海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスの生き物たち【水...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月25日

【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスの生き物たち【水族館】


【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスの生き物たち【水族館】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


2020年3月21により営業再開していた伊豆・三津シーパラダイスですが、新型コロナウイルスの影響により、再び4月13日より臨時休業となっています。
関連記事:【伊豆・三津シーパラダイス】今年も、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれたよ!


みとしー以外に、各地の動物園や水族館も、同様の休業を余儀なくされている状況が続いているかと思います。
そこで、そんな動物園や水族館を応援する意味を込めて、これからしばらくの間、今まで僕が撮影してきた動物園・水族館の生き物の画像を、ここで掲載していきたいと思います。


気になった生き物がいたら、ぜひ今回の事態が収束し営業再開された際に、動物園・水族館へと足を運んでみてください。


第1回目となる今回は、僕が年間パスポートを作って、ここ1年間、通い詰めた伊豆・三津シーパラダイスから。
関連記事:その歴史、日本じゃあ二番目だ。【伊豆・三津シーパラダイス】


トゲヨウジ
mitoshi01.jpg
ヨウジウオの仲間の中でも、尾ビレが無いのが特徴的な種で、関東~九州の太平洋岸、琉球列島で見られます。
タツノオトシゴのように海藻などに尾を巻きつけて体を固定する習性があります。


カイカムリ
mitoshi02.jpg
うしろの2対の脚を使って、貝殻などを背負って身を守るカニです。
日本では、北は北海道から、南は鹿児島県まで、広く分布しています。
同様の習性をもつホモラというカニもいるので、そちらもチェックしてみてください。


オオアカヒトデ
mitoshi03.jpg
長さ60cmにもなる、国内最大級のヒトデの仲間で、房総半島より南西の太平洋でよく見られます。
肉食性ですが動きは遅く狩りができないので、魚などの死骸を食べる海のお掃除屋さんの一員です。


ハナデンシャ
mitoshi04.jpg
体長15cmほどの大型のウミウシですが、生きた個体は滅多に捕獲されないという珍しい種となります。
刺激を受けると青白く発行する習性をもつそうですが、捕獲数が少ないため、その生態は謎につつまれています。


イッテンアカタチ
mitoshi05.jpg
背ビレに1点の黒い斑紋がある、赤くて体の長い魚です。中部より西側の海に生息しています。
似た魚にスミツキアカタチという種もいますが、どちらも生きている姿を見れるのはけっこうめずらしいようです。


以上、個性派ぞろいの5種となります。
どの種も普段は、なかなか見ることのない生き物ばかりではないでしょうか?


今回ご紹介させていただいた生き物が、必ず展示されているわけではありませんが、ほかにもたくさん珍しい生き物がいます。
新型コロナウイルスが収束し営業再開されたあかつきには、ぜひこれらの生き物たちに会いに、みとしーへ行ってみてくださいね。


■伊豆・三津シーパラダイス
・URL: http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
・住所: 静岡県沼津市内浦長浜3-1
・TEL: 055-943-2331

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年4月25日
« 前の記事「【富士宮市】1年を通して楽しめる桜の公園【富士山さくらの園】」へ
»次の記事「【沼津市】あわしまマリンパークの生き物たち【水族館】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【沼津市】今年生まれた妹アザラシのその後【伊豆・三津シーパラダイス】
【下田市】下田海中水族館の生き物たち【水族館】
【沼津市】ゴマフアザラシの子供の名前が決まりました【伊豆・三津シーパラダイス】
【沼津市】あわしまマリンパーク カエル館の生き物たち【水族館】
【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスのショーで活躍する海獣たち【水族館】
【東伊豆町】伊豆アニマルキングダムの生き物たち【動物園】
【静岡市】日本平動物園の生き物たち【動物園】
【沼津市】沼津港深海水族館の生き物たち【水族館/博物館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集