海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【下田市】下田海中水族館の生き物たち【水族館】

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月25日

【下田市】下田海中水族館の生き物たち【水族館】


【下田市】下田海中水族館の生き物たち【水族館】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


僕は、ここ10年ほどで、さまざまな水族館や動物園へと訪れるようになりました。
そんななかでも、一番最初に訪れたのが、この下田海中水族館となります。


とはいえ、そんな下田海中水族館へと訪れたのは、2011年の1度だけ。
なので今回掲載する生き物の画像も、その当時に撮影したものです。


ハナミノカサゴ
simosui01.jpg
ミノカサゴによく似た魚ですが、より模様がハッキリとしていて鮮やかな種です。
アゴの下からお腹にも模様がある点や、尾ビレに均一に入った黒い斑模様で見分けることができます。


トラザメ
simosui02.jpg
日本近海の海の底に生息している、小型でおとなしいサメの仲間です。
袋状の変わった卵を生むということで、その卵と共に展示されていました。


ネコザメ
simosui03.jpg
こちらもトラザメ同様に、日本近海の海底に生息し、螺旋状の変わった形の卵を生むサメです。
タッチ水槽で提示されていたため実際に触ることができ、ザラザラの鮫肌を体感することができました。


キングペンギン
simosui04.jpg
エンペラーペンギンに次いで大きいとされるのが、このキングペンギンです。
以前は伊豆・三津シーパラダイスにもいましたが、現在は下田海中水族館まで行かなければ見られないようです。


ゴマフアザラシ
simosui05.jpg
アザラシ館のショーで活躍していた、ハルキチサクラココハルという3頭のゴマフアザラシです。
この頃は、まだコハルは練習中でした。サクラコは、のちに五郎丸ポーズをするアザラシとして有名になります。
サクラコと共にショーを盛り上げてくれたハルキチは、残念ながら2019年に亡くなってしまったそうです。


現在、dポイントクラブの、4thステージ以上の会員が利用できるスペシャルクーポン にて
下田海中水族館の入場券を、半額以下の価格で入手することができます(有効期限:2020年10月31日)。


僕も、この機会を利用して、9年ぶりとなる下田海中水族館へ、ふたたび行ってみたいと思います。


■下田海中水族館
・URL: https://shimoda-aquarium.com/
・住所: 静岡県下田市3-22-31
・TEL: 0558-22-3567

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年6月25日
« 前の記事「【沼津市】ゴマフアザラシの子供の名前が決まりました【伊豆・三津シーパラダイス】」へ
»次の記事「【沼津市】今年生まれた妹アザラシのその後【伊豆・三津シーパラダイス】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆の国市】四季と景色を楽しむ葛城山の公園【伊豆パノラマパーク】
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
富士の名瀑!白糸・音止
一生に一度は渡りたい!?寸又峡 夢の吊橋
【KawaZoo】河津に誕生!日本最大のカエル専門施設!
深海への窓口!?沼津港深海水族館

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集