海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 廃道に現れた氷の神殿!二ツ小屋隧道の氷柱群@福島市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月29日

廃道に現れた氷の神殿!二ツ小屋隧道の氷柱群@福島市


廃道に現れた氷の神殿!二ツ小屋隧道の氷柱群@福島市

福島市 飯坂町にある二ツ小屋隧道へ行って来ました。

福島と山形を結ぶ旧栗子峠(万世大路)に残る隧道の一つで、近代化産業遺産にも数えられ、

厳冬期は損傷個所から滴る水分が凍り、巨大な氷柱群が現れるスポットとしても知られています。

 

東栗子トンネル手前から右手側のポンプ施設方向(写真右奥)へと進みます。

なお、スノーシュー装着です。 IMG_0263 (640x426).jpg

ポンプ施設を過ぎ、東栗子トンネル入口を望みます。

これまで容認されていた駐車スペースは、除雪車両の邪魔になることから駐車禁止とのことです><

(駐車場は、福島側約800m付近にあります) IMG_0264 (640x427).jpg

林間へと入って行きます。

生憎の天候のためトレースは所々消えがちでしたが、木には目印が付けられています。

なお、写真の左側に写る車両はボランティアで付近を管理されている方のものとのこと。

(決して乗り捨てられている訳ではありません^^;) IMG_0265 (640x427).jpg

二ツ小屋隧道入口

万世大路(ばんせいたいろ)は明治14年に開通した旧道で、命名は明治天皇です。

昭和12年の改修を経て昭和41年に国道13号線が完成するまでは、交通の要衝でした。

※県境の栗子隧道が崩落しているため、先に進んでも山形県側へ抜けることは出来ません。 IMG_0268 (640x427).jpg

総延長384mの隧道内を入口から望みます。

氷柱が見られるのは、30mほど進んだ先からとなります。 IMG_0274 (640x427).jpg

隧道内に形成された氷柱の様子 IMG_0277 (640x427).jpg IMG_0289 (640x427).jpg

最大で約5mに達する氷柱群は"氷の神殿"とも呼ばれ、どこか畏怖に似た雰囲気が漂います。

(奥に進むにはアイゼン等の滑り止めが必要) IMG_0290 (640x427).jpg IMG_0302 (640x424).jpg

崩落個所も多く、足元だけでなく頭上にも細心の注意を要します。 IMG_0307 (640x427).jpg IMG_0325 (640x426).jpg

GPSログ

zGPSlog (640x420).jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年1月29日
« 前の記事「東北南部最大の祭祀遺跡「建鉾山」@白河市」へ
»次の記事「冬の山寺&銀山温泉【山形遠征】」 へ
福島特派員 新着記事
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
ひまわり彩る初秋の布引高原@郡山市
ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼@北塩原村
1年前の同じ月に投稿された記事
銚子ヶ滝の"ブルーアイス"
松尾芭蕉ゆかりの小さな氷瀑「八流の滝」
【県外の旅】四万温泉 湯立祭@群馬県
デトックス効果抜群の酵素浴!健美センター「田舎」@郡山市
絶景のローカル線!冬の只見線第一橋梁&大志集落
神秘の沼沢ブルー!前山から望む厳冬期の沼沢湖@金山町
白河うどんマーケット「櫓」
冬の明神滝
埋蔵金伝説の里山「丹波楯山」@天栄村
【県外の旅】上越国際スキー場カウントダウンイベント

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集