海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月21日

【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】


【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


沼津市原にて、ここ10年ほどかけて行われていた、白隠のみち整備事業。
それがようやく一段落ついたようなので、この夏、久しぶりに松蔭寺へと訪れました。


そもそもの始まりは、10年ほど前。「原のお寺に、すり鉢松なるものがあるらしい。」
という情報の元、まだ整備工事が行われる前の、松蔭寺へと訪れたのが切っ掛けです。


その後すり鉢松は、2010年に枯れてしまったそうですが、現在は2代目すり鉢松があるとの事で
今回は、その2代目のすり鉢松を確認しつつ、整備されたという白隠の里を見て回ってきました。


今回お届けする松蔭寺は、そんな白隠の里の中心に位置している、お寺です。
(以前ご紹介した、帯笑園はこちら 。)


松蔭寺へのアクセスは、興国寺城跡通り(静岡県道165号線)の、原交番東交差点より
静岡県道163号東柏原沼津線へ曲がって、東に150mほど進むと、道の南側に松蔭寺の参道があります。
電車を利用して訪れる場合は、JR原駅より、東へ向かって800m。徒歩およそ15分で到着します。
pic_p01.jpg
以前は、セメントで固められただけの道でしたが、ここもお洒落なタイル張りに変わっていました。


およそ50mほどの参道を進んだ先に、松蔭寺の山門があります。
pic_p02.jpg
この山門は江戸文政期に作られた貴重なものとの事で、2016年に、国の有形文化財に登録されています。


山門の先にあるのが、松蔭寺の本堂。この右側に建つ僧堂も、10年前には、まだ建設中でした。
pic_p03.jpg
そして本堂の左側に、天に向かって真っ直ぐ生えている松が見えます。これが、2代目すり鉢松です。


そもそもの始まりは、江戸時代中期。松蔭寺の和尚となった、白隠慧鶴(はくいんえかく)
台風によって折れてしまった松の枝に、水が入らないようにと備前焼のすり鉢を被せたそうです。
pic_p04.jpg
そのすり鉢は不思議と落ちることも無く、松は、すくすくと成長していったそうですが、
さすがに300年も経つと、木自体が失われ、現在は、この2代目が後を受け継いでいます。


そんな2代目すり鉢松の横から、本堂の裏へ向かうと、白隠の墓も祀られていました。
「駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠」という詩がうたわれるほどの
名僧だったそうで、半世紀ちかく松蔭寺の和尚を務められた後、84歳で亡くなったとの事。


その途中にある、開山堂という六角形の建物。こちらも、国の有形文化財になっています。
また内部には、沼津市の指定文化財となった、木造白隠禅師坐像が祀られているそうです。
pic_p05.jpg
毎年4月29日(昭和の日)には、お寺の陰干しが行われており、その際に白隠禅師の残した
様々な書画も一般公開されるとの事なので、ご覧になりければ、チェックしてみてください。


松蔭寺 住所:静岡県沼津市原128番地  TEL:055-966-0011
沼津市 松蔭寺 HP:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/toukai/shouinji.htm

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年9月21日
« 前の記事「【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】」へ
»次の記事「【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集