海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【赤野観音堂】沼津に残る江戸時代のお堂

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月 8日

【赤野観音堂】沼津に残る江戸時代のお堂


【赤野観音堂】沼津に残る江戸時代のお堂

新年、あけましておめでとうございます。
静岡・富士特派員の、わや猫です。


先日、ドライブの途中で、気になる場所を見つけました。
せっかくなので、2020年最初は、初詣がてら、こちらを見ていきましょう。


アクセスは、新東名高速道路 駿河湾沼津スマートICより、車で5分。
新東名の上にかかった橋を渡ると、林の中に、その姿を現しました。


赤野観音堂あけのかんのんどう
akeno01.jpg
道をもう少し下った先にある、廣大寺こうだいじ)が管理している、お堂です。
廣大寺共々、駿河一国三十三観音の霊場および、伊豆駿河横道の札所となります。


その昔、この辺りが阿気野と呼ばれていた時代に、阿気大神を祀っていたのが名前の由来とのこと。


お堂は、江戸時代初期~中期の建築様式にて建てられたもので、その最大の特徴は、茅葺きの屋根。
akeno02.jpg
この屋根は、25年に1度の周期で葺き替えられるそうで、前回の葺き替えは平成6年。
それから四半世紀が過ぎて、そろそろまた葺き替え作業が行われる時期が来ています。


なお葺き替え費用は寄付から工面しているそうで、廣大寺にて、一口1,000円から志納を集っています。
もし興味があれば、廣大寺の方へと問い合わせてみてください。


廣大寺 住所:沼津市柳沢702
廣大寺 TEL:055-966-6056


また境内には、推定樹齢600年とされる赤野観音堂のカヤもありました。
akeno03.jpg
市の天然記念物に指定された、カヤの樹。お堂の前まで垂れ下がった枝が、その歴史を物語ります。


沼津市 HP:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/tennen/akeno.htm


ちなみに天然記念物は他に、樹齢700年のナギの樹もあったのですが、そちらは朽ちてしまったようです。
akeno06.jpg
そんな倒れたナギの幹の跡には、小さなお地蔵様が祀られていました。


お堂の裏にも、駿河三十三観音にまつわる無数の石仏が並んでいます。
akeno04.jpg

最後に、赤野観音堂の北に位置するゴルフ場の前から、茶畑越しに沼津の景色を眺めました。
akeno05.jpg
この辺りは景色の良い場所が多いので、晴れた日のドライブにもオススメです。


沼津市 HP:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/shisei/profile/bunkazai/jiinn/koudai.htm

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年1月 8日
« 前の記事「【テラスイルミラージュ】沼津駅徒歩5分のレストラン」へ
»次の記事「【沼津】白隠禅師と法螺貝の伝説が残る石【八畳石】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【富士市】岩本山公園の梅園が見頃です。
【富士宮】期間限定!イチゴの自動販売機
【富士宮】大晦日に轟く太鼓の音【芭蕉天神宮】
【ららぽーと沼津】買い物がてらに肉を食う【いしがまやハンバーグ】
【ららぽーと沼津】水槽を見ながら食べる海鮮丼【佐政】
【沼津】白隠禅師と法螺貝の伝説が残る石【八畳石】
【赤野観音堂】沼津に残る江戸時代のお堂
【テラスイルミラージュ】沼津駅徒歩5分のレストラン

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集