海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/福島特派員ブログ

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


郡山市湖南町にある布引高原 へ行って来ました。

猪苗代湖の南に位置する標高約1,000mの高原で、磐梯山や猪苗代湖を一望する絶好のロケーショが特徴的です。 国内最大級の風力発電所(33基の巨大風車)の下には、特産の布引大根畑や季節の花畑が広がっています。

 

今回は、見頃の終盤を迎えたひまわり畑を中心に巡りました。 IMG_8071.jpg IMG_8097.jpg

猪苗代湖と磐梯山方向です。

残念ながら、磐梯山の頂はガスに覆われています^^; IMG_8082.jpg

滞在中は"風の高原"らしい強風が吹いていました。 IMG_8103.jpg

背あぶり山の風車群をバックに風に揺れるひまわりの黄色が鮮やかです。

もう間もなく、ピンクやホワイトの秋桜が台頭してきます。 IMG_8118.jpg IMG_8122.jpg IMG_8100.jpg

ひまわり畑は区画によって見頃の時期が異なりますが、今年は全体的に開花のタイミングが遅かったとのこと。

例年なら花期を終えている区画もまだ見頃だったのは嬉しい誤算でした♪ IMG_8088.jpg

<高原全体を空撮>

DJI_0926.jpg DJI_0932.jpg

【動画編】 (1分14秒・BGM有)


2019年9月18日

二重滝を後にし、南会津町大桃地区にある大桃の舞台へ行ってみました。

国内でも珍しい兜造の茅葺屋根を有する農村舞台で、国の重要有形民俗文化財にも指定されています。

檜枝岐の舞台と並んで、奥会津に残る伝統的建築物の一つとなります。 IMG_7574.jpg

場所は、国道352号線沿いの居平集落奥。

駒嶽神社の境内に建てられています。 IMG_7578.jpg

案内板

IMG_7585.jpg

今なお現役の舞台であり、毎年8月上旬に町内の郷土芸能が上演されています。 IMG_7586.jpg

大桃の舞台と駒嶽神社 IMG_7603.jpg

舞台の間口7.64m、奥行き8.56m。正面上部に破風があり、正面の小廂がついた切妻造です。 IMG_7589.jpg

内部のつくり IMG_7591.jpg

舞台中央は、固定式二重、二層機構になっており、上の二重の前後には唐紙を入れることができます。

また、その奥は二重下の面と同じ高さに床が貼られ楽屋となっているとのことです。 IMG_7596.jpg

周辺環境との相性や独特の雰囲気から、写真愛好家にも支持されています。 IMG_7607.jpg IMG_7633.jpg

2019年9月12日

三岩岳&窓明山の下山後、登山者用駐車場脇にある二重滝を訪ねてみました。

三岩岳に源を持つ黒檜沢と伊南川との出合にかかる段瀑で、国道の下で上段と下段に分かれているのが特長的です。

看板に名称こそ載っていますが観瀑環境が整えられていないこともあり、地元でもあまり知られていないマイナーすぎる滝です^^;

 

二重滝(にじゅうたき)周辺の様子を空撮

(赤〇は、全貌が分かりにくい下段側) DJI_0913.jpg

登山者駐車場より、二つの小豆温泉スノーシェッドの間へ進みます。 IMG_7548.jpg

国道(R352)脇より、二重滝の上段側です。この上部にも小滝があります。 IMG_7563.jpg IMG_7571.jpg

下段側の様子です。流れ落ちる先は伊南川となります。

…このような感じで、滝の全貌がよく分かりません^^; IMG_7557.jpg

覗き込み過ぎたり、また、通過車両には十分な注意が必要となります。 IMG_7561.jpg

ドローンにて、滝の全貌を撮影してみます。 DJI_0916.jpg

道路の真下にある中段の滝壺が確認できます。 DJI_0899.jpg

二重滝の全景の様子です。

下段側の滝の落差は、15mほどでしょうか。中々の美滝です。 DJI_0895.jpg

滝前より、伊南川上流方向を望みます。

清流そのものの色合いが美しいです。 DJI_0900.jpg

2019年9月 9日
2019年9月 6日
2019年9月 2日
2019年8月29日
2019年8月26日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集