海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福岡特派員ブログ > 糸島半島この季節の風物詩~カキ小屋

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 9日

糸島半島この季節の風物詩~カキ小屋


糸島半島この季節の風物詩~カキ小屋

こんにちは。「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。カキのシーズンもいよいよ終盤に入ってきましたね。福岡市と糸島市にまたがる糸島半島はカキの養殖が盛んなところで、漁師さんが営むカキ小屋が人気を博しています。今日は、そんな糸島半島のカキ小屋を紹介します。

糸島半島には、糸島漁協に所属する岐志漁港と、船越漁港、加布里漁港、福吉漁港、福岡漁協の唐泊漁港とがあり、規模の大小はありますが、多くのカキ小屋が立ち並んでいます。この写真は加布里漁港の住吉丸で、多くのカキ小屋はこのようなビニールハウスで営業しています。 20Kakigoya01.jpg

こちらは船越と並んで規模の大きい岐志漁港。今シーズンからビニールハウスではなく、常設型の店舗に様変わりしました。
20Kakigoya02.jpg

店によって多少の違いはあっても、カキ小屋の中はこんな感じです。
20Kakigoya03.jpg

カキが焼ける香ばしい匂いが漂いはじめると、がぜん食欲が増してきます。
20Kakigoya04.jpg

カキだけではなく、ホタテやヒオウギ貝、サザエやハマグリ、ほかにもさまざまな海産物が用意されていますので、カキが嫌いな人でも大丈夫。豊富な食材で海鮮バーベキューを楽しめます。
20Kakigoya05.jpg

20Kakigoya07.JPG

焼きガキは海の塩味だけでシンプルに食べてももちろんおいしいのですが、備えつけの醤油やポン酢なども味の変化があっていいものです。また、バターやバジル、粉チーズなど好みの調味料を持参すれば、ひと味もふた味も違う焼きガキを味わうことができますのでおすすめです。
20Kakigoya06.jpg

ホタテには、やはりバターがぴったり。
20Kakigoya08.jpg

糸島半島加布里で採れる天然ハマグリは、日本で多く出回っている外国産ではなく貴重な国産固有種。自然な甘みがあっておいしいので、ぜひ試していただきたいと思います。
20Kakigoya09.jpg

ビールや日本酒、焼酎にワインなど、アルコール類(飲みもの全般)は持ち込みOKです。紙コップなどは持参しましょう。食べものの持ち込みができるカキ小屋もありますが、店によって対応が異なりますので事前に確認してくださいね。
20Kakigoya10.jpg

車エビはあまり焼きすぎず、パッと塩を振って食べるのがおすすめです。
20Kakigoya11.jpg

これは九州ならではのイワシ明太のホイル焼き。脂ののったイワシとピリッと辛い明太子がよく合います。
20Kakigoya12.jpg

ご飯ものも用意されています。醤油を垂らしながらじっくり炙れば、香ばしい焼きおにぎりができあがります。
20Kakigoya13.jpg

カキのガーリックソテー。近ごろのカキ小屋はサイドメニューも充実しており、店ごとに工夫を凝らしていますのでメニュー表をよくチェックしてみましょう。
20Kakigoya14.jpg

定番のカキフライ。
20Kakigoya15.jpg

カキのピザなんかもありますよ。
20Kakigoya16.JPG

〆は何といってもカキご飯でしょう。
20Kakigoya17.jpg

糸島半島のカキ小屋は漁師さん直営のため、目の前の海で揚がった新鮮なカキが食べられます。採れたてのカキをそのまま焼いて食べるのは格別です。シーズンは10月から3月くらいが一般的ですが、なかには4月まで営業するカキ小屋もあるようです。営業時間も店によって多少異なりますが、大体9時から10時にオープンし夕方(17時頃)まで営業しています。
新型コロナウイルスの影響で客足は例年より少なめとのことでしたが、やはり週末は混みあっています。平日なら半分くらいの埋まり具合だそうですので、隣の席との間隔はあまり気にせずに済みそうです。今の時期は、窓を開けて換気にも気を遣っています。

【糸島半島のカキ小屋】関連情報:糸島カキ小屋ガイド公式Webサイト: http://itosima-kaki.askanditsgiven.biz/
〇岐志漁港: 糸島市志摩岐志778-5(12店舗)
〇船越漁港: 糸島市糸島市志摩船越415(8店舗)
〇加布里漁港: 糸島市加布里1196-27(2店舗)
〇福吉漁港: 糸島市二丈福井5490-13(4店舗)
〇唐泊漁港: 福岡市西区大字小田(1店舗)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2020年3月 9日
« 前の記事「桜リレー始まる!~白野江植物公園」へ
»次の記事「端正なシルエットが美しい!瑠璃光寺の五重塔」 へ
福岡特派員 新着記事
北九州市のウォーキングスポット~頓田貯水池
グリーンパーク再開!春のバラが満開です
北九州市のウォーキングスポット~瀬板の森公園
CNNが選んだ「日本でもっとも美しい場所34選」~河内藤園、2020年は公開中止!
希少生物や野鳥の宝庫~北九州市曽根干潟
北九州市のデザインマンホールを探してみよう!~銀河鉄道999編
北九州の桜スポット
これで最後!?折尾駅鹿児島本線高架メモリアルウォーク!!

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集