海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【静岡市】砂浜に打ち上げられた難破船【広野海岸公園...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月29日

【静岡市】砂浜に打ち上げられた難破船【広野海岸公園】


【静岡市】砂浜に打ち上げられた難破船【広野海岸公園】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


ロシア軍艦ディアナ号のレプリカが完成し、あらためて見に訪れた、ふじのくに田子の浦みなと公園。
関連ブログ:【富士市】ふじのくに田子の浦みなと公園【富士山ドラゴンタワーとディアナ号】


実は静岡県内には、もう1ヵ所。
同じように海岸線沿いに造られ、なおかつ園内に船があるという特徴をもった公園が静岡市に存在します。


静岡市駿河区にある用宗漁港。※用宗と書いて「もちむね」と読みます。
その東岸から海沿いの方へ進んでいくと到着するのが、ここ広野海岸公園
hirono-1.jpg
東西に、およそ700mほど整備された公園で、その両端に、それぞれ駐車場が整備されてありました。
入口側の第2駐車場は、113台。公園奥の第1駐車場には、107台分の駐車スペースが確保されています。


そんな第1駐車場より。用宗漁港の方へ向かって園内を西へ進んでいくと、まずあるのが多目的広場
hirono-2.jpg
こちらは広い芝生地帯となっており、隅の方には野外ステージも設置されてありました。
海からの強風の影響で、ヤシの木の葉が、みんななびいてしまっているのが印象的です。


芝生地帯を抜けると、今度は砂浜が整備された遊具広場へと到着。
ここにあるのが、この公園のシンボルとなっている帆船遊具
hirono-3.jpg
ディアナ号が資料館だったのに対し、こちらは大破した難破船をイメージした、アスレチックになります。
しかし驚くのは、そのクオリティ。まるで本物の船が打ち上げられているのかと思うほどの作り込みです。


帆船遊具のほかにも、このエリアには漁礁遊具など、さまざまなアスレチックがありました。
またギネスにも登録された、あの国民的アニメキャラクターの石像も点在しています。


帆船遊具の裏には、ジャブジャブ池という階段状に造られた滝もあります。
hirono-4.jpg
ここでは自由に水遊びができるので、ちょうど今のような暑い時期には涼しげでいいですね。


遊具広場から、さらに先は見晴し山という海抜16.2mの小高い丘となります。
hirono-5.jpg
見晴し山の頂上にたつ岩には、帆船遊具を覗き見れる穴が開けられていました。


そんな小さな山を越えると、西エントランス広場へと到着。
hirono-6.jpg
ここには土日祝日限定で営業している売店があり、軽食をとることもできるようです。
※緊急事態宣言により、2021年8月20日~9月12日の期間中は臨時休業。


西エントランス広場をすぎると、第2駐車場から管理棟へ到着し、園内巡りは終了となります。


また公園にそった海辺は釣り護岸として整備されており、クロダイなども釣れるとのこと。
hirono-7.jpg
アスレチックから、水遊び。さらに釣りをするのにも最適な環境が整えられている、いい公園でした。


難破船型のアスレチックを見に訪れるだけでも、じゅうぶん楽しめる場所だと思います。
ただし海が近いので、風が強い日に訪れるさいは飛ばされないよう、お気をつけください。


■広野海岸公園
・URL: https://www.city.shizuoka.lg.jp/000_004417.html
・住所: 静岡県静岡市駿河区広野海岸通1番地
・開園時間: 6:00~21:00(冬季は20時まで)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年8月29日
« 前の記事「【静岡市】フライングメガドームも今年で誕生10周年【日本平動物園】」へ
»次の記事「【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさん】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
東京スカイツリーに全集中!鬼滅の刃コラボイベント【天空への願い】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【富士市】200鉢以上の蓮が咲くお寺【代通寺】
【沼津市】納涼!ドルフィンザブーン!!【伊豆・三津シーパラダイス】
【富士市】期間限定で登場!富士川楽座の水族館【体験館どんぶら】
【静岡市】日本平動物園でマレーバクの赤ちゃん誕生!【動物園】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集