海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 芭蕉と曽良も登った信仰の山「関山」@白河市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年12月19日

芭蕉と曽良も登った信仰の山「関山」@白河市


芭蕉と曽良も登った信仰の山「関山」@白河市

白河市関辺にある関山 へ行ってきました。

かつて松尾芭蕉と曽良も登ったされる名峰で、山頂には歴史のある満願寺が建てられています。

今回は、二枚橋登山口から登って満願寺の参道を下る王道コースを巡ります。

 

建鉾山 より、那須連峰をバックにたたずむ望む関山(2019年1月)
IMG_a9627.JPG

駐車場を出発し、工事車両に注意しながら先へと進みます。
IMG_8019.JPG

参道から右に折れ、烏天狗の道へ。
IMG_8024.JPG

一部に急登はありますが特に危険な箇所もなく、全体的に初級者向けのルートです。
IMG_8027.JPG

稜線へと出ます。

樹木に囲まれてはいますが、その先に広がる景色を見ることは可能です。
IMG_8030.JPG

満願寺のある山頂へ到着です。

満願寺は、聖武天皇の勅直寺として行基が開いたと云われています。
IMG_8033.JPG

眺望の効く満願寺の裏は、目下、防災無線の工事中です(2021年3月12日まで)
IMG_8036.JPG

白河市街地方向

左奥となる那須連峰は、残念ながらガスの中でした。
IMG_8038.JPG

白河市中心部をズーム
IMG_8041.JPG

泉崎村方向

磐梯山や安達太良連峰もガスに覆われていました。
IMG_8049.JPG

工事関係者に配慮し、速やかに下山開始とします^^;
IMG_8052.JPG

南側方向に視界の開けたポイントでは、富士山を見ることもできるようです。

なお、画像中央方向は白河関跡 へと続きます。
IMG_8055.JPG
IMG_8058.JPG

国認定重要美術品でもある銅鍾脇を過ぎます。
IMG_8060.JPG

駐車場

推奨はされていないようですが、ここまで車で来ることも可能です。
IMG_8072.JPG

表郷中野地区
IMG_8070.JPG

参道途中にある不動明王と金明水です。
IMG_8075.JPG

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2020年12月19日
« 前の記事「復興拠点の観光復興祈念!YONOMORI まち灯り2020@富岡町」へ
»次の記事「第四只見川橋梁の冬景色@金山町」 へ
福島特派員 新着記事
食堂クオリティに留まらない!田楽食堂@白河市
初冬の大博多山@南会津町
田村で食す!「麵処さとう船引店」@田村市
徳川秀忠公に所縁を持つ棚倉城跡の紅葉@棚倉町
貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市
再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町
秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町
紅葉彩るアイヨシの滝@只見町
1年前の同じ月に投稿された記事
ピラミダルな修験の里山「蓬田岳」@平田村
霧氷と展望の御霊櫃峠!@郡山市
穴場の喜多方ラーメン「くるくる軒」@喜多方市
南北朝時代の山城「宇津峰山」@須賀川市
飛来し始めた冬の使者"高野池の白鳥"@鏡石町
師走の南会津町長野地区
ヘルシーなB級グルメ! 若竹の「塩川鳥モツ」@喜多方市
霧氷煌めく! 初冬の小白森山@天栄村

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集