すでに標高800mを過ぎた山の中です。(ちなみに牛ヶ淵の滝は標高500mほど)
昔は、ここから桑崎地区へと生活用水を引いていたらしく、この水神は、その当時の名残りとなります。


幻の滝巡りの末にたどり着いた、山奥の水神。長年住んでいる地域でも、まだまだ
知らない場所が、たくさんあるのだという事を、赤淵川を通じて教えられました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年9月13日
« 前の記事「幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】」へ
»次の記事「【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集