海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【静岡市】は虫類館は今年で誕生10周年【日本平動物...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月14日

【静岡市】は虫類館は今年で誕生10周年【日本平動物園】


【静岡市】は虫類館は今年で誕生10周年【日本平動物園】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


気づけばここ最近、日本平動物園関連のブログが続いていますが、それだけ規模が大きく、話題に尽きない場所ということで、もうしばらくお付き合いください。


さて今回は、そんな日本平動物園の施設の中から、は虫類館を見ていきます。
hatyu-1.jpg
こちらの施設も、コロナ対策の一環にて、ここ1年間は閉鎖されていました。
それが熱帯鳥類館や夜行性動物と同様に、5月より再オープンしています。


関連ブログ:【静岡市】熱帯鳥類館と日本で唯一見る事ができる鳥【日本平動物園】
関連ブログ:【静岡市】夜行性動物館という暗闇の世界【日本平動物園】


は虫類館が建設されたのは2011年と、比較的に新しい建物で、今年2021年でちょうど10年が経ちました。


建物内部は4つのエリアに分けられ、中でもメインとなるのが、最初の温帯・熱帯雨林ゾーン。
hatyu-2.jpg
建物内の、およそ半分が、この温帯・熱帯雨林ゾーンで占められています。


世界最大の蛇であるオオアナコンダや、ワニの仲間のクチヒロカイマンも、このエリアにいます。
hatyu-3.jpg
水面から顔を出しているワニが、こんな立った状態だったなんて。なんだかイメージと違って驚きです。


そんなワニの水槽の手前にいたのは、テキサスラットスネークの白変種(リューシスティック)。
hatyu-4.jpg
日本では古くから、神や、その使いという神聖な存在として崇められてきた白蛇。
確かに、その白く美しい姿からは、神々しさすらも感じられるかもしれませんね。


続く2つ目のエリア、草原・乾燥帯ゾーン。
こちらのエリアは、部屋の大部分が、カメたちの運動場になっています。
hatyu-5.jpg
運動場の周囲をめぐる上の段には、ホウシャガメと、ヒョウモンガメが。下の段には、ケヅメリクガメアカアシガメキアシガメという亀がともに過ごしていました。


この運動場は建物の外からものぞけるので、虫類館が閉館しているときでも、その様子が確認できます。


草原・乾燥帯ゾーンの先は、ワニガメや、カミツキガメが展示されている、水辺・水中ゾーン。
hatyu-7.jpg
このエリアは水槽の数こそ4つと少ないですが、いずれも大きな水棲のカメなので迫力があります。


そして出口の前にある日本産ゾーンにて、は虫類館は終了です。
日本産ゾーンでは、8つの小型水槽に、日本の在来種たちが展示されています。


しかしいままで見てきた爬虫類と比べて小さい種となるため、はっきり言って地味です。
そもそも隠れていることも多いので、その姿をちゃんと見ることができればラッキーなくらいでしょう。


そんな中から代表して、ニホンヤモリくんが登場。尻尾は自切したのか、切れて短くなっていました。
hatyu-6.jpg
ちなみに、家を守るヤモリは爬虫類ですが、井戸を守るイモリは両生類に分類される生き物となります。


あと日本産ゾーンには爬虫類ではないのですが、スジエビモツゴのいる水槽もありました。
出口の外には、ニホンイシガメと、クサガメの住む池もあるので、そちらの確認もお忘れなく。


展示されている生き物は約50種と、熱帯鳥類館や夜行性動物館以上にボリュームがあるのは虫類館。
特に温帯・熱帯雨林ゾーンは室温が高く暑いので、熱中しすぎて熱中症にならぬよう、お気をつけください。


■日本平動物園
・住所: 静岡県静岡市駿河区池田1767-6
・TEL: 054-262-3251
・開園時間: 9:00~16:30(入園は16:00まで)
・休園日: 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日
・URL: https://www.nhdzoo.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年6月14日
« 前の記事「【静岡市】ワラビーの子育て奮闘記【日本平動物園】」へ
»次の記事「【御殿場市】富士山の溶岩流によって形成された巨大な洞窟【駒門風穴】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
【富士市】岩本山の麓に祀られた、もうひとつのおしゃもっさん
【富士市】丘の上から市内を見下ろす古墳時代後期の円墳【琴平古墳】
【富士市】丘の上から市内を見下ろす前方後円墳【浅間古墳】
【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさん】
【静岡市】砂浜に打ち上げられた難破船【広野海岸公園】
【静岡市】フライングメガドームも今年で誕生10周年【日本平動物園】
1年前の同じ月に投稿された記事
【下田市】下田海中水族館の生き物たち【水族館】
【沼津市】ゴマフアザラシの子供の名前が決まりました【伊豆・三津シーパラダイス】
【沼津市】あわしまマリンパーク カエル館の生き物たち【水族館】
【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスのショーで活躍する海獣たち【水族館】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集