海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月 6日

【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】


【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


以前、赤淵川の滝巡り をしましたが、実は、もう1つ近くに
幻の滝があるので、今回は、そちらへと行ってみましょう。


その滝があるのは、富士市桑崎地区にて合流する赤淵川の支流、千束川の方です。

富士市より静岡県道24号富士裾野線を北上していき、丸火自然公園への分岐を過ぎた先にある
稲葉養鶏場横の林道へ入って南下すると、路肩に『滝まで150m』という看板があらわれました。
pic_r01.jpg
ここが黒坂の滝への入口なのですが、看板に記されている150mという言葉を鵜呑みにして
軽い気持ちで進もうとすると、ひどく後悔する事となるので注意してください。


滝への入口から道なりに進んでいくと千束川へとあたるのですが、林とは高低差が
だいぶあるため、河原へ降りるべく、川の下流側へと向かって下っていきます。


河原へ近づけば近づくほど、笹の茂りが酷くなるので、訪れる際には、長袖、長ズボン。
それから軍手と、目を守るためのゴーグルなどもあった方が、安心して進めると思います。


どうにか河原へと降りる事ができ、一安心・・・と思うのも、つかの間。
目の前に広がるのは、せまい河原に、ゴロゴロと転がる巨大な岩の数々。
pic_r02.jpg
ここから、ひたすら岩の昇り降りをしながら、滝を目指して川の上流へ向かいます。
初めて訪れる人は、本当に滝へとたどり着けるのかと、心配になることでしょう。


でも大丈夫。距離自体は大した事ないので、10分ほどで滝が見えてきます。
pic_r03.jpg
と言っても通常は枯滝なので、そこにあるのは切り立った岩壁なのですが。


黒坂の滝。落差は、およそ45m。水が流れていれば県内でも有数の名瀑となっていた事でしょう。
pic_r04.jpg
pic_r05.jpg
滝壷付近の岩盤には、水流で削られてできたと思われる、大きな空洞があります。


滝が現れるのは、大雨が降った後だけ。しかし、水が流れていない状態でも
訪れるのが大変なので、水が流れている時には、さらに苦労すると思います。


そして、一番大変なのは、帰り道でした。


辺りが薄暗くなってきた、夕暮れ時。河原を下って、林へ戻ろうとしたところ
道が笹に覆われていた事もあって、ルートが分からなくなり軽く遭難しかけました。


まあ、まっすぐ西へと進めば、いずれ林道に突き当たるので、戻れなくなる事は無いのですが
黒坂の滝へと訪れる際には、帰りのルートを、しっかり確認しながら進む事をオススメします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年10月 6日
« 前の記事「【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】」へ
»次の記事「【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】」 へ
おすすめ記事
静岡・富士特派員 新着記事
【富士岡地蔵堂】樹齢600年の巨木【子育てオオイチョウ】
【千束川】富士に流れる幻の滝めぐり外伝【黒坂の滝】
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】
【下田】自然が作り出した神秘の光景【田牛海水浴場】
富士の麓の石の博物館【奇石博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集