海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 花と天空の稜線!夏の会津駒ヶ岳@桧枝岐村

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月16日

花と天空の稜線!夏の会津駒ヶ岳@桧枝岐村


花と天空の稜線!夏の会津駒ヶ岳@桧枝岐村

桧枝岐村にある会津駒ヶ岳へ行ってきました。

日本百名山のひとつで、なだらかな山容を特徴とします。

中門岳と併せ、花と山頂湿原に囲まれた好展望の稜線を歩きます。  aIMG_6098.JPG

滝沢登山口よりスタート

(登山に適した装備必須) IMG_2518.JPG

まずは樹林帯の中で高度を上げていきます。

難所のない優しい山ですが、累積標高差は約1300mとそれなり。

特に稜線上では、夏の日差しに加え天候急変への備えも肝要です。 IMG_5355.JPG

山頂を望むベンチへ。

早い時間帯に覆っていたガスは、タイミングよく抜けてくれました。

ここより先は、基本的に木道となります。 IMG_2533.JPG

ベンチの先から池塘が見られるようになってきます。

山頂(左奥)から2098Pへと続くなだらかな稜線が見て取れます。 IMG_5400.JPG

モフモフのワタスゲが風に揺れています。 IMG_5395.JPG

木道を囲むのは、花を終えたコバイケイソウです。

山頂付近のそれとは、1週間から10日前後早いようです。 IMG_5444.JPG

向かって左側に燧ヶ岳と至仏山 IMG_5448.JPG

駒の池(駒の大池)の畔にあるベンチと駒の小屋 IMG_2549.JPG

会津駒ヶ岳と駒の池のコラボ

この景色を眺めながら休憩は至福の時です♪ IMG_5478.JPG

そして、今回の目玉のひとつ「ハクサンコザクラ」

駒の池周辺から中門岳へと続く稜線上で見ることができます。

小さな花が美しく風に揺れていました♪ IMG_6034.JPG

山頂直下に広がるコバイケイソウの群生地 IMG_5510.JPG

今年2021年は、会津駒ヶ岳も例に漏れず当たり年のようです。 IMG_5527.JPG

コバイケイソウ群生地の端部付近から斜度が若干上がります。

そのポイントにある昨今話題の看板 IMG_2579.JPG

必ず......ではありませんが、特に雨天時は注意が必要です^^; IMG_2582.JPG

山頂直下より、駒の小屋方向を望みます。

燧ヶ岳が美しく見える角度でもあり、駒の池周辺の緑と相まってとても印象的です。 IMG_5553.JPG

燧ヶ岳と至仏山

その間には、広大な尾瀬ヶ原が広がっています。 IMG_5554b.JPG

山頂標識と左奥に燧ヶ岳の頂

厳冬期は、この標識も雪に埋もれてしまいます。 IMG_5558.JPG

すぐに視界が開け、中門岳へと続く稜線の全景が見えてきます。

まさに、天空の稜線といった趣で、高低差も少なく快適に歩くことができます。

左奥は越後駒ヶ岳周辺の山々です。 IMG_5571.JPG

何度も立ち止まっては、360度のパノラマ展望を堪能します。 IMG_5740.JPG

以前より整備が進みつつあるとはいえ、荒れた木道もまだまだ残ります......

なお、木道敷設替を含めた環境保全に関する協力金も募集中とのことです。

 

会津駒ケ岳環境保全協力金募集 | 尾瀬檜枝岐温泉観光協会 (oze-info.jp)IMG_2642.JPG

中門の池へ。

IMG_5672.JPG

中門岳のアイコン的なスポット「中門の池」

空を映す稜線上の大きな池がとてもきれいです♪

休憩スペースには新たにベンチが設けられていました。 IMG_2676.JPG IMG_5682.JPG

池塘の広がる広大な中門岳の山頂へ。 IMG_5713.JPG

山頂を後にし、再び快適な稜線を戻ります。 IMG_5695.JPG IMG_5912.JPG

山頂を過ぎ、コバイケイソウの群生地に囲まれつつ下ります。 IMG_6025.JPG

【参考】厳冬期の会津駒ヶ岳

 

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年8月16日
« 前の記事「手打ち蕎麦屋さんの名物穴子丼!「幸寿」@白河市」へ
»次の記事「只見川のブロッケン&白虹!「水沼橋」@金山町」 へ
福島特派員 新着記事
色付き進む秋の日暮滝@下郷町
手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町
隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町
眼下に黄金色の絨毯を望む「城山公園」@浅川町
消えゆく雲海と秋の裏磐梯@北塩原村
ガスに煙る秋の磐梯山@猪苗代町
La Festa Mille Miglia 2021@北塩原村
秋色深まる燧ヶ岳@桧枝岐村
1年前の同じ月に投稿された記事
厳しい船出を乗り切る!白河ラーメン「さくら」@矢吹町
森の妖精「レンゲショウマ」を求め、某所へ。
夏の尾瀬!2020@桧枝岐村
会津を代表するソースかつ丼の名店!お食事処「むらい」@会津若松市
夏の只見線沿線のひとコマ(第一橋梁&アーチ3兄弟)@三島町
夏の権太倉山&大信不動滝@白河市
その姿"扇"状「三日月の滝」@大玉村
奥会津の名水が生む幻の青ばととうふ!「玉梨とうふ茶屋」@金山町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集