海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 会津馬頭観音の総本山「厩嶽山」@磐梯町

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月23日

会津馬頭観音の総本山「厩嶽山」@磐梯町


会津馬頭観音の総本山「厩嶽山」@磐梯町

磐梯町 にある厩嶽山へ行って来ました。

磐梯山から西側へと続く稜線上に位置し、雄国沼の外輪山に当たる山の一つで、

会津地方の馬頭観音信仰の中心地として1,000年超の歴史があります。

今回は、近くにある二子山と併せて登ります。

 

途中、猪苗代町から望む磐梯山周辺の峰々↓

(正確には、二子山の頂は見えておりません) IMG_7838 (640x426).jpg

榮川酒造 南側の道路を進んだ先にある登山口

(駐車スペースは、この先にも複数個所設けられています) IMG_7847 (640x427).jpg IMG_7845 (640x426).jpg

車道を道なりに進み、途中から西国三十三観音石仏が祀られた参道へと入ります。

参道には、京都近郊を中心とした西日本各地に因む石仏が祀られています。 IMG_7862 (640x427).jpg

会津馬頭観音の総本山「馬頭観音堂」へと到着です。

荒廃によって傾いた様子がまた何とも言えぬ雰囲気です^^; IMG_7870 (640x427).jpg

厩嶽山の山頂へ。 IMG_7875 (640x427).jpg

磐梯山と猪苗代湖 IMG_7877 (640x427).jpg

雄国沼と飯豊連峰 IMG_7889 (640x427).jpg

中央に古城ヶ峰

これから向かう二子山は、古城ヶ峰の右奥に位置しています。 IMG_7882 (640x427).jpg

厩嶽山を後にし、二子山へと向かいます。 IMG_7896 (640x426).jpg

車道と合流し、暫く進みます。 IMG_7900 (640x427).jpg

アスファルト道に出ると程なくして、二子山へと続く遊歩道入口となります。 IMG_7901 (640x427).jpg

二子山の頂にある展望スペース IMG_7908 (640x426).jpg

会津盆地を望みます。 IMG_7912 (640x427).jpg

展望スペースの東側にある小高いピークを経た後、戻ります。 IMG_7922 (640x427).jpg

厩嶽山へと戻ると、飯豊山頂を覆っていたガスが抜けていました。 IMG_7934 (640x428).jpg

動画編(35秒・音声無し)

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年11月23日
« 前の記事「晩秋の猪苗代湖に立ち昇る気嵐(けあらし)@郡山市」へ
»次の記事「初冬の裏磐梯"中瀬沼"@北塩原村」 へ
福島特派員 新着記事
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
ひまわり彩る初秋の布引高原@郡山市
ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼@北塩原村
1年前の同じ月に投稿された記事
初冬の斎藤山
そば処 大和@郡山市
落葉進む江竜田の滝@鮫川村
落葉彩る天狗橋@鮫川村
晩秋の三本槍岳
紅葉の土津神社
暮秋の達沢不動滝
秋色深まる観音寺川@猪苗代町
【県外の山旅】恵那山

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集