海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【梅ヶ島七滝】3つの吊り橋を越えて安倍の大滝へ【日...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月21日

【梅ヶ島七滝】3つの吊り橋を越えて安倍の大滝へ【日本の滝百選】


【梅ヶ島七滝】3つの吊り橋を越えて安倍の大滝へ【日本の滝百選】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


静岡市葵区の山間部に位置する、梅ヶ島
温泉地として有名なこの地を流れる7つの滝、通称梅ヶ島七滝


関連ブログ:【梅ヶ島七滝】滝と紅葉の梅ヶ島【三段の滝】
関連ブログ:【梅ヶ島七滝】温泉の源泉とともに流れる湯滝【おゆのふるさと公園】


今回は、旅館や民宿が建ち並ぶエリアより、少し離れた場所にある滝へと向かいましょう。


そのスタート地点となるのが、安倍大滝入口というバス停。
梅ヶ島の無料駐車場からだと、800mほど梅ヶ島街道を南下した場所に位置しています。
また有料となりますが、ここにあるよしとみ荘や、華の湯の駐車場を利用することもできます。


このスタート地点から、安倍川にかけられているのが大滝1号橋
abn01.jpg
ここから約1.2kmのハイキングコースを歩くのですが、その道中にはこの橋を含め計3つの吊り橋があります。


そんな3つの吊り橋の中でも、2番目に登場する大滝2号橋は、レベルが違いました。
abn02.jpg
定員1名の本格的な吊り橋なので、そもそも吊り橋が苦手な人はここでリタイアせざるを得ません。
スタート地点から、そう離れていない場所にかかっているということが、せめてもの救いでしょうか。


また吊り橋のほかにも、ハイキングコースには橋がかけられた箇所がいくつかあります。
abn03.jpg
土砂崩れなどがおこった跡など、危険な場所もあるので通行する際には注意しましょう。


3番目の吊り橋、大滝3号橋は、残り200mの地点にかけられていました。
abn04.jpg
こちらの吊り橋は、2017年に完成したものなのでまだ新しい橋です。
2号橋を越えたあとだと、普通の橋と変わらない感覚で渡れることでしょう。


それらを越えてようやく到着するのが、この安倍の大滝となります。
abn05.jpg
梅ヶ島七滝の中でも最も大きな滝で、日本の滝百選のうちのひとつにも選ばれた滝です。


関連ブログ:富士の名瀑!白糸・音止


およそ1.2kmの山道を歩かなければ見ることはできませんが、見に来るだけの価値のある滝でした。



コース自体は、しっかり整備がされているので、淡々と進めば20~30分で到着できると思います。
とはいえ、やはり自然のなかを歩くため、安倍の大滝へと訪れる際は十分お気をつけください。


■安倍の大滝
・URL:  https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=318
・住所:  静岡県静岡市葵区梅ヶ島

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年11月21日
« 前の記事「【梅ヶ島七滝】温泉の源泉とともに流れる湯滝【おゆのふるさと公園】」へ
静岡・富士特派員 新着記事
【梅ヶ島七滝】3つの吊り橋を越えて安倍の大滝へ【日本の滝百選】
【梅ヶ島七滝】温泉の源泉とともに流れる湯滝【おゆのふるさと公園】
【梅ヶ島七滝】滝と紅葉の梅ヶ島【三段の滝】
【下田市】吊り橋でわたる小島の神社【雁島】
【下田市】入り江の中の水族館【下田海中水族館】
【川根本町】8つの橋を巡る八橋小道【接岨峡】
【富士宮市】源頼朝が見つけた太鼓石が祀られたお寺【遠照寺】
【富士宮市】源頼朝の伝説が残る滝【陣馬の滝】
1年前の同じ月に投稿された記事
【県道189号】臥龍橋から眺める権現滝【三ツ峰落合線】
【オクシズ】山奥の湖を渡る無料観光船に乗ろう!【井川ダム】
【伊豆・三津シーパラダイス】新感覚展示エリア【ペンパラ】
沼津にOPEN! 県下最大級の商業施設【ららぽーと沼津】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集