海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 会津の歴史に触れる「小田山公園」@会津若松市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月22日

会津の歴史に触れる「小田山公園」@会津若松市


会津の歴史に触れる「小田山公園」@会津若松市

会津若松市にある小田山公園 へ行ってきました。

市街地にほど近い里山で、戊辰戦争では西軍の砲台が置かれた場所でもあります。

現在は、手軽に散策を楽しめる公園として整備されています。

 

公園入口駐車場をスタートします。

(向かって左が山頂側、右は駐車場の進入路) IMG_0302.JPG

〈参考〉鶴ヶ城との位置関係

(2015年4月 愛's八重桜遊覧 IMG_0377b.jpg

随所に看板が設けられ、理解しやすくまとめられています。 IMG_0308.JPG IMG_0307.JPG

散策路は広くなだらかな道が続くため、特別な装備がなくとも楽しめます♪ IMG_0314.JPG

案内板がなけれ通り過ぎてしまいそうな観音堂跡 IMG_0319.JPG

そして、西軍の砲陣跡へと到着です。

何発もの砲弾が鶴ヶ城へと打ち放たれた場所です。

現在は展望台となっています。 IMG_0332.JPG

ちなみに"幕末のジャンヌ・ダルク"こと飯島八重は、ここへも反撃しています。

八重が刻んだ「足跡」小田山

案内板の文字が消されているのは、新政府軍への何らかの感情でしょうか...... IMG_0331.JPG

砲陣跡からの眺望

中央左寄りに鶴ヶ城。右後方には飯豊連峰が見えています。 IMG_2034.JPG

〈参考〉鶴ヶ城天守閣から見た小田山

(2015年6月 阿弥陀寺 御三階【DC特別公開】 IMG_1993.JPG

砲陣跡から鶴ヶ城天守閣

鶴ヶ城公園の桜は、すでに見頃のピークを過ぎていました...... IMG_2039.JPG

砲陣跡から飯豊連峰 IMG_2051.JPG

会津盆地南部方向 IMG_0345.JPG

会津の町並みを見下ろす山頂付近には、複数の会津藩士の墓があります。

こちらは、北方警備の軍事奉行などを歴任した丹羽能教の墓です。 IMG_0370.JPG

山頂に当たる場所に位置するのは、会津藩の名家老とされる田中玄宰の墓。 IMG_0384.JPG

向羽黒山城址跡(白鳳山公園)方向 IMG_0387.JPG

さまざまな種の桜を見ることができるのも特徴のひとつです。

かつては、日本一の桜「見本」公園としての構想もあったようです。 panelimg.jpg

ピーク付近にある物見台跡(展望台) IMG_0409.JPG

手前側に子供の森

右後方には、磐梯山と西側へ続く山々の稜線が続いています。 IMG_0412.JPG

会津若松市中心部とバックに白き雪を纏う飯豊連峰が見えています。 IMG_0413.JPG

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年4月22日
« 前の記事「会津盆地を貫く桜並木!宮川千本桜@会津美里町」へ
»次の記事「春の会津盆地を俯瞰!奴田山@会津若松市」 へ
福島特派員 新着記事
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
ひまわり彩る初秋の布引高原@郡山市
ジュンサイ彩る初秋の中瀬沼@北塩原村
1年前の同じ月に投稿された記事
新型コロナウイルスに負けない!次年度以降のおすすめvol.5【高蔵寺のシャガ】@いわき市
新型コロナウイルスに負けない!【食べて応援企画】杜のくまさん@三春町
新型コロナウイルスに負けない!次年度以降のおすすめvol.4【観音寺川の桜並木】@猪苗代町
新型コロナウイルスに負けない!次年度以降のおすすめvol.3【湯野上温泉駅の桜】@下郷町
新型コロナウイルスに負けない!次年度以降のおすすめvol.2【花見山】@福島市
新型コロナウイルスに負けない!次年度以降のおすすめvol.1【滝桜】@三春町
ミニチュア・アートの楽しい世界!MINIATURE LIFE展@福島市
福島に桜前線の到来を告げる「戸津辺の桜」@矢祭町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集