海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > シモフリ新道から望む荒涼とした大地!駱駝山@福島市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月19日

シモフリ新道から望む荒涼とした大地!駱駝山@福島市


シモフリ新道から望む荒涼とした大地!駱駝山@福島市

一切経山の山頂を後にし、シモフリ新道を駱駝山方向へと下ります。

浄土平周辺の荒涼とした景色と、貴重な白いイワカガミを楽しみます。

 

大きな火口が目立つ吾妻小富士と安達太良連峰 IMG_2999.JPG

シモフリ(霜降)新道へと入っていきます。

※ここより先、登山初心者の安易な入山は危険です⚠ IMG_4572.JPG

最初の樹林帯を抜けると、磐梯吾妻スカイラインの涅槃坂周辺が見えてきます。

CMの撮影舞台としても有名です。 IMG_3041.JPG IMG_3029.JPG

浄土平と中央右寄りに樋沼も見えています。

なお、浄土平湿原では目下、ワタスゲが見頃の最盛期を迎えています。 IMG_3044.JPG

福島盆地をバックに駱駝山とシモフリ山 IMG_3051.JPG

駱駝山が近付いてきました。 IMG_3080.JPG

山頂手前では、特徴的な奇岩も見られます。 IMG_3117.JPG

一切経山の大穴火口から上がる噴気も確認できます。 IMG_3122.JPG

真逆(吾妻小富士側)からはメジャーですが、こちら側からの眺望は貴重です。 IMG_3132.JPG

駱駝山の山頂です。 IMG_4614.JPG

シモフリ沢方向を俯瞰します。

今回は不動沢へ戻るので、左側へと下ります。 IMG_3160.JPG

途中、白いイワカガミに出会うことができました♪ IMG_3168.JPG

一般的なピンクのイワカガミは、本ルート上のほぼ全域で見ることができます。 IMG_3177.JPG

荒涼とした大地と小さくも美しい花々に癒された山旅となりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年6月19日
« 前の記事「コバルトブルーに輝く"魔女の瞳"!一切経山@福島市」へ
»次の記事「悠久の時を刻む深緑の矢ノ原湿原@昭和村」 へ
福島特派員 新着記事
色付き進む秋の日暮滝@下郷町
手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
1年前の同じ月に投稿された記事
梅雨曇の安達太良山
安達太良山麓に建つ公共の山小屋「くろがね小屋」@二本松市
標準電波送信所を望む「五社山」@川内村
天然記念物指定のモリアオガエル繁殖地!「平伏沼」@川内村
幻想的な川霧漂う「霧幻峡」
朝靄に煙る第一只見川橋梁@三島町
新編会津風土記にも記された信仰の山「飯谷山」@柳津町
観る者に幸せ満ち溢る!歓満の滝@南会津町
雨乞いの神様見守る「竜神滝」@南会津町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集