海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > ヒメサユリ終盤の浅草岳@只見町

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年7月16日

ヒメサユリ終盤の浅草岳@只見町


ヒメサユリ終盤の浅草岳@只見町

新潟と福島の県境に位置する浅草岳へ行ってきました。

今回は、新潟県側の六十里越から鬼ヶ面山経由で山頂を目指します。

見頃終盤のヒメサユリと、急峻な雪食地形を間近に眺める山旅となります(本格的な登山装備が必要です)。

 

浅草岳の山頂に咲く孤高のヒメサユリ aIMG_4284.JPG

六十里越トンネルを過ぎてすぐの駐車場をスタート。 IMG_5232.JPG

一部に荒れた個所もありますが、稜線まではおおむね歩きやすい状況です。 IMG_5237.JPG

鉄塔のある開けたポイントより望む稜線は、まだガスの中です。 IMG_5243.JPG

稜線上で最初に視界の開けるピーク「南岳」へ到着です。

福島県側に湧いていたガスは、休憩中にほとんどが抜けてくれました。 IMG_5261.JPG

これから向かう浅草岳の山頂も薄っすらと見えてきました。 IMG_4160.JPG

田子倉湖と只見町の中心部方向 IMG_4162.JPG

歩いて来た方向 IMG_4138.JPG

視界のきく稜線を進んで行きます(足元は切れ落ちた部分等も多く、注意が必要です)。 IMG_4168.JPG

稜線を進むにつれ、ヒメサユリが見られるようになってきます。

この地域でしか見ることができないユリ科の希少種です。 IMG_4206.JPG

淡いピンクから濃い目のピンクまで揃いますが、時期的にはすでに終盤です。 IMG_4330.JPG

稜線上の主となるピーク「鬼ヶ面山」の頂。

バックは浅草岳です。 IMG_5285.JPG

ヒメサユリとニッコウキスゲの競演♪ IMG_5381.JPG

途中、これまで歩いてきた稜線を振り返ります。

荒々しい東壁は、1500mクラスの山とは思えない迫力です。 IMG_4252.JPG

山頂手前には雪渓も残っていました。 IMG_5347.JPG

浅草岳の山頂到着です。 IMG_5359.JPG

山頂より、歩いてきた稜線 IMG_4302.JPG

田子倉湖

IMG_4275.JPG

新潟県側に守門岳 IMG_4305.JPG

山頂を後に下山します。 IMG_5366.JPG

山頂直下の湿原より、池塘の先に守門岳 IMG_4323.JPG

再び雪渓をトラバース。 IMG_5372.JPG

只見沢を左手に稜線を戻ります。 IMG_4344.JPG IMG_4371.JPG

南岳より、浅草岳と歩いた稜線を振り返ります。

そのあと、無事に登山口へと戻りました。 IMG_4393.JPG

また時季を変えて歩いてみたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 人気ブログランキングへ

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年7月16日
« 前の記事「清涼感満点!ブナ坂の清水@桧枝岐村」へ
»次の記事「深山幽谷にたたずむアイヨシの滝@只見町」 へ
福島特派員 新着記事
手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
ひまわり彩る初秋の布引高原@郡山市
1年前の同じ月に投稿された記事
最高級織物の原料と日本一のカスミソウ!からむし織の郷フェア@昭和村
古き良き旧校舎で楽しむアート!喰丸小芸術祭2019@昭和村
秘境に残る軌道跡と馬尾ノ滝@天栄村
奇岩と濃緑と清流のコラボ!川上渓谷「蒼ヶ島」@塙町
土湯の名瀑「幕滝」@福島市
神秘のカルデラ湖!「魔女の瞳」@一切経山
絶品の名代ソースかつ丼!柏屋食堂@本宮市
あじさい寺「高林寺」@二本松市
初夏の沼沢湖@金山町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集