海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【日本平動物園】ここ10年で変わったもの、変わらな...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月10日

【日本平動物園】ここ10年で変わったもの、変わらないもの【静岡市】


【日本平動物園】ここ10年で変わったもの、変わらないもの【静岡市】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


マレーバクの赤ちゃんが誕生したことをきっかけに、ひさしぶりに訪れた日本平動物園


関連ブログ:【静岡市】日本平動物園でマレーバクの赤ちゃん誕生!【動物園】
     :【静岡市】マレーバクの赤ちゃんの名前が決まりました【日本平動物園】


2011年に訪れた時には、まだ建設中だったエントランスゲートに、レッサーパンダ館や、ペンギン館
さらには、オランウータン館や、草食獣舎といった新施設までが、新たに誕生していました。


関連ブログ:【静岡市】日本平動物園の生き物たち【動物園】


また今年2020年の7月には、猛獣館299にいたオスのライオンキングが、20歳で亡くなってしまったそうです。
nichizoo01.jpg
猛獣館にいるライオンは現在、マッチと、ムールという2頭のメスの個体のみとなります。


このように、ここ10年ほどの間に、日本平動物園にさまざま々な変化がありました。
そこで今回は、そんな日本平動物園の動物たちの、変わった点・変わらない点を取り上げてみましょう。


まずは、アジアゾウの、ダンボと、シャンティ
nichizoo02.jpg
ダンボが今年で54歳。シャンティが51歳になりましたが、以前と変わらず元気そうでした。


変わらないという点では、シロサイの、タロウと、サイコも同じでしょう。
nichizoo03.jpg
この2頭も、もう40歳近くになります。アジアゾウともども、長生きして欲しいものです。


一方キリンは、以前飼育されていたマサイキリンから、アミメキリンへと変わっていました。
nichizoo04.jpg
マサイキリンは国内飼育数が少ないことから、より個体数の多いアミメキリンを飼育することにしたそうです。
なお日本平動物園で最後に生まれたマサイキリンのハートは、鹿児島県の平川動物園へと婿入りしました。


そして、アメリカバイソンも以前は3頭いたのですが、現在は1頭だけとなっていました。
nichizoo05.jpg
現在飼育されているモモは、1993年生まれの27歳と、国内最高齢記録を更新中です。
ぜひ今後も元気に長生きして、この記録を更新していって欲しいですね。
※残念ながら翌年5月26日に、28歳にて亡くなってしまいました。


最後に、ジャガーは以前にも書きましたが、卯月小助と、小梅(クロジャガー)の2頭に変わりました。
以前いたアラシ(クロジャガー)とキコとは、オスメスで毛色が逆になったところが、大きな違いでしょう。

ちなみに、こちらの動画は、プレーヤーの字幕設定をONにすると解説字幕が表示されます。


以上、一部だけではありますが、日本平動物園のここ10年間での移り変わりでした。
いまあるものは、いまあるうちに確認して、また次の10年間での変化に備えておきたいと思います。


■日本平動物園
・URL: https://www.nhdzoo.jp/
・住所: 静岡県静岡市駿河区池田1767-6
・TEL: 054-262-3251
・開園時間: 9:00~16:30(入園は16:00まで)
・休園日: 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年9月10日
« 前の記事「【静岡市】マレーバクの赤ちゃんの名前が決まりました【日本平動物園】」へ
»次の記事「【富士市】タイトルそのまま富士と港の見える公園【田子の浦仏舎利塔】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆の国市】四季と景色を楽しむ葛城山の公園【伊豆パノラマパーク】
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【宗像神社】清水区興津の珍名所【女体の森】
【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】
【赤淵川】富士に流れる幻の滝めぐり【水神】
幕末に花咲いた原の植物園【帯笑園】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集