海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/福岡特派員ブログ

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、北九州市若松区高塔山のあじさいを紹介します。高塔山は福岡県でも有数のあじさいの名所で、この時期には7万株を越える紫陽花が咲き誇ります。
21Ajisai01.JPG

6月の週末、高塔山で行われる「若松あじさい祭り」には、例年多くの人が訪れるのですが、昨年に引き続き今年2021年も新型コロナのため中止となりました。
21Ajisai02.JPG

あじさい祭りが中止されたのは残念ですが、それでも7万株のあじさいは今年も健気に咲いています。
21Ajisai03.JPG

華やかな西洋アジサイもきれいですが、日本古来のガクアジサイの種類が多いのが高塔山の特徴です。
花びらのように見える外側の萼は、葉っぱが変化したもの。中央にある堅い蕾が花になります(両性花)。
21Ajisai04.JPG

装飾花の色は、青の濃淡やふじ色、赤やピンクなどさまざま。
21Ajisai05.JPG

花びらの形もシンプルなものから八重咲きまでいろいろです。
21Ajisai06.JPG

半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育するヤマアジサイ。このため、サワアジサイとも呼ばれることがあるようです。
21Ajisai07.JPG

長く尖塔状に咲く柏葉あじさい(スノークイーン)。白い装飾花の下に見えるもわもわっとした部分が両性花です。
21Ajisai08.JPG

同じ柏葉あじさいの仲間ですが、こちらは装飾花が八重咲き。スノーフレークと言います。
21Ajisai09.JPG

北米原産のピンクアナベル。
21Ajisai10.JPG

高塔山は標高124mと小さな山ながら、正面に若戸大橋を望む山頂の展望台からの眺めは格別です。とりわけ夜景の美しさは有名で、人気の夜景スポットとなっています。
21Ajisai11.JPG

高塔山散策の主体は山頂広場周辺になります。駐車場に車を止めたら展望台周辺だけではなく、あたり一帯をのんびり時間をかけて歩いてみてください。第一駐車場から第二駐車場の間の道路沿いや、野外音楽堂周辺では珍しいガクアジサイをいろいろ目にすることができます。絶え間なく聞こえる野鳥の声が散策の疲れを癒やしてくれますよ。
また、あじさい祭りは中止となりましたが、高塔山一帯で撮影された写真を対象とする「高塔山あじさいフォトコンテストは、今年も行われます。「これは!」という写真が撮れたら、若松区役所Instagramアカウント「若松に恋」をフォローし、ハッシュタグ「#高塔山あじさい2021」と、撮影した「場所」を付して投稿してください(2021年5月26日~6月30日の期間中)。入賞者30人には、「若松のお土産コンテスト」入賞商品がプレゼントされるそうです。


2021年6月 8日

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、遠賀郡芦屋町にある岡湊神社の「なんじゃもんじゃ」を紹介します。春から初夏に向かう時期、雪のように真っ白な花を咲かせる岡湊神社のなんじゃもんじゃの木。例年ならGW頃に満開になるのですが、今年2021年は10日ほど開花が早まっており、今まさに見頃を迎えています。
21Nanjamonja00.JPG

「岡湊」は「おかのみなと」と読み、日本書紀に「崗之水門」として登場する芦屋の古い呼称です。1800年の歴史を刻み、古事記にも記載が残る岡湊神社は、主祭神として大倉主命(おほくらぬしのみこと)と菟夫羅媛命(つぶらひめのみこと)、配祀神として素戔嗚尊(すさのおのみこと)、天照皇大神、神武天皇をお祀りしています。
21Nanjamonja01.JPG

境内を白く染めるなんじゃもんじゃは、和名「一つ葉たご」というモクセイ科の植物で、日本では希少種であり絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
21Nanjamonja02.JPG

「なんじゃもんじゃ」という名の由来は諸説あるようですが、明治時代、陸軍の青山練兵場(今の明治神宮外苑)にあった一つ葉たごを、誰ともなく「何の木じゃ?」と尋ねているうちに、いつの間にか「なんじゃもんじゃ」と呼ばれるようになったとも言われています(ただし、「なんじゃもんじゃ」という別称は、必ずしも一つ葉たごに限った呼び方ではありません)。
21Nanjamonja04.JPG

一つひとつは小さな花ですが、密集すると雪が降り積もったかのように見えます。
21Nanjamonja03.JPG

岡湊神社の最初のなんじゃもんじゃの木は、明治神宮から寄贈されたもの。さらに遡ると、その親木は、日朝友好の証として朝鮮李王家から贈られたものだそうです。岡湊神社からも各地に株分けされているそうですから、李王家ゆかりのなんじゃもんじゃが、日本全国にネットワークを広げていることになります。
岡湊神社では、その後も対馬や岐阜、アメリカ原産の木が新たに植樹され、年を追うごとにその数が増えて、今や200本を数えるほどになりました。原産地の違いごとに、花びらの形も微妙に異なります。
21Nanjamonja05.JPG

こちらは道路を挟んで向かい、社務所前のなんじゃもんじゃ。例年、こちらの木の方が早咲きで、ほぼ満開となっています。
ただし、新型コロナ感染拡大防止のため、今は社務所敷地内への立ち入りができず、外から見るだけとなります(車の通行にご注意ください)。
21Nanjamonja07.JPG

岡湊神社の境内を白く染め上げる200本の「なんじゃもんじゃの木」は、芦屋町の初夏の風物詩。見頃は今月いっぱいくらいと思われますが、花が散り始めて地面にうっすらと雪が積もったような眺めもまた風情がありますよ。

【岡湊神社】
・住所: 福岡県遠賀郡芦屋町船頭町12番48号
・問合せ: 093-223-0216
・駐車場: あり


2021年4月21日

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、すでに花を散らし葉桜になったソメイヨシノに代わって、いま満開を迎えている本城公園の八重桜を紹介します。
21Yaezakura00.JPG

本城公園は、メインスタジアムである本城陸上競技場を中心に、球場、運動場、多目的広場、ミニトラックなどからなるスポーツ公園です。スタジアムは、小倉北区のミクニワールドスタジアムが完成するまで、サッカーJ2のギラヴァンツ北九州の本拠地となっていました。
公園の外周に沿ってジョギングコースが設けられており、週末はジョギングやウォーキングで汗を流す人でにぎわいます。
21Yaezakura01.JPG

公園の北東角にある1周200mのミニトラックは、青々とした草地に茶色のトラックが爽やかです。ほんのり淡いピンクの八重桜がきれいな花を咲かせていました。
21Yaezakura02.JPG

白く清楚ながら、ふくよかで優しい八重桜。ソメイヨシノとはまた違った美しさです。
21Yaezakura03.JPG

この時期、公演東側の国道199号線沿いや、北側の外周に沿って植えられた八重桜が見頃を迎えています。
21Yaezakura04.JPG

八重の桜は個体差が大きく、花びらの密度も咲き方も色あいもさまざま。
21Yaezakura05.JPG

木によって咲く時期も違うので、ソメイヨシノが散った後も比較的長く楽しめます。
21Yaezakura06.JPG

こちらは江戸時代中期、オオシマザクラとサトザクラの交配により生まれた御衣黄(ぎょいこう)。
21Yaezakura07.JPG

平安時代の貴族の衣服に用いられた萌黄色(もえぎいろ)に似ていることが、その名の由来です。
21Yaezakura08.JPG

咲き始めは淡い緑色ですが、次第に濃い黄緑色となり、中心部が赤く変化していきます。
21Yaezakura15.JPG

また、本城公園には多くの野鳥が棲息していますので、野鳥探索の楽しみもあります。
こちらは高い木の上にとまっていたカワラヒワ。
21Yaezakura12.JPG

素早く敏捷なシジュウカラ。きれいな声を聴くのも楽しみです。
21Yaezakura10.JPG

セキレイの一種、ハクセキレイ。
21Yaezakura11.JPG

街路樹などに大群で棲みつくとけたたましいムクドリですが、公園や草地では虫を食べてグランドキーパーの役目も果たしています。
21Yaezakura13.JPG

こちらは冬鳥のツグミ。もうじき、繁殖のため北に向かって旅立ちます。
21Yaezakura14.JPG

本城公園の桜は、ソメイヨシノから咲き始め、各種の八重桜、御衣黄へと続きます。今年はどの桜もかなり早くから咲き始めましたが、例年であれば、3月下旬から4月下旬までいろんな桜がリレーのように咲き続けます。桜を眺めながらウォーキングやジョギングを楽しむのにはうってつけの公園です。

【本城公園】
・住所: 北九州市八幡西区御開4-16-1
・連絡先: 093-692-0886
・ウェブサイト: 北九州市本城公園オフィシャルサイト


2021年4月 7日
2021年3月 1日
2021年2月 9日
2021年1月27日
2020年12月10日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集