海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 梅雨晴れの燧ヶ岳@桧枝岐村(登頂編)

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月25日

梅雨晴れの燧ヶ岳@桧枝岐村(登頂編)


梅雨晴れの燧ヶ岳@桧枝岐村(登頂編)

桧枝岐 にある燧ヶ岳へ行って来ました。

東北最高峰にして至仏山と双璧を成す尾瀬のシンボル的存在です。

今回は、御池から入って復旧したばかりの見晴新道を下り、裏燧林道を戻りました。

 

桧枝岐に向かう途中、R289沿いの座頭ころばし展望台(西郷村)から望む朝日 IMG_1615 (640x426).jpg

御池登山口をスタート IMG_1623 (640x427).jpg

直ぐに左に折れます。 IMG_1625 (640x427).jpg

樹林帯の中、様々な花を愛でながら最初の田代「広沢田代」へ。 IMG_1652 (640x427).jpg

朝露の影響が僅かに残るワタスゲ IMG_1640 (640x426).jpg

モウセンゴケやタテヤマリンドウ、コバイケイソウ等が目立ちます。 IMG_1660 (640x427).jpg IMG_1680 (640x427).jpg IMG_1676 (640x427).jpg

次なる田代「熊沢田代」へ。 IMG_1710.JPG IMG_1711 (640x427).jpg

ベンチ付近から池塘の先に平ヶ岳を望みます。

バックは、越後の中ノ岳から駒ヶ岳の稜線と荒沢岳周辺 IMG_1715 (640x427).jpg

チングルマが目立ち始めました。 IMG_1721 (640x427).jpg

8合目を過ぎ、熊沢田代とその先に会津駒ヶ岳を望みます。 IMG_1744 (640x427).jpg

二等三角点のある山頂「俎嵓」(まないたぐら)へ到着。

因みに「嵓(くら)」とは、岩を意味します。 IMG_1754 (640x427).jpg IMG_1755 (640x426).jpg

大江湿原と尾瀬沼を俯瞰します。

バックには、男体山や奥白根山を始めとした日光連山 IMG_1756 (640x426).jpg

歩いて来た方向の先に会津駒ヶ岳 IMG_1766 (640x427).jpg

平ヶ岳とその先に越後の峰々 IMG_1770 (640x427).jpg

山頂の岩場に咲くミヤマキンバイ IMG_1780 (640x427).jpg

これから向かう柴安嵓(しばやすぐら) IMG_1775 (640x427).jpg

柴安嵓の頂へ。

標高は、俎嵓より約10m高い2,356m。東北以北の最高峰となります。 IMG_1807 (640x427).jpg

尾瀬ヶ原と至仏山 IMG_1818 (640x427).jpg

赤城山&上州武尊山 IMG_1810 (640x426).jpg

俎嵓&ミノブチ岳 IMG_1839 (640x427).jpg

(下山編へと続きます)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年6月25日
« 前の記事「第80回「やぶき軽トラ市」@矢吹町」へ
»次の記事「梅雨晴れの燧ヶ岳(下山編)」 へ
おすすめ記事
    福島特派員 新着記事
    結氷進む裏磐梯湖沼群!@北塩原村
    創業100年超の老舗ラーメン店!仙台屋食堂@小野町
    フラガール所縁の里山!「湯ノ岳」@いわき市
    国指定の天然記念物「中釜戸のシダレモミジ」@いわき市
    初冬の裏磐梯"中瀬沼"@北塩原村
    会津馬頭観音の総本山「厩嶽山」@磐梯町
    晩秋の猪苗代湖に立ち昇る気嵐(けあらし)@郡山市
    東北屈指の透明度を誇るカルデラ湖の秋!沼沢湖@金山町
    1年前の同じ月に投稿された記事
    浄土平湿原を彩るワタスゲの群生
    国内最古の公園に咲くスイレン&絶品のだんご!@南湖公園
    初夏の安達太良山
    ニッコウキスゲ群生地のニューカマー@舘山公園
    マイナスイオンの癒し効果!初夏の達沢不動滝
    天空の絶景!磐梯吾妻スカイライン

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 福島特派員

      福島特派員
      bill
      福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集