海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 軍配はどちらに!? 行司ヶ滝@田村市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月21日

軍配はどちらに!? 行司ヶ滝@田村市


軍配はどちらに!? 行司ヶ滝@田村市

田村市都路町にある行司ヶ滝 へ行って来ました。

高瀬川にかかる滝で、その名は"領地争いの行司をとった場所"にちなむとされます。

 

2019年7月、震災から8年ぶりの復活を遂げたばかりでしたが、先の台風19号の影響により再び通行止めに...

その整備が完了したとの報を受け、秋っぽさが少しでも残るうちにと足を運んでみました。

 

(遊歩道入口) IMG_9527.jpg

歩道入口には、行司沢支線のトロッコレールが再現されていました。 IMG_9526.jpg

案内図には、行司ヶ滝まで820mと記されています。

行司ヶ沢に沿って整備された遊歩道は、普段着でも十分に歩くことが可能です。 IMG_9528.jpg IMG_9529.jpg IMG_9532.jpg IMG_9536.jpg

正面に曼陀羅岩を望みます。 IMG_9537.jpg

曼陀羅岩近くより望む女滝 IMG_9544.jpg

一部に残る紅葉が目に眩しいです。 IMG_9558.jpg

落葉に覆われた遊歩道もまた心地いいですね♪ IMG_9562.jpg

いよいよ行司ヶ滝へ。

いったん右手側へ上った後、急傾斜地を下りて行きます。 IMG_9566.jpg

途中、正面に行司ヶ滝 IMG_9570.jpg

行司ヶ滝の直下には、電源開発に関係する堰と小屋があります。

かつては10丈8尺(32.2m)の落差を誇ったそうですが、これらの工事により半減してしまったそうです... IMG_9573.jpg

行司ヶ滝を望む定番スポット(小屋脇)より。 IMG_9584.jpg

遊歩道終点にあたる橋より、沢との合流地点を俯瞰します。

右手側に見える小さな滝が行司ヶ滝からの流れとなります。 IMG_9606.jpg

そのさらに下流側の様子です。 IMG_9609.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年11月21日
« 前の記事「姫伝説にちなむ秋の鎌倉岳@古殿町」へ
»次の記事「坂上田村麻呂に因む「五十人山」@田村市」 へ
福島特派員 新着記事
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
ひまわり彩る初秋の布引高原@郡山市
ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼@北塩原村
1年前の同じ月に投稿された記事
国指定の天然記念物「中釜戸のシダレモミジ」@いわき市
初冬の裏磐梯"中瀬沼"@北塩原村
会津馬頭観音の総本山「厩嶽山」@磐梯町
晩秋の猪苗代湖に立ち昇る気嵐(けあらし)@郡山市
東北屈指の透明度を誇るカルデラ湖の秋!沼沢湖@金山町
深まる秋の霧幻峡!
晩秋の三坂山&美坂高原@三島町
奥会津の秘境!幽の沢渓谷@金山町
東北最大の甌穴群!滝沢川の甌穴@金山町
古き良き昭和の面影「喰丸小」の大銀杏@昭和村
8万年の時を刻む!錦秋の矢ノ原湿原@昭和村
日本の滝百選の一つ「乙字ヶ滝」

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集