海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【徳島市】町なかを巡る遊覧船に乗ろう【ひょうたん島...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月 8日

【徳島市】町なかを巡る遊覧船に乗ろう【ひょうたん島クルーズ】


【徳島市】町なかを巡る遊覧船に乗ろう【ひょうたん島クルーズ】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


徳島県の県庁所在地である、徳島市
町の中心となる徳島駅周辺は、いくつもの川に囲まれているため、水の郷としても有名です。


そんな徳島駅が位置している約1.5平方キロメートルの中洲は、その形からひょうたん島と呼ばれ、NPO法人の運営する観光遊覧船に乗って、クルージングを体験することができます。


僕自身も、もう10年ほど前となりますが、このひょうたん島クルーズに乗る機会がありました。
hyotan-1.jpg
最近ふと、ひょうたん島クルーズのことを思い出し、現在はどうなっているのか気になって調べたので、今回はその当時の様子を交えつつ、紹介させていただく出張版となります。


船の乗り場があるのは、ひょうたん島の南側を流れる新町川に掛かった、両国橋の横。
hyotan-2.jpg
ここから出発し、ひょうたん島の周囲およそ6kmを、30分かけて巡る船の旅となります。


乗船料は、保険料として300円(子供は150円)が徴収されます。
僕が乗った当時は100円だったので少し値上げされたようですが、それでも安いことに変わりありません。


また2017年には、イオンモール徳島から出発する遊覧船も誕生。こちらは大人500円、子供250円となります。
さらに2018年にできた徳島新鮮なっとく市から、約12kmを40分かけて巡る1000円の航路も加わったようです。


さて話を戻して、両国橋の船乗り場より。
乗船する船は、定員12名の屋根のないボートです。
hyotan-3.jpg
しかし双胴船となっているため、揺れの少ない安定した航行を楽しむことができました。


航路の途中、いくつもの橋の下をくぐって通過していくこととなります。
hyotan-4.jpg
頭のすぐ上を通り過ぎていく橋。屋根がついていない船を採用しているのも納得ですね。


中洲南側を流れる新町川から、北側を流れる助任川へ入って、しばらくすると徳島中央公園があります。
hyotan-5.jpg
このときは、ちょうど川沿いに植えられていた桜の木の花が満開でした。
この頃からすでに10年以上が経過しているので、この桜の木も、いまではもっと大きく成長していることでしょう。


公園の先から、ひょうたん島をぐるっと回り込んで、再び新町川へ。
hyotan-6.jpg
こちらには徳島県庁に、徳島県警察本部といった建物が建ち並んでいます。
また川から正面には、標高280mの眉山も、そびえ立っているのが見えました。


普段は、なかなか見れるような機会の無い、川からの景色。
それをお手軽に体験できるのが、この、ひょうたん島クルーズの魅力です。


だたひとつ注意点として、船には風をさえぎるものがないので、季節によっては防寒対策が必要となります。
僕が乗船した4月でも、かなり風が冷たかったので、風を通さないよう装備を万全に整えましょう。


徳島へと訪れた際には、ぜひ、ひょうたん島クルーズをお楽しみください。


■ひょうたん島クルーズ
・住所: 徳島県徳島市幸町2丁目(両国橋乗り場)
・TEL:  090-3783-2084(新町川を守る会)
・URL: https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/shimin_isan/city/027.html  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年7月 8日
« 前の記事「【松崎町】伊豆石の採掘によって誕生した洞窟【室岩洞】」へ
»次の記事「【清水区】ざんねんないきもの事典がやって来た【エスパルスドリームプラザ】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【伊豆の国市】四季と景色を楽しむ葛城山の公園【伊豆パノラマパーク】
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【河津町】KawaZooの生き物たち【カエル館】
【沼津市】みとしーの水族館グルメ【伊豆・三津シーパラダイス】
【伊東市】池の水を抜いても捕獲できない外来生物がいた【一碧湖】
【沼津市】今年生まれた妹アザラシのその後【伊豆・三津シーパラダイス】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集