海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【オクシズ】山奥の湖を渡る無料観光船に乗ろう!【井...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月22日

【オクシズ】山奥の湖を渡る無料観光船に乗ろう!【井川ダム】


【オクシズ】山奥の湖を渡る無料観光船に乗ろう!【井川ダム】

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


先日、梅ヶ島の滝巡りへ行こうと出かけたものの、途中の道が土砂崩れで通行止めとなっていたため
急遽、予定を変更。同じくオクシズの一部となる、奥大井の井川湖へ行ってきました。


アクセスは、新静岡ICより、車でおよそ1時間15分。
以前ご紹介した寸又峡へ向かうのと、同じくらいの道のりとなります。


関連記事:一生に一度は渡りたい!? 寸又峡 夢の吊橋


県道60号線の井川トンネルを抜ければ、そこはもう井川ダムの堤体の上です。
pic_w01.jpg
1957年に完成したこのダムは、別名、井川五郎ダムとも呼ばれており
総貯水量1億5千万立方メートルを誇る、大井川水系では最大のダムとなります。


井川ダムへと訪れた最大の目的は、井川湖渡船に乗ることです。
pic_w02.jpg
ダムの裏から井川本村までを行き来する定期航路は、1日4便。


この航路で使用される船舶は、赤石丸。乗客定数20人の観光船です。
利用者が多いと乗れないこともあるため、早めに乗り場へ行きましょう。
pic_w03.jpg
井川本村まで、およそ15分の航路となりますが、驚くことに乗船料金は無料!
さらに井川ダム発の便の中では、お土産に缶バッジまで頂いてしまいました。


この他にも、本村から宮向まで渡る対岸交通(基本は1日1便。要望により随時運航)。
ダムから宮向まで渡る航路(団体利用のみで、要連絡)。
さらに、本村から井川大橋までをぐるっと回る周遊船などもあるようですが
基本的に乗る機会に恵まれているのが、この定期航路のみとなっています。


詳しい運行状況は、井川湖渡船のご案内を確認ください。
静岡市 HP:https://www.city.shizuoka.lg.jp/032_000005.html


こちらは、船の上から眺めた井川ダム堤体の内側の様子。
pic_w04.jpg


さらに、以前訪れた夢の吊橋も湖側から眺めることができます。
pic_w05.jpg
関連記事:【井川湖】湖畔に鎮座せし白き大仏【夢の吊橋】


普段は、なかなか見ることができないような景色を楽しんで、井川本村へ。


帰りの船の出港時間を待つ間、井川本村を巡ってみました。
pic_w06.jpg
まるで教会のようなこの建物は、南アルプスユネスコエコパーク井川ビジターセンター


以前は、えほんの郷と呼ばれていた建物です。
館内では世界中から集めた珍しい絵本が読めるほか、カフェでの食事、お土産の販売も行われています。


井川本村を巡っている最中、民家の屋根の上から野生の猿が飛び出してきました。
pic_w07.jpg
こんなシーンに遭遇できるのも、自然豊かな山の中ならではですね。


だた、やはり山奥なので、車でアクセスするには、急傾斜の道を進まなければならず大変です。
関連記事:【県道189号】臥龍橋から眺める権現滝【三ツ峰落合線】


運転が心配な方は、大井川鉄道を利用した、列車の旅をしてみるのもおすすめ。
pic_w08.jpg
ちょうど大井川鉄道 井川線の終点が、井川ダムの目の前にある井川駅となります。


大井川鉄道 HP:http://oigawa-railway.co.jp/abt


当初の予定とは異なってしまったものの、およそ2年ぶりに訪れた井川を満喫できて、充実した1日でした。
今年は11月下旬に、5日間ほど井川湖渡船が臨時運休するそうなので、船に乗れたのもラッキーでした。


井川へ訪れる際は井川湖渡船、おすすめです!(ただし、寒い時期の防寒対策は万全に)


ちなみに、井川ダムの駐車場は利用率が高いため、もし車がいっぱいの場合は
その裏手を上った先にある、井川展示館裏の広場を利用することができます。


井川ダム・井川駅 所在地:静岡県静岡市葵区井川
井川ビジターセンター 所在地:静岡県静岡市葵区井川964

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年11月22日
« 前の記事「【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】」へ
»次の記事「【県道189号】臥龍橋から眺める権現滝【三ツ峰落合線】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスのショーで活躍する海獣たち【水族館】
【東伊豆町】伊豆アニマルキングダムの生き物たち【動物園】
【静岡市】日本平動物園の生き物たち【動物園】
【沼津市】沼津港深海水族館の生き物たち【水族館/博物館】
【沼津市】あわしまマリンパークの生き物たち【水族館】
【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスの生き物たち【水族館】
【富士宮市】1年を通して楽しめる桜の公園【富士山さくらの園】
【富士宮市】5分で登れる富士山の景勝地【明星山公園】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集