海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福岡特派員ブログ > カンガルーと遊び、オオゴマダラに癒される!  響灘...

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年10月 1日

カンガルーと遊び、オオゴマダラに癒される!  響灘緑地グリーンパーク & ひびき動物ワールド


カンガルーと遊び、オオゴマダラに癒される!  響灘緑地グリーンパーク & ひびき動物ワールド

こんにちは。「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。今日は、北九州市若松区のグリーンパークとグリーンパーク内にあるひびき動物ワールドを紹介します。

ひびき動物ワールドは、写真のイースタングレーカンガルー、小型のイエローフーティッドロックワラビーや中型で毛並みが長いケナガワラルーなど約250頭を飼育する、有袋類の自然飼育では日本有数の施設です。(グリーンパーク入園料と別途料金:一般300円、小中学生150円) 19Kangaroo02.JPG

カンガルーは基本的に夜行性なので、昼間は日陰でお休みしていることが多く、走る姿を見る機会は多くありません。この時は、飼育員さんが餌小屋に向かったので、数頭のカンガルーが後を追って駆け始めました。
19Kangaroo03.JPG

やはり、横になって休んでいる(夜行性だから仕方ないのですが......)よりも、颯爽と走っている方がカンガルーらしいですね。
19Kangaroo01.JPG

大型のイースタングレーカンガルーは、おおらかで気性が荒くないので、このように触ることもできます。群れの中に入るときは、急に立ち上がったり、大きな音を立てて驚かさないよう注意しましょう。
19Kangaroo04.JPG

お腹の袋の中から、赤ちゃんカンガルーが顔をのぞかせていました。
19Kangaroo05.JPG

あどけない表情が可愛らしいですね。出産は春先だけということはなく、ひびき動物ワールドでは年間を通じて赤ちゃんを見ることができるそうです。
19Kangaroo06.JPG

イースタングレーカンガルーは好奇心旺盛。特に子供のカンガルーは、人間やその持ち物に興味があるのか、向こうから寄り添ってくることが多く、ペロッと舐められることもありますよ。
19Kangaroo07.JPG

こちらは、小型のイエローフーティッドロックワラビー。臆病で警戒心が強く、イースタングレーカンガルーと違って人に懐くことはないようです。
19Kangaroo08.JPG

普段はテリトリーである岩山で暮らしていますが、中には、テリトリーから外に出て園内を歩き回るワラビーも数頭いるそうです。



ワラビーのお腹にも赤ちゃんが......。頭ではなく、足と可愛らしい縞模様のしっぽがのぞいていますね。(赤ちゃんが袋の中にいるときは、上下逆になったこちらの方が多いように思えます) 19Kangaroo09.JPG

続いて熱帯生態園に入ってみましょう(料金:一般350円、小中学生200円)。
入口では、目まぐるしく動き回るコツメカワウソが出迎えてくれます。
19Kangaroo10.JPG

おだやかな性格のフトアゴヒゲトカゲは、ペットとしても人気がありますね。
19Kangaroo11.JPG

飼育員さんから餌をもらうオニオオハシ。この子は熱帯生態園に来て3年半になりますが、まだ十分に慣れていないのかケージ暮らし継続中です。
19Kangaroo13.JPG

こちらは熱帯生態園の人気者、ヒムネオオハシ。熱帯生態園で10年以上も暮らしているので人に慣れており、運が良ければ近くに舞い降りてくれることもあります。
19Kangaroo12.JPG

飼育員さんが傍にいるとき、私の手に乗って餌を食べてくれたこともあるんですよ。(3年前の写真)
19Kangaroo23.jpg

白い羽に黒の筋と斑点が入った特徴的な模様のオオゴマダラは、日本では奄美群島以南に生息する熱帯性の大型の蝶。グリーンパークでは、熱帯生態園の隣の温室で卵〜幼虫〜さなぎ〜羽化するまで飼育し、成虫を熱帯生態園に放しています。ひらひらはらはらと舞う姿は、優美かつ可憐です。
19Kangaroo16.JPG

人を怖がらないので、頭や衣服に止まることもよくありますが、ここまで集まってくるのは珍しいです。
19Kangaroo17.JPG

妻のスマホに纏わりつくオオゴマダラ。



こちらは今年の5月に完成した円形の巨大ブランコ。周囲163.35mのサークルに100台のブランコが設置されています。 19Kangaroo18.JPG

公開に際してギネスに申請し、世界最長のブランコとして正式に認定されました。
19Kangaroo19.jpg

小さな子供でも安全に乗れるようにブランコのチェーンを短くしたり、板を椅子型にして左右の間隔を広くとったりと、大人や健常者以外の人に対する細やかな配慮も感じられます。
19Kangaroo20.JPG

円形ブランコの近くで急ピッチで建設が進んでいたのは、10月12日オープン予定の「空中冒険遊具あみ〜ご!」。西日本初登場の新感覚ネット・アスレチック遊具だそうです。(土・日・祝日のみ。30分500円)
19Kangaroo21.JPG

ポニーやヤギとのふれあいを楽しむポニー広場では、乗馬や餌やりを体験できます。
19Kangaroo22.JPG

ひびき動物ワールドのカンガルーやワラビー、熱帯生態園のヒムネオオハシやオオゴマダラ、ポニー広場のポニーやヤギなど、動物とのふれあいが楽しめるグリーンパーク。世界最長ブランコやアスレチックのほかにも、何でも持ち込んで自由に遊べる4ヘクタールの大芝生広場、丸太で作った遊具がいっぱいの冒険の森、手ぶらでBBQが楽しめる"A Terrace & BBQ"など、遊び心あふれる施設が満載で、大人も子供も一日楽しめます。公園の外でも、ボートで頓田貯水池に漕ぎ出したり、レンタサイクルで貯水池の周りをサイクリングしたりするにもいい季節ですね。また、10月12日(土)から11月10日(日)まで開催される恒例の秋のバラフェアも、楽しみに彩りを添えてくれます。

【グリーンパーク】
○場所:福岡県北九州市若松区竹並1006番地
○開園時間:09:00〜17:00
○休園日:火曜(バラフェア期間中はHP等でご確認ください)
○料金:一般150円 小中学生70円(バラフェア開幕中の10/20、10/22は無料開園日)
○駐車場:300円(南ゲート・北ゲートの2か所)
○アクセス:《北九州市営バス》折尾駅西口〜グリーンパーク(日・祝のみ)
      《自動車》JR折尾駅から約25分
           JR二島駅から約10分
           JR黒崎駅から約15分
           黒崎ICから約20分
           若戸大橋ICから約20分
           東田ICから約20分
○問合せ:093-741-5545
○公式HP:https://hibikinadagp.org/

【ひびき動物ワールド】
○料金:一般300円 小中学生150円
    回数券(4枚綴り)一般1,000円 小中学生500円
○問合せ:093-741-2700
○公式HP:http://www.kpfmmf.jp/hibiki_animal_world/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年10月 1日
« 前の記事「一万本の白い彼岸花 ~ 築上町正光寺」へ
»次の記事「北九州でのビール造りの歴史を今に伝える門司赤煉瓦プレイス」 へ
おすすめ記事
福岡特派員 新着記事
北九州でのビール造りの歴史を今に伝える門司赤煉瓦プレイス
カンガルーと遊び、オオゴマダラに癒される!  響灘緑地グリーンパーク & ひびき動物ワールド
一万本の白い彼岸花 ~ 築上町正光寺
博多vs北九州! 「駅近・昼飲みの聖地」対決!!
GO GO WALES! ラグビーW杯 ウェールズが北九州にやってくる!!
市場を歩こう! 北九州の台所 旦過市場
漢方薬でぶどうを美味しく! 岡垣町の漢方巨峰
夏こそ『モンゴル薬膳鍋』で暑さを吹き飛ばそう!

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集