海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月21日

手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町


手軽さも魅力!駒止湿原の草紅葉@南会津町

南会津町と昭和村にまたがる駒止湿原へ行ってきました。

主要な3つの谷地(湿原)から成る高層湿原で、火砕流台地の一角に位置しています。

湿原発達諸段階の植物が見られるなどたいへん貴重な存在で、国の天然記念物にも指定されています。

 

アクセスもよく、歩きやすい遊歩道は1時間から2時間ほど(トータル約3.2km)で巡ることが可能です。

今回は、南会津町側駐車場を起点に草紅葉の様子をうかがいました。
IMG_3977.JPG

  

【大谷地】

主要な3つの湿原のうち、最も大きい13.3ha

湿原南部は背丈のあるヨシに覆われ、原始的な湿原の趣も特徴のひとつとのことです。
IMG_9173.JPG
IMG_9180.JPG

ほどなくしてヨシの群生を抜け、背丈の低い湿原らしい景観となります。

草紅葉はちょうど見頃のピークでした♪
IMG_9201.JPG

中央のブナの大木にはヤドリギがとても目立ちます。
IMG_9243.JPG

湿原内は木道が整備されていますが、歩き易い靴と服装は必要です。
IMG_9250.JPG

輝く草紅葉♪
IMG_9258.JPG

 

【白樺谷地】

約5.7haの湿原で、中間付近ではサワラやキタゴヨウ等の針葉樹湿原が見られます。

大谷地との間に続く管理用道路を歩き、わずかな樹々の間を抜けてすぐに湿原へと入ります。
IMG_9275.JPG

落雷の影響と思われる内部が焦げた立ち枯れ木もいくつか見られました。
IMG_9282.JPG
IMG_9295.JPG
IMG_9302.JPG

白樺谷地と水無谷地とを隔てる樹林帯へ。
IMG_9308.JPG
IMG_9326.JPG

ブナやシラカバ、ヤマモミジといった広葉樹たちの共演♪
IMG_9317.JPG

ブナの幹肌と落ち葉重なる林床も印象的です。
IMG_9323.JPG

 

【水無谷地】

面積は、主要三湿原で2番目となる約8.3ha

湿原発達の始まりは、最も古い約2万年前とのことです。
IMG_9353.JPG
IMG_9386.JPG

サワラでしょうか。とても芸術的な樹形の一本木がありました。

パッと見は立ち枯れている様に見受けられますが、中間付近にしっかりとした葉をつけています。
IMG_9361.JPG
IMG_9365.JPG

残念ながら池塘はわずかしか見られません。
IMG_9399.JPG

草紅葉のなかに紛れる植物たちの"秋"を愛でつつ、戻ります。
IMG_9381.JPG
IMG_9276.JPG
IMG_9414.JPG

 

【空撮編】

南部側より駒止湿原の全景です。

広い台地状地形の一角にあることが見て取れます。
DJI_0014.JPG

大谷地
DJI_0019b.JPG
DJI_0022.JPG

白樺谷地(手前側)と右奥に水無谷地
DJI_0024.JPG

【空撮動画】 (37秒)

 

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年10月21日
« 前の記事「隠れ家的なログハウスカフェ「SUN'S COFFEE」@矢吹町」へ
»次の記事「色付き進む秋の日暮滝@下郷町」 へ
福島特派員 新着記事
秘かなるパワースポット「宇宙岩」@いわき市
食堂クオリティに留まらない!田楽食堂@白河市
初冬の大博多山@南会津町
田村で食す!「麵処さとう船引店」@田村市
徳川秀忠公に所縁を持つ棚倉城跡の紅葉@棚倉町
貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市
再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町
秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町
1年前の同じ月に投稿された記事
"俺のラーメン・俺の味"こだわりの「本宮家」@矢吹町
"裏那須"の稜線を歩く山旅@下郷町
シーズン終了の「たかつえそば畑」@南会津町
紅葉のトンネル!錦秋のブナ平@桧枝岐村
色づき始めの曲沢沼@北塩原村
"裏磐梯の隠れ家"小さなカフェ「ヒロのお菓子屋さん」レイクウッドカフェ店@北塩原村
白河市の老舗パン屋さん「山田パン」
街中散策で楽しむアートの祭典「風月の芸術祭in白河」

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集