海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福井特派員ブログ > 福井鉄道・神明駅 寿司とラーメンとホルモンと

日本国内/福井特派員ブログ 四ツ葉来

日本国内・福井特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月20日

福井鉄道・神明駅 寿司とラーメンとホルモンと


メール プリント もっと見る

福井鉄道・神明駅 寿司とラーメンとホルモンと

DSC00013.jpg


福井に来たばかりの頃は、
それこそ観光気分で週末のたびにガイドブック片手に色々出歩いていたのだけれど、
一番驚いたのは海岸沿いの人気食堂で、
隣に座っていた男性が「握り寿司」と「ラーメン」を食べていたことだった。


何となく、寿司と「うどん」や「そば」ならピンとくるのだけれど、
寿司と「ラーメン」ってあうのかな、
そんな風に思いつつ、僕は隣で海鮮丼を食べたのだった。


考えてみれば回転寿司屋でもラーメンがあるくらいだから、
もしかすれば珍しくないのかもしれない。
全国各地、いろんな食べ合わせがある。


関西人の僕が18の時富山で就職して、
「お好み焼き」と「ごはん」
「焼きそば」と「ごはん」を食べていたらよく怪訝な顔をされた。


さらに僕の実家の朝食は「トースト」と「味噌汁」だった。
家を出るまでみんなそうだと信じていた。
だからそうじゃないと知った時は少しばかりショックだった。


で、「握り寿司」と「ラーメン」である。
この組み合わせは海岸沿いの食堂以来目にすることがなかったのだけれど、
福井市のお隣、鯖江市にこの組み合わせが人気の食堂があることを知った。

DSC00191.jpg

福井駅へ。
目指すお店は福井鉄道の沿線にあるもので、
当然福井鉄道に乗ればよく、
JRの福井駅前にある電停から「越前武生」行きの電車に乗ればいいのだけれど、
福井鉄道の福井駅は本線から外れた「ヒゲ線」と呼ばれる支線の末端部にあり、
実はそれほ電車の本数が多い訳ではない。


そんなもので僕はいつも5分ほど歩いて「市役所前」駅から乗ることが多い。


DSC00411.jpg


急行電車に揺られること約22分で鯖江市にある神明駅に到着。
この駅には夏になると多くの「風鈴」が飾り付けられる。
「チリン」「チリン」と響く音が、いつ聴いても何とも心地いい。


DSC00439.jpg


余談ですが、福井鉄道の利用者は、
神明駅近くにある温泉「神明苑」の入浴割引券をもらえます(笑)


神明駅から住宅街の中を北西の方角を目指して歩くと、
現れるのが「白樺」さん。
こちらは鯖江市民の方に絶大な人気を誇る「ホルモン」のお店。


20160711090101.jpg


さらに住宅街の中を進む。
目指す「丹波や」さんは林を背にした住宅街の中に、
ひっそりとある。


20160711090155.jpg


こちらのお店、入り口が2つあり、
手前が寿司屋、奥が食堂となっている。
一般庶民の僕には何となく寿司屋の方に抵抗があり、
食堂側ののれんをくぐる。


こちらはいかにも大衆食堂といった感じで、
メニューを眺めれば麺類から丼、カレーに至るまで何でもあるのだけれど、
ほとんどの方が食べているのが「寿司」と「ラーメン」のセットだ。
寿司は「握り」だけでなく「ちらし」や「巻」「バッテラ」などいろいろ選べる。


今回は奮発して「握り」と「ラーメン」のセットを注文。


ほどなくして膳が配されると、
とても「ラーメン」とは思えない、また「中華そば」とも違う、
何とも柔らかい「出汁」の香りがする。
握り寿司が「下駄?」に載っているのも何だか嬉しい。


DSC09752.jpg


スープを一口。
うん、やはりスープという「出汁」だ。
細麺があっさりした出汁によく絡む。


握り寿司も、、、
正統派の「握り」だ。
シャリとネタのバランスも申し分ない。
日頃は回転寿司ばかり行ってるから(涙)
ちゃんとした「握り」って別物なんだな、とつくづく感じる。


DSC09753.jpg


そして、この寿司の邪魔をしないのがラーメンなのだった。


流行りの「濃い」味のラーメンに慣れた方には物足りなく感じるかもしれないけれど、
寿司と一緒に食すにはちょうどいい味わいの一品。


普段は年齢的なことも考えて、
ラーメンのスープを飲み干すことは控えているのだけど、
ついつい最後の一滴まで飲み干してしまう。
ふう、幸せ。


20160711090708.jpg


ごちそうさまでした。


後は再び電車に乗って福井に帰るだけ、
なんだけど、
「丹波や」さんから神明駅に向かうと、
当然「白樺」さんの前を通ることになる。


「白樺」さんは昼間も営業しているもので、
店の周囲には何とも食欲をそそる肉とタレの香りが漂っているのだった。
おまけに目の前は交差点なもので、
信号待ちがある。


さっき食べたばかりなのに、
「ホルモンとビールくらいならいけるかな」
などとつい余計なことを考えてしまう。
どうも酒飲みにとっては「関所」みたいな場所だ。


ああ、どうしようか、ああ、どうしようか、、、、


DSC06226-b9ad0.jpg


ちなみに白樺さんに行く際は作業着がいいかと思われます(笑)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年7月20日
« 前の記事「福井の市場で朝食を」へ
»次の記事「週末は福鉄電車に乗って」 へ
おすすめ記事
    福井特派員 新着記事
    週末は福鉄電車に乗って
    福井鉄道・神明駅 寿司とラーメンとホルモンと
    福井の市場で朝食を
    自動改札もICカードもないけれど
    ヨソモノから見た福井

    北陸旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福井県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 福井特派員

      福井特派員
      四ツ葉来
      兵庫県出身、2014年より福井市在住。鉄道やバスなどの公共交通と昼酒をこよなく愛し、日頃からカメラ片手に近隣の町をウロウロ徘徊中。福井はあまりメディアに取り上げられることはないかもしれないけれど、ヨソモノから見れば様々な文化が入り混じった非常に魅力的な地域です。そんな福井の一面をお伝えできれば、と思っています。
      ブログ「北陸徘徊人」 DISQUS ID @ disqus_GczOaQAVD0

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集