海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月29日

【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】


【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


見知らぬ土地へ行って、なんと読めば良いのか分からない地名や
いっぷう変わった地名に遭遇したことなどは、ありませんか?


静岡県にも、金玉落としの谷なる場所が、菊川市は横地城跡にあるのですが
今回ご紹介する神社にもまた、変わった名称が付けられています。


その神社とは、静岡県清水区興津中町にある、女体の森 宗像神社
pic_q01.jpg
国道1号線 興津中町交差点から、西へ150mほど進むと、北側に鳥居のある道が現れます。
ここが宗像神社の参道なのですが、細い道にも関わらず、意外と交通量が多い印象です。


それもそのはず、神社のすぐ隣には、静岡市立清水興津小学校があり、さらに奥にも
静岡市立興津南こども園があるため、子供を送り迎えに訪れる車が頻繁に通るのです。
なので宗像神社へと訪れる際は、なるべく登下校時間を避けたほうが良いでしょう。


鳥居から、道を真っ直ぐ150m北へ進むと、正面に神社の入口があります。
pic_q02.jpg
松林の間から、さらに2つの鳥居をくぐった先あるのが、宗像神社の拝殿です。


さて、なぜこの神社が、女体の森と呼ばれているのか?ですが
今よりも神社の規模が大きかったという昔。漁師たちが海へ出たさいに
境内に生えている大きな松の木を、灯台がわりの目印として使っており
祭神として祀られている、タキリビメイチキシマヒメタギツヒメ
宗像三女神にあやかって、いつしか女体の森とよび崇めるようになったそうです。
(境内の説明板には、奥津島比売命、狭依姫命、多岐津比売命と記載されています)


こちらが、拝殿の裏にある本殿。
pic_q03.jpg
昔は、もっと海の近くに構えていたそうですが、高波の被害を受けたことから
今の位置へと移転されたとの事です。現在では、高い建物や、静清バイパスに
遮られているため、海から境内に生えている松の木を見るのは難しいと思います。


本殿の隣には、慈母弁財天社という祠も祀られていました。宗像神社と改称したのが
明治元年。それ以前は、宗像弁才天と呼ばれていたそうなので、その頃の名残りでしょうか。
pic_q04.jpg
また祠の横には柵に囲まれた池もあり、すぐ後ろにはJR東海道線が走っています。


拝殿前から駐車場の方へと向かう途中、大祓人形特殊神事湯立の儀式場なる場所もあります。
pic_q05.jpg
この祠は、7月31日に行われるという大祭の湯立式にて、大釜を火にかけるため竈になるのでしょうか?


いっぷう変わった珍名所も、調べてみると、様々な謂れや伝説があるものです。
その不思議な名称が、その地を訪れる切っ掛けにもなるのですから面白いですね。


興津宗像神社 住所:静岡市清水区興津中町554  TEL:054-369-0649
しずおか観光情報:https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=241

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年9月29日
« 前の記事「【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】」へ
»次の記事「【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集