海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/福岡特派員ブログ

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、山口県下関市の長府庭園を紹介します。

昨日(7月16日)関門海峡を越えて、孫文ゆかりの蓮(はす)がきれいな長府庭園に行ってきました。長府庭園は、長府毛利藩の家老格、西運長(にしゆきなが)の屋敷跡で、鯉が泳ぐ池を中心に、8畳と15畳の和室がある書院や東屋、蔵や茶室が残されるなど、静かな佇まいが今も保たれています。 Sonbunren02.JPG

園内に入ると芝生広場の先に見えるのが書院、その正面に回遊式庭園が広がっています。四季折々の花が咲きますが、とりわけ、毎年7月上旬から下旬にかけて開花する孫文蓮(そんぶんれん)は見ごたえがあります。
Sonbunren03.JPG

孫文蓮は直径約20センチとかなり大輪の蓮で、純白の花びらにピンクの縁どりが特徴です。
Sonbunren01.JPG

この蓮は、孫文が下関市長府の実業家 田中隆氏に贈った4粒の蓮の実のうち、唯ひとつが発芽したもの。植物博士で蓮の権威であった大賀一郎氏が、育成し発芽させたのだそうです。
Sonbunren05.JPG

台湾では「国父」、中国では「革命の父」として敬われる孫文は、革命活動の中で(数度の亡命も含めて)何度も日本を訪れ、多くの日本人と親交を結びましたが、田中氏もそうした友人の一人でした。
Sonbunren06.JPG

中国では、蓮は君子の交わりを象徴し、同志の契りを表すのだそうです。孫文が贈った蓮の実は、田中氏の友情と支援に対する礼を示したものなのでしょう。
Sonbunren07.JPG

蓮のつぼみで、シオカラトンボがひと休み。このほかにもアキアカネやギンヤンマなどが飛び交い、この池はトンボの楽園になっているようでした。
Sonbunren08.JPG

モネの庭を連想させるような風景です。
Sonbunren09.JPG

池には、ピンクや黄色の睡蓮も咲いていました。
Sonbunren10.JPG

Sonbunren11.JPG

あでやかなピンク色の蓮。二千年前の日本の古代蓮の種を、大賀博士が発芽・開花させたもので、博士の名を冠して「大賀蓮」と呼ばれます。
Sonbunren12.JPG

池の周囲を散策すると、また違った風景に出会えます。左側の太鼓橋の奥に見えるのが東屋です。
Sonbunren13.JPG

対岸から見る書院。ガラス戸で囲まれた広縁は開放感たっぷりです。
Sonbunren14.JPG

一の蔵(左)の1階は売店になっており、下関銘菓や小物などを扱っているほか、冷たいラムネやソフトクリームで涼むこともできます。2階は下関で活躍されている作家さんの作品の展示販売が行われているそうです。二の蔵(右)には、観光資料などが置いてありました。
Sonbunren15.JPG

朝のうちは曇りがちでしたが、お昼前には雲も切れてきたので、帰りに火の山公園に立ち寄りました。
Sonbunren16.JPG

関門海峡に広がった梅雨の晴れ間。
火の山は、関門海峡を一望するには最高の場所。3月中旬から11月下旬まで運行(火・水曜を除く)しているロープウェイからの眺めもお勧めです。
Sonbunren04.JPG

ここにはかつて砲台が置かれていました。土塁や弾薬庫などが今も残っています。
Sonbunren18.JPG

木陰でひと休みできるベンチなども設置してありました。登山道もありますので、山麓に車を止めて、歩いて登ることもできます。
Sonbunren17.JPG

夜明けとともに咲き始め、午後には花を閉じる孫文蓮は、これを数日繰り返し、4日目にはすべての花弁を落として花托になります。ひとつひとつの花は数日で終わりますが、シーズン中は約150輪の孫文蓮が、次から次に開花するのだそうです。新聞記事によれば、8月上旬までは楽しめそうとのことでした。7月27日・28日は、早朝の開花に合わせて朝5時に開園されます。

【長府庭園】
 ○場所:山口県下関市長府黒門東町8番11号
 ○開園:09:00~17:00 (7月27日・28日は05:00~17:00)
 ○入園料:一般200円、小中学生100円
 ○休園日:12月28日~1月4日
 ○電話:083-246-4120
 ○アクセス:下関駅・新下関駅からバス20分。「下関市立美術館前」から徒歩1分。
 ○駐車場:無料(235台)


2019年7月17日

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、ちょっと趣向を変えて、福岡のうどんを紹介します。
福岡の食べ物と言うと、とんこつラーメンを思い浮かべる方が多いと思います。もちろんラーメンも美味しいのですが、実は福岡県民は、それに負けず劣らず大のうどん好きなんです。福岡県内どこに行っても、その町の人気うどん店に出会うことができ、外れはほぼないと言ってもいいでしょう。今日紹介するのは、北九州で人気の「うどん満月」。独特の麺の食感が評判を呼び、福岡県内外で快進撃を続ける豊前裏打会に属するうどん店です。

こちらは福岡のうどんの定番、ごぼ天うどん。器をはみ出すごぼうの天ぷらは、まさに満月のようです。 Mangetsu1.jpg

箸が透けて見えるほどの透明感。きめ細かく滑らかで、もちっとした食感。うどんの生地を通常よりも長く熟成させることで、この透明感やもちもち感が生まれるのだそうです。また、羅臼昆布、鰹節、鯖節の一番出汁を、特注の醤油と合わせて丁寧に作られるスープは、薄味ながらふくよかな旨みが感じられます。
Mangetsu2.jpg

この日のもう一品は天ざる。麺のつるつる感や喉ごしのよさを存分に味わいたいときは、冷たいうどんがお勧めです。
Mangetsu3.jpg

麺は淡く黄色味を帯び、透きとおるように艶やか。温かいうどんよりも更に細麺ですが、もっちりとした弾力とコシは驚くほどです。
Mangetsu4.jpg

ぷりっと揚げられた大きな海老が2尾に、大葉や茄子、カボチャ、ニンジン、シメジなどの天ぷらは、さくっとした食感。もちろん、麺のでき上がりに合わせて、揚げたてアツアツで席に運ばれます。
Mangetsu5.jpg

麺は、豊前裏打会ならではの、つるっとした喉ごし。温かい麺と冷たい麺では、製法自体を少し変えているとのことでした。
Mangetsu6.jpg

手際よく注文をさばく店長の津久田純平さんとスタッフの皆さん。チームワークよく、流れるように作業が進んで、明るい活気が感じられました。こんな厨房を覗くのも、カウンター席の楽しみのひとつです。
Mangetsu7.JPG

こちらがメニュー表。単品のうどんは、「ぶっかけ」、「汁うどん」、「つけ麺」があります。ちなみにわが家は、出汁の美味しさと麺のもちもち感・つるつる感をどちらも味わうため、温かい汁うどんと、冷たいぶっかけ(またはつけ麺)を頼むことが多いです。
Mangetsu8.jpg

うどん満月は、陣原店と中間店の2店舗があり、今回お邪魔したのは陣原店です。津久田店長には、お忙しいところお話を聞かせていただき、ありがとうございました。ちなみに、戴いた名刺によると、津久田さんの社内の肩書きは「若大将」だそうです。
Mangetsu9.jpg

意外かもしれませんが、福岡はうどん発祥の地と言われています。これは、中国からうどんや蕎麦の製法を持ち帰って広めたのが、博多駅近くにある承天寺を開いた聖一国師であることに由来しています。「発祥の地」と言うよりも「伝来の地」と言ったほうが正確かもしれませんね。
讃岐うどんなどに比べると、「やわらかくてコシがない」と評されることが多い福岡のうどんですが、福岡県民には、麺の「コシ」よりも「もちもち感」や「喉ごしのよさ」が好まれるのだと思います。そんなわけで、福岡には麺にこだわったうどんの名店がとても多いですし、記事で紹介した豊前裏打会系の店も増えていますので、いろいろ試して好みの店を探してみてはいかがでしょうか。

【うどん満月 陣原駅前店】
 ○場所:北九州市八幡西区陣原1-2-7
 ○営業時間:11:00~15:30(L.O)、17:30~20:30(L.O)
 ○電話:093-616-6664
 ○定休日:木曜
 ○アクセス:JR鹿児島本線陣原駅から徒歩1分
 ○駐車場:隣接するエコ・フレンドリータウン陣原内駐車場(90分無料)

【うどん満月 中間店】
 ○場所:福岡県中間市東中間1-3-8
 ○営業時間:11:00~16:00(L.O.15:30)、17:30~21:00(L.O.20:30)
 ○電話:093-246-4554
 ○定休日:水曜
 ○アクセス:○筑豊電気鉄道筑豊中間駅から徒歩3分
 ○駐車場:あり


2019年7月12日

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、北九州市八幡東区にある「いのちのたび博物館」と「北九州イノベーション・ギャラリー」を紹介します。
Musium01.JPG

いのちのたび博物館は「自然史ゾーン」と「歴史ゾーン」に分けられ、更に細部のカテゴリーごとに整然と展示されています。まず最初に驚かされるのは、古生代、中生代、そして新生代という時間軸に沿って展示された、自然史ゾーンのアースモール。それぞれの時代を代表する生物の骨格標本(主として恐竜)は、見る人を圧倒するほどのスケールです。
Musium03.JPG

一番手前は、最強の肉食恐竜ティラノサウルス。骨格だけにもかかわらず、その存在感、迫力がヒシヒシと迫ってくるようです。
Musium04.JPG

アースモールの中央付近から、洞窟のような通路を通って辿り着いた先はエンバイラマ館の白亜紀ゾーン。ジオラマや映像、緻密な恐竜の動きや声、微妙に変化する音や風、館内スタッフのナレーションにいざなわれて、太古の昔の北九州(1億3,000万年前)にタイムトリップできる迫真の空間です。
Musium05.JPG

こちらはリサーチゾーン。上の白亜紀ゾーン復元の過程を、発掘から調査研究の紹介や実物や標本をふんだんに使って展示しています。
Musium07.JPG

北九州の自然や、そこに暮らす生物などを紹介するコーナーもあります。
Musium06.JPG

外から想像する以上に広い館内。細部まで見ていると、かなり時間がかかります。ところどころに休憩スペースがありますから、有効に活用しましょう。
Musium08.JPG

こちらは1969年、アポロ11号に続いて二度目の月面着陸を果たしたアポロ12号が、地球に持ち帰った月の石。溶岩が冷え固まってできた玄武岩です。2017年12月31日に閉館となるまでスペースワールドに展示されていたもので、ほぼ1年後の2018年12月22日、再び北九州市に帰ってきました。
Musium02.jpg

いのちのたび博物館では、7月13日(土)から9月16日(月・祝)まで「両生類・は虫類の世界」展が開催されます。500種もの種類の両生類・は虫類が展示され、そのうち100種は生物展示だそうです。イリエワニ、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)やケヅメリクガメなどもやってきます。好きな人にはたまらないイベントになりそうですね(笑)
Musium10.JPG

続いてイノベーション・ギャラリーに行ってきました。駐車場はどちらも共通です。今週末(7月7日)まで「すごいぞ! そっくり展 ~食品サンプルからゴッホまで~」が開催中です。
Musium11.JPG

会場に入ると、まずは定番の食品サンプル。本物と見まごうばかりの作りです。本物とニセモノを見分けるクイズもあって、大人も子供も楽しめます。
Musium12.JPG

義足や義手などの医療関連器具も展示されていました。医学・医療の世界は日進月歩。技術の進歩がもっとも著しい分野のひとつです。
Musium13.JPG

美術品の再現作品で有名な大塚国際美術館から出品された、実物は焼失したゴッホの幻の「ヒマワリ」、ミレーの「オフィーリア」、キトラ古墳壁画の複製など。手で触れることもできます。絵の具の厚みなどもきちんと再現されていました。大塚美術館では、このような再現作品を作成するにあたって、著作権などの問題をクリアーするのに、ほぼ10年を費やしたそうです。
Musium14.JPG

細かい部分まで忠実に再現された、実物そっくりの鉄道模型。こちらも、ファン垂涎の作品だと思います。
Musium15.JPG

生き物の持つ不思議で優れた機能を応用した技術も紹介されていました。ハスの葉から撥水技術、サメの肌から競泳水着、ミツバチの巣からハニカム構造が生まれたんですね。
Musium17.JPG

流線型のカワセミの頭部から新幹線500系の先頭車両。空気抵抗を減少させ、静かに飛翔するフクロウの羽からパンタグラフ。このほかにも、雨や空気中の水分で汚れを落とすカタツムリの殻から住宅用のタイルが作り出されたのだそうです。
Musium16.JPG

このリアルな魚はジャイアント・トレバリー。タレントの清水国明さんがバリ島で釣り上げた魚を加工したもので、こちらはニセモノではなく本物です(笑)
Musium18.JPG

イノベーションギャラリーの一角では、「北九州市から世界へ~フィギュアの原型師 岩倉圭二の仕事展」も行われていました。こちらも「すごいぞ! そっくり展」と同じく、7月7日までの展示となっています。
Musium19.JPG

驚くほど緻密なフィギュア原型が約300点展示されていました。
Musium20.JPG

石炭と鉄で日本の産業発展の一角を担ってきた北九州市。「モノづくり」の歴史と技術を次世代に伝えるために、北九州市は「北九州マイスター」制度を創設して、その技術を称えるとともに活動を支援しています。
Musium21.JPG

「いのちのたび博物館」の正式名称は「北九州市立自然史・歴史博物館」と言います。元々あった北九州市の「歴史博物館」「考古博物館」「自然史博物館」の3館を集約するとともに、新たに20世紀の北九州市を支えた産業の歴史を加え、太陽系の誕生に始まる地球の歴史を展示する場所として、2002年にオープンしました。北九州市は、石炭と鉄が作った工業都市北九州の中心であった八幡東区東田地区を、いのちのたび博物館、環境ミュージアム、イノベーションギャラリーを中心とする「東田ミュージアムパーク」として、この地に凝縮された北九州市の歴史や文化を伝え、更に発展させようとしています。近くには、北九州市立美術館や、遊びながら科学や天文について学べる児童文化科学館もあり、夏休みの一日、家族みんなで東田地区をぐるっと巡って、北九州の歴史や文化に浸ってみるのも楽しいと思います。

【いのちのたび博物館】
 ○開館:09:00~17:00
 ○休館日:毎年6月下旬頃(害虫駆除のため。約1週間)、年末年始
 ○観覧料(常設展):一般600円、高校生以上の学生360円、小・中学生240円、小学生未満無料
 ○駐車場:普通車100円/30分(4時間以上は一律800円)
 ○アクセス:JRスペースワールド駅から徒歩5分

【北九州イノベーションギャラリー】
 ○開館:平日/9:00~19:00 土・日・祝日/9:00~17:00
 ○休館日:月曜(月曜日が祝日、休日の場合は翌日)、年末年始
 ○観覧料:無料(企画展は有料)
 ○駐車場:普通車100円/30分(4時間以上は一律800円) いのちのたび博物館と共通
 ○アクセス:JRスペースワールド駅から徒歩5分


2019年7月 5日
2019年6月28日
2019年6月23日
2019年6月13日
2019年6月 9日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集