海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福岡特派員ブログ > CNNが選んだ「日本でもっとも美しい場所34選」~...

日本国内/福岡特派員ブログ Duke

日本国内・福岡特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月 1日

CNNが選んだ「日本でもっとも美しい場所34選」~河内藤園、2020年は公開中止!


CNNが選んだ「日本でもっとも美しい場所34選」~河内藤園、2020年は公開中止!

こんにちは、「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。風薫る五月、各地で藤が咲き誇る季節になりましたね。北九州市八幡東区にある河内藤園は、美しい藤の花のトンネルがSNSや口コミで拡散され世界的に有名な観光地となっていますが、今年は新型コロナウイルス感染防止対策のため一般公開が中止されました。丹精込めて育てた藤が見ごろを迎える時期だっただけに本当に残念です。
今年は閉園となりましたが、近い将来コロナも終息して来年再び美しい藤棚を見ることができるよう願いを込めて、過去の写真を掲載しますのでご覧いただければと思います。
4月末から5月初旬にかけて、3,000坪の敷地に22種類の藤が咲き誇る河内藤園。様々な品種が織りなす紫や白、青のグラデーションは、暫し言葉を失うほどの美しさで、世界に称賛されるのも頷けます。(受付のすぐ横に、110メートルと80メートルの2本の藤のトンネルがあります)
20Kawachifuji01.JPG

2012年に海外のサイトで「実在する世界の美しい場所10」として紹介され、2015年からは米国CNNの「日本でもっとも美しい場所34選(当初は31選)」に選ばれるなど、その絶景が世界に知られるようになり、国内はもとより世界各国からも観光客が押し寄せるようになりました。このため、2016年以降は日時指定の予約チケット制(2時間区切りの指定時間内に受付を通過すれば入園後の時間制限なし)となっています。
20Kawachifuji02.JPG

様々な色あいの藤の花が連なる藤のトンネルは、まるでファンタジーの世界。藤の花の甘い香りに包まれながら、一枚の水彩画を見ているようです。
20Kawachifuji03.JPG

トンネルを抜けて山道を上る途中にあるドーム状の藤棚。
20Kawachifuji10.JPG

中に入ると、空から藤の花が降ってきているような感覚にとらわれます。
20Kawachifuji11.JPG

山道を上りきったところに広がる約1000坪の藤棚は、さながら幾重にも連なった薄紫色のカーテン。甘酸っぱい香りがあたり一帯に漂って、心も体も癒されていくようです。
20Kawachifuji04.JPG

なかには樹齢120年を超えるどっしりとした大藤もあります。わずか数本の藤の古木が四方に枝を広げ、紫色の雨が降っているかのような風景を作り上げているんですね。
20Kawachifuji05.JPG

満開時は藤の房が目の前まで垂れ下がってきて、腰をかがめないと歩けないほど。
20Kawachifuji06.JPG

藤棚の広場でも、数種類の藤の花のグラデーションを見ることができます。
20Kawachifuji07.JPG

上から見た藤棚。谷間に雲海が広がっているような景色です。
20Kawachifuji08.JPG

深い木立に囲まれて山の奥へと続く小道。この付近、秋は見事な紅葉を見せてくれますが、この時期は新緑が眩いばかりです。
20Kawachifuji13.JPG

谷川沿いに山道を下れば、また違う種類の藤が目を楽しませてくれます。園内は30分もあれば見回ることができますが、せっかくですから、時間をかけてゆっくりと藤のシャワーを満喫してほしいです。
20Kawachifuji09.JPG

ちょっと珍しい八重咲きの黒龍藤。まるで葡萄がたくさんぶら下がっているようです。
20Kawachifuji14.JPG

藤棚の隙間から漏れる光を受けて黒龍藤が鮮やかに輝きます。くしゃくしゃっとして、それでいてふっくらとした、なんとも可愛らしい藤の花です。
20Kawachifuji12.JPG

これほどの絶景が見られる河内藤園。山あいを走る片側一車線の一本道は、シーズン中は大渋滞が日常茶飯事になってしまいました。そこで2016年から、道路の渋滞緩和と園内の混雑緩和のため、コンビニで販売される日時指定の予約チケットを購入するシステムに入園方法が変更となりました。詳細は、公式ホームページで説明されていますので、来年藤園にお出かけになる際は、あらかじめ確認されることをお勧めします。(例年、期間中はJR鹿児島本線八幡駅から河内藤園の間で西鉄バスのシャトル便が運行されますが、来年の予定は決まっていません)

【河内藤園】2020年は閉園ですので、2021年の計画の参考にしてください。
〇場所:北九州市八幡東区河内2-2-48
〇開園時期:4月下旬~5月上旬 08:00~18:00
〇入園料:盛期は1,500円(コンビニチケットは一人500円で販売。開花状況によって現地で追加料金を支払うシステム)
〇問合せ:093-652-0334
〇ホームページ:河内藤園(https://kawachi-fujien.com/)
〇アクセス:北九州都市高速「大谷IC」または「山路IC」から車で約20分
〇駐車場:200台(無料)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 自然・風景
2020年5月 1日
« 前の記事「希少生物や野鳥の宝庫~北九州市曽根干潟」へ
»次の記事「北九州市のウォーキングスポット~瀬板の森公園」 へ
福岡特派員 新着記事
歴史を映し出す「地図の博物館」~ゼンリンミュージアム
北九州市のウォーキングスポット~頓田貯水池
グリーンパーク再開!春のバラが満開です
北九州市のウォーキングスポット~瀬板の森公園
CNNが選んだ「日本でもっとも美しい場所34選」~河内藤園、2020年は公開中止!
希少生物や野鳥の宝庫~北九州市曽根干潟
北九州市のデザインマンホールを探してみよう!~銀河鉄道999編
北九州の桜スポット
1年前の同じ月に投稿された記事
【はじめまして】田園風景に佇む炭鉱王の大邸宅 旧藏内邸

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福岡県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福岡特派員

    福岡特派員
    Duke
    旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集