海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペン...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月14日

【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】


【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


2019年7月、伊豆・三津シーパラダイスに新たにオープンした新展示エリア、ペンパラ
pic_v01.jpg
ここでは、フンボルトペンギンの生活空間に入り、ペンギンたちを間近に観察できる
という新感覚の展示方法を採用しているとのことで、実際どうなのか見に行ってきました。


関連記事:伊豆・三津シーパラダイス


ペンパラが作られたのは、バンドウイルカが飼育されているイルカの海の向こう側。
pic_v02.jpg
元は、ショーステージの客席だった一部が改装され、ペンパラとして生まれ変わりました。


そのため内部は、上段と下段の、2エリアに分かれているのですが、
僕が訪れた時には、まだ下段のエリアだしか利用されていませんでした。


ペンパラの入口は、階段を上った、高さ3mの最上階。
pic_v03.jpg
入口の先に設けられた消毒液で、靴の裏を殺菌してから進みましょう。


ご利用時間は、午前9時から、午後16時15分まで。
ただし、12時から12時20分までは清掃時間となり閉鎖されます。


中に入って感じたのは、ペンギンたちの生活スペースが思っていたほど広くない、ということです。
pic_v04.jpg
人間が通る空間とは柵で遮られていたので、ペンギンたちの移動できる範囲が
水槽の周りだけに限られてしまっていることが、その大きな原因になっています。


ペンギンたちを、すぐ目の前で観察できるという点は、謳い文句通りでした。
pic_v05.jpg
ただ現状では、まだプレオープンといったイメージが強い感じでしょうか。


上段・下段エリアを、ペンギンたちが自由に行き来できるようになれば、より良いものになると思います。
pic_v06.jpg
ペンパラが、どのように発展していくのか、今後の展開にも注目していきたいです。


ペンパラ資料:http://www.izuhakone.co.jp/seapara_news_20190626.pdf


伊豆・三津シーパラダイスHP:http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
住所:静岡県沼津市内浦長浜3-1  TEL:055-943-2331

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年11月14日
« 前の記事「沼津にOPEN! 県下最大級の商業施設【ららぽーと沼津】」へ
»次の記事「【オクシズ】山奥の湖を渡る無料観光船に乗ろう!【井川ダム】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆の国市】四季と景色を楽しむ葛城山の公園【伊豆パノラマパーク】
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集