海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 新編会津風土記にも記された信仰の山「飯谷山」@柳津...

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月 8日

新編会津風土記にも記された信仰の山「飯谷山」@柳津町


新編会津風土記にも記された信仰の山「飯谷山」@柳津町

柳津町と西会津町に跨る信仰の山「飯谷山」へ行って来ました。

会津坂下から柳津に掛けての只見川沿いからも良く目立つ里山で、標高は783m。

その名は「背後から見ると、飯を盛ったのに似ているから」(新編会津風土記)に因みます。

 

今回は、野老沢(ところざわ)集落先からの周回ルートで巡ります。

林道の途中にある登山道入口 IMG_4418.jpg

個体数は多くありませんが、貴重なヒメサユリも咲いていました。 IMG_4426 .jpg

所々に設置してあるクマ除けの一斗缶。

叩いて大きな音を出し、クマを遠ざけるものです。 IMG_4432 .jpg

ブナに囲まれた尾根で高度を上げて行きます。 IMG_4452 .jpg

飯谷神社旧本殿(奥ノ院) IMG_4459 .jpg

山頂の様子です。

(柱票)

IMG_4479 .jpg

山頂はややナイフリッジ的で、特に西側は切れ落ちています。

先の新編会津風土記には「慶長16年に地震で山崩れを起こした」とあり、無関係ではなさそうです。 IMG_4476 .jpg

西側に、西会津町の中心部と新潟県境の山々 IMG_4482 .jpg

山頂を後にし、小杉山コースとの分岐を左へ下ります。 IMG_4490 .jpg

途中にある展望スポットより、柳津町の中心部とその先に会津盆地を望みます。

スッキリとしていれば、会津磐梯山なども見ることが出来ます^^; IMG_4500 .jpg

登りのルート上にある展望案内と概ね合致する眺望です。 IMG_4471 .jpg

只見川に掛かる柳津橋と柳津町の中心部です。

中央左寄りには、福満虚空蔵尊圓蔵寺も見えています。 IMG_4498 .jpg

途中、清水頭の滝へも立ち寄ってみました。

この後、林道へと合流し、起点へと戻ります。 IMG_4512 .jpg

駐車スペースの脇では、ホオノキの花も見ることが出来ました。 IMG_4538 .jpg

(GPSログ) gpslog .jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2019年6月 8日
« 前の記事「観る者に幸せ満ち溢る!歓満の滝@南会津町」へ
»次の記事「朝靄に煙る第一只見川橋梁@三島町」 へ
おすすめ記事
福島特派員 新着記事
秘境に残る軌道跡と馬尾ノ滝@天栄村
奇岩と濃緑と清流のコラボ!川上渓谷「蒼ヶ島」@塙町
土湯の名瀑「幕滝」@福島市
神秘のカルデラ湖!「魔女の瞳」@一切経山
絶品の名代ソースかつ丼!柏屋食堂@本宮市
あじさい寺「高林寺」@二本松市
初夏の沼沢湖@金山町
梅雨曇の安達太良山
1年前の同じ月に投稿された記事
梅雨晴れの燧ヶ岳(下山編)
梅雨晴れの燧ヶ岳@桧枝岐村(登頂編)
第80回「やぶき軽トラ市」@矢吹町
歌人「斎藤茂吉」ゆかりの桶沼@浄土平
米農家の女性オーナーが切り盛りするカフェ工房R@須賀川市
宝の山の頂へ!初夏の磐梯山(山頂~下山編)
磐梯山固有種を求めて初夏の磐梯山へ!(火口原&天狗岩お花畑編)
ハンドメイド作品の競演!第7回ソライチ@福島空港公園
弘法大使の大蛇払い伝説に因む「蛇追ヶ滝」@磐梯町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集