海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 静岡・富士特派員ブログ > 【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさ...

日本国内/静岡・富士特派員ブログ わや猫

日本国内・静岡・富士特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月13日

【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさん】


【富士市】岳南電車の終着駅からの散策【おしゃもっさん】

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


静岡県富士市を走る私鉄、岳南電車
今回は、その終点となる岳南江尾駅より、おしゃもっさんへと向かって歩いてみました。
osya-1.jpg
岳南江尾駅は、いままで近くを通ることはあっても、実際に立ち寄るのは、これが初めてとなります。
以前は岳南鉄道と呼ばれていたので、昔から接している人には、そちらの名前の方が慣れているでしょうか。


さて今回目指す「おしゃもっさん」ですが、まず駅から北へ向かって進みます。
すると、マックスバリュ富士江尾店の裏で静岡県道22号三島富士線。通称、根方街道へぶつかります。
osya-2.jpg
ここに、一見すると普通の民家にしか見えないカフェ、おうちカフェ花みずきというお店がありました。
現在は新型コロナ対策にて休業していましたが、散策途中の一休みで立ち寄るのによさそうなお店です。


関連記事:https://www.at-s.com/gourmet/article/cafe/cafe/353096.html


そんな花みずきより、根方街道を東へ向かって進んで行くと、すぐにY字の分岐地点があります。
根方街道は、そのまま右の道へ続いていきますが、おしゃもっさんへは左側の路地へ曲がって進みましょう。
osya-3.jpg
すると小さな川を越えてすぐの場所に、北辰妙見大菩薩と記された建物がありました。
見た目は小さな小屋ですが、入口に鈴緒がつけられていたので気づくことができました。


そんな妙見菩薩様の社から、ふたつ目の左への分岐を曲がって裏路地へ進むと、おしゃもっさんへと到着です。
こちらも、よく見るような祠なのですが、すぐ脇に「一万歩史話と伝説の里Bコース」の案内板があります。
osya-5.jpg
そもそも、おしゃもっさんとは何か?というと。
昔、年貢の取り立てを行うべく土地の測量を行う際に使用していた、お尺持ちという間竿が由来だそうです。
その測量は非常に厳しく、測り間違いがあると打ち首になったほどで、そのためお尺を大切に祀ったのだとか。


そんなおしゃもっさんですが、ひとつ残念なのは、その所以が記された説明板が近くになかったことでしょう。
ただその代わりと言ってはなんですが、すぐ隣にかなり樹齢を刻んだと思われる大木が生えていました。
osya-4.jpg
むしろ、おしゃもっさんよりも、こちらの大木の方が存在感を放っているくらいです。
また祠の前の柵で囲まれた場所には、湧き水も流れていました。


最後に、おしゃもっさんから路地を少し西へ進んだ先にある、飯綱神社へ。
osya-6.jpg
こちらには崇神天皇によって派遣された東海将軍、武渟川別が建てたという由緒があるようです。


こんな感じで、今回は岳南江尾駅より江尾地区の散策を行いましたが、須津まちづくりセンターからスタートする史跡と伝説の里ハイキングコース(Bコース:全長6.7km)を巡ってみるのもいいかもしれませんね。


■おしゃもっさん
・URL: https://photo.city.fuji.shizuoka.jp/kouhou/kiji/101110705_0736_11.htm
・住所: 静岡県富士市江尾

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年9月13日
« 前の記事「【静岡市】砂浜に打ち上げられた難破船【広野海岸公園】」へ
»次の記事「【富士市】丘の上から市内を見下ろす前方後円墳【浅間古墳】」 へ
静岡・富士特派員 新着記事
【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】
【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】
東京スカイツリーに全集中!鬼滅の刃コラボイベント【天空への願い】
【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】
【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】
【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】
【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】
1年前の同じ月に投稿された記事
【富士市】富士川楽座の水族館がハロウィン仕様へ【体験館どんぶら】
【富士市】タイトルそのまま富士と港の見える公園【田子の浦仏舎利塔】
【日本平動物園】ここ10年で変わったもの、変わらないもの【静岡市】
【静岡市】マレーバクの赤ちゃんの名前が決まりました【日本平動物園】

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■静岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 静岡・富士特派員

    静岡・富士特派員
    わや猫
    日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集