海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/福岡特派員ブログ

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。『地球の歩き方』福岡特派員のDukeです。今日は、福岡県の紅葉名所の続きで、北九州市門司区にある白野江植物公園を紹介します。もともと「四季の丘」という名の民間の植物園だった白野江植物公園ですが、その後、北九州市が管理することとなり、1996(平成8)年に北九州市唯一の花木公園として開園しました。周防灘を望む丘陵に広がる白野江公園では、四季折々の樹木や花々を楽しむことができますが、秋には、モミジをはじめとするさまざまな落葉樹が園内を赤や黄色に染め上げます。 写真は11月17日現在の様子です。白野江公園の紅葉は、11月下旬から12月初めにかけて見頃を迎えます。今週は「色づき始め」で、時期的にはまだ少し早いようでした。

19Shiranoe01.JPG

入口広場の白壁の塀を越えて伸びるモミジは、枝の先端がわずかに色づいた程度。
19Shiranoe02.JPG

このモミジは、もう少し先になると燃えるような紅葉を見せてくれます(この写真は2017年秋のもの)。
19Shiranoe03.jpg

園内にはおよそ800本のモミジが植えられています。11月17日の段階では、紅葉の進み具合にかなりバラつきが見られました。
19Shiranoe04.JPG

赤や黄色だけではなく、色づく前の緑など、木々が織りなす色彩のグラデーションがきれいです。
19Shiranoe05.JPG

澄みわたる青空の下での散策は一服の清涼剤。始めは少し冷たく感じられた風も、アップダウンのある園内を歩くにつれて、心地よいそよ風に変わっていきます。
19Shiranoe07.JPG

事務所棟前のモミジも、これから本格的に色づいてくるでしょう。
19Shiranoe10.JPG

側溝の縁で羽を休める秋の使者アキアカネ。
19Shiranoe11.JPG

中国及び朝鮮半島を原産とする山茱萸(サンシュユ)。早春に鮮やかな黄色い花を咲かせ、秋にはすっかり葉も落ちて真っ赤な実をつけます。この実にはビタミンCが豊富に含まれ、薬としても用いられています。
19Shiranoe09.JPG

この時期、紅葉だけではなくいろいろな花も咲いています。こちらは彼岸花の仲間、ピンクのリコリス。
19Shiranoe12.JPG

石蕗(つわぶき)はちょうど今が見ごろで、いろいろ場所で咲いていました。
19Shiranoe13.JPG

これは百日紅(さるすべり)の紅葉です。丸くて大きな葉がオレンジ色に輝いて見えます。
19Shiranoe15.JPG

白野江公園といえば桜。60種もの品種が次から次に咲き続ける「桜リレー」はよく知られていますが、この時期に咲く桜もあるんです。これは、淡いピンクのふっくらとした花びらがかわいらしいアーコレード。春と秋の二季咲きの桜です。このほかにも10月桜や子福桜などが、花数は多くはないものの今が見頃となっています。
19Shiranoe16.JPG

白野江植物公園は門司区の北東部。周防灘に面した小高い丘からは、山口県の宇部・小野田方面や大分県の姫島や国東半島を一望できます。また、この公園は野鳥の宝庫でもあり、一年を通じて鳥の声が途絶えることはありません。響きわたるさえずりを聴きながら歩けば、気持ちまで軽くなるようです。

【白野江植物公園】
◯場所:北九州市門司区白野江2丁目
◯問合せ:093-341-8111
◯公式HP:http://www.shiranoe.com/
◯入園料金:一般300円、小中学生150円
◯駐車場:84台300円
◯アクセス:(車)九州自動車道門司ICまたは都市高速春日ランプから約3km
     (JR/バス)JR鹿児島本線門司港駅⇨バス41番系統「白野江」行き⇨「白野江2丁目」下車


2019年11月18日

こんにちは。「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。街路樹も薄っすらと色づきはじめてきた今日この頃。紅葉シーズンを迎えるにあたって、福岡県でもイチニを争う人気の紅葉スポット・朝倉市秋月を紹介します。

19Akizuki01.jpg

筑前の小京都と呼ばれる秋月。初代福岡藩主黒田長政(黒田官兵衛の長男)の三男、黒田長興が秋月藩主となったのは元和9(1623)年ですが、秋月の歴史はさらに古く遡ります。鎌倉時代から江戸時代にかけて、秋月氏16代、黒田氏12代にわたる歴史を紡ぐ城下町です。
19Akizuki02.jpg

有名な黒門は、春は桜並木が美しい杉の馬場のいちばん奥まった場所にあります。これは13世紀初め、秋月氏が居城として築いた古処山城の裏門を17世紀に黒田氏が再建した秋月城の表門として移築し、さらに垂裕神社(門をくぐって参道の石段を上ったところにあります)の神門として現在の場所に移されたものです。
19Akizuki03.jpg

例年11月中下旬になると、鮮やかに紅葉したカエデが黒門をいっそう引き立てます。
19Akizuki04.jpg

黒と赤のコントラストが美しい秋月随一の紅葉スポットです。
19Akizuki08.jpg

こちらは、秋月城の裏門にあたる長屋門。苔むした石垣が黒田12代の歴史を感じさせますね。
19Akizuki09.jpg

黒門と長屋門の間の紅葉は、さまざまな色あいが重なりあってきれいです。
19Akizuki05.jpg

シーズンにはお茶席が設けられますので、抹茶とお菓子をいただきながら紅葉を眺めることもできます。
19Akizuki06.jpg

黒門から垂裕神社(すいようじんじゃ)に向かう石段沿いの紅葉も見事です。
19Akizuki10.jpg

19Akizuki12.jpg

紅葉に彩られる秋月城跡。例年、11月中旬から12月上旬に見ごろを迎えます。
駐車場またはバス停から杉の馬場を通って秋月城跡に向かうことになりますが、この通りにはさまざまな店が軒を連ねていますので、この通りを散策するのもまた楽しいものです。午後になると観光客がどっと増えますので、ゆったり散策するには早い時間帯がおすすめめです。

【秋月城跡】
〇場所:福岡県朝倉市秋月野鳥
〇問合せ:0946-52-1428(朝倉市役所商工観光課<平日08:30~17:15>)
     0946-24-6758(あさくら観光協会<09:00~18:00火曜休み>)
〇アクセス
【JR、甘木鉄道、バス】
 JR鹿児島本線「基山」駅⇒甘木鉄道「基山」⇒「甘木」⇒甘木観光バス「甘鉄甘木駅」⇒「博物館前」
【西鉄電車・甘木鉄道・バス】
 西鉄天神大牟田線「小郡」⇒甘木鉄道「小郡」⇒甘木鉄道「甘木」⇒甘木観光バス「甘鉄甘木駅」⇒「博物館前」
【車】大分自動車道甘木ICから国道322号経由車:約20分
〇駐車場:150台(普通車400円)


2019年11月14日

こんにちは。「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。昨今、豪華客船を利用したクルーズ旅行の人気が急上昇していますね。飛鳥Ⅱなどでの世界一周クルーズは夢のまた夢としても、地中海やカリブ海、ニュージーランドなどでのクルーズを含む海外パックツアーが数多く組まれていますので、次の旅行先として検討されている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、いきなり海外でのクルーズというのはハードルが高いので、まずはもっと手軽にクルーズを経験してみたいという方もいらっしゃるかもしれません。私もそのひとりで、今夏、福岡発着の日本海ショートクルーズを体験してきましたので概要を紹介したいと思います。

私が参加したのは、イタリアのコスタクルーズ社が催行する福岡を出航し日本海側(舞鶴-金沢-釜山)を周って福岡に戻る4泊5日のクルーズです。クルーズ船は、一般に大型船で料金がリーズナブルなカジュアル船、料理やスパに力を入れて優雅で落ち着いた旅を提供するプレミアム船、最高級のサービスがウリのラグジュアリー船の3ランクに分けられますが、私が乗船したコスタ・ネオロマンチカはカジュアル船に分類されます。


19Cruise01.JPG

クルーズ船が接岸する博多港中央ふ頭までは、博多駅(西日本銀行前のバス停F)から西鉄バス「88番」または「BRT」に乗り、中央埠頭の国際ターミナルで下車。ここから歩いて5分ほどのクルーズセンターで荷物を預け、簡単な乗船手続きを行います。バス停正面にある国際ターミナルには立ち寄る必要がありません。
19Cruise02.JPG
乗船したら、まずは自分のキャビン(船室)を確認。私たちはテラス付きの部屋は取れず海側プレミアムというタイプのキャビンでしたが、シャワースペースが狭いほかはまずまずの広さで、船の中とはいえ居住環境は悪くありませんでした。


出航に際して、デッキ11のプールサイドで「セイルアウェイパーティ」が開かれ、ダンスショーやカンツォーネ、ゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。
19Cruise03.JPG

船内の主な施設を紹介します。
こちらはデッキ5のレセプション(左)とツアーデスク(右)。乗船中は常に携帯しなければならないコスタカードへのクレジットカード情報の登録もこのフロアで行います。
19Cruise04.jpg

こちらはデッキ8にあるGrand Bar Piazza Italia。入って左側にバーカウンター、中央前方にステージと客席、左右両側にボックス席が並んでいます。私はここでドリンクパッケージを購入しました。パッケージはフリードリンクの内容によって、1日あたり19ドルから49ドルまでの4種類から選びます(キャビンの種類や申し込みの状況等によって、ドリンクパッケージがクルーズ代金に含まれていることもあります。というか、むしろそちらが一般的です)。
19Cruise05.jpg

ピアノのライブ演奏に耳を傾けながら世界のワインを楽しめるワイン&チーズバー、エノテカ・ヴェローナ。
19Cruise06.JPG

その隣の部屋はカジノで、日本の領海を出るとオープンするようです。
19Cruise07.jpg

ネオロマンチカのメインレストラン、ボッティチェリ。朝・昼・夜の3回オープンするボッティチェリは基本的にはアラカルトで、メニューを見ながら食べたいものをオーダーします。ディナータイムは2回に分けられていますが、それでもかなり混みあいます。
19Cruise08.jpg

こちらは、ビュッフェレストランのジャルディーノ。時々アラカルトになることもありますが、基本はビュッフェスタイルです。
19Cruise09.jpg

上記のふたつのレストランでの食事はクルーズ料金に含まれていますが、ネオロマンチカにはこのほかに有料レストランがいくつかあります。ピッツァナポリのその一つで、「船の上のイタリア」を謳うだけあって、船上で本場のピザを食べられると大人気です。
19Cruise11.JPG

数あるクルーズ船の中で、火力に薪を使う本格的なピザ窯を設置しているのは、唯一ネオロマンチカだけなんだそうです。
19Cruise12.JPG

デッキ11にあるプール、サントロペ。家族連れでいつも賑わいを見せていました。セイルアウェイパーティやホワイトナイトなどの各種イベントに利用されることも多いところです。ひとつ上のデッキ12にはウォーキングコース(名称はジョギングトラック)が設けられていました。
19Cruise13.JPG

更に後方にはもうひとつのプール、モンテカルロ。こちらは大人専用となっています。
19Cruise14.JPG

デッキ11最後部には、スパ利用者専用のジャグジーバス。どこまでも蒼い海を眺めながらジャグジーでゆったりなんて贅沢なひと時ですね。
19Cruise15.JPG

トレーニングジムは、ウォーキングマシンやバイク、筋トレマシン、ストレッチマットなど、船内とは思えないくらい充実していました。ややもすると食べ過ぎ、飲み過ぎに陥りがちな船の旅。時にはここにきて汗を流すのもいいですね。また、キャビンの狭いシャワースペースよりも、ジムのシャワールームの方が快適に利用できました。
19Cruise16.jpg

ホットチョコレートを主体に、軽い飲み物やマカロンなどのお菓子が用意されているチョコレートバー。
19Cruise17.jpg

ピスタチオ(左)とヘーゼルナッツ(右)のホットチョコレート。濃厚で美味しいです。
19Cruise18.jpg

チョコレートバーの前で、夕方と深夜の2回(各2ステージ)行われる”Duo Allergro”のピアノ&バイオリン・デュオ。
19Cruise19.jpg

コンサートやショーもクルーズの楽しみのひとつ。グランドバーやキャバレーヴィエンナでは連夜、さまざまなショーで観客を惹きつけていました。内容は毎日変わるので飽きることはありません。
19Cruise20.jpg

豊富なメニューの中から、せっかくなのでイタリアらしい料理をいろいろと試してみました。基本どれも美味しく、ワインによく合う料理が多かったように思います。
19Cruise21.jpg

ピッツァナポリのクアトロフォルマージュは、チーズの香りが濃厚で期待どおりの美味しさ!
クルーズ期間中、一度は立ち寄りたい店です。
19Cruise22.JPG

トマトソースとアンチョビのピザ、ナポリターナ。これもアンチョビ好きにはたまりません。
19Cruise23.JPG

ミュンヘンの老舗醸造所パウラナーのヴァイスビア。飲み物は、ドリンクパッケージによってはフリーとならないものもあるので、パッケージに含まれる内容をよく確認しましょう。
19Cruise24.jpg

グランドバーピアッツァイタリア(デッキ8)の海側の席はおすすめです。スタッフが注文を取りに来てくれますので、ビールや好みの飲み物をオーダーして、海を見ながらゆったりまったり。大海原を眺めながら飲むビールやワインの味は格別でした。
19Cruise25.jpg

続いて、寄港地での行動について…………
各寄港地ごとにネオロマンチカがいくつかのツアーを催行していますので、それを利用する場合はデッキ5にあるツアーデスクで前日までに申し込みをします。自分で行動したい場合は交通手段を確保しなければなりませんが、港から最寄駅まではシャトルバスが運行していますのでそれを利用するのが便利です(往復で4~500円。釜山のみ無料)。最終乗船時間までに船に戻らなければなりませんので、シャトルバスの運行時間帯をよく確認しておく必要があります。
舞鶴では、西舞鶴駅から京都丹後鉄道に乗って天橋立へ。由良川を渡る橋梁では、海の上を走っているような不思議な感覚を味わいました。
19Cruise26.JPG

東北の松島、秋の宮島と並んで日本三景に数えられる天橋立。松林の中を自転車で走るのも爽快な体験でした。
19Cruise27.JPG

金沢では、金沢駅からバスでひがし茶屋街や近江町市場へ。
駅前で訪れる人を迎える鼓門は、能楽に使われる鼓がデザインされたもの。緩やかな曲線を描く屋根が優美な印象を与えています。
19Cruise28.JPG

「にし茶屋街」、「主計町茶屋街」と併せて金沢三茶屋街と呼ばれ、今も茶屋と芸妓が息づく風情ある歴史の町、ひがし茶屋街。
19Cruise29.JPG

3番目の寄港地、釜山のクルーズターミナルは新しくて立派な建物でした。
19Cruise30.jpg

寄港地での観光を終えた乗客を静かに迎えるネオロマンチカ。たった数日過ごしただけなのに、船に戻ると「ただいま」と言いたくなります。
19Cruise31.JPG

ざっくり言えば、クルーズ船はホテルと移動手段をまとめたようなもの。寝ている間に次の目的地に運んでくれますし、移動に伴う手荷物の整理やスーツケースを持ち運ぶ煩わしさもありません。さらに、メインレストランやビュッフェでの食事や飲みものの費用も多くの場合クルーズ料金に含まれていますので、基本的には追加費用を考慮しなければならないのは寄港地での観光だけで済みます。
クルーズによっては寄港地での自由時間にやや制約を受けるかもしれませんが、旅行の一形態として十分検討に値するというのが私の感想です。クルーズ中の船内の様子などもある程度わかったので、今後は海外でのクルーズも選択肢に含めて考えたいと思います。
また、コスタクルーズは外国船籍としては初めて、沖縄の那覇港発着のクルーズ船を就航させることになりました。本州や九州からのエアチケットを含んだツアーなども販売されているようです。選択肢が増えてクルーズの魅力がますます充実するといいですね。


2019年11月 7日
2019年10月31日
2019年10月21日
2019年10月14日
2019年10月 1日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集