海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月10日

秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町


秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町

アイヨシの滝 を後にし、新潟県境付近まで車で進みます。

国道252号の六十里越雪わり街道は、会越国境を跨ぐ約24kmの峠道。

国内有数の豪雪地帯が誇る秋の様子を探ります♪ 

 

六十里越峠開道記念碑付近より、奥深い山々と田子倉湖
IMG_0167.JPG

視界に入る樹林帯は、ほぼ全域が紅葉の真っ盛りです♪
IMG_0063.JPG

昭和48年9月の六十里越峠開道記念碑

時の内閣総理大臣「田中角栄」氏の名も。
IMG_0177.JPG

六十里越トンネル付近手前より。

左手前のピークは横山です。
IMG_0086.JPG

向こう正面に前毛猛山
IMG_0095.JPG
IMG_0081.JPG

前毛猛山から北側に延びる稜線。

ちなみに、この稜線は鬼ヶ面山を越えて浅草岳へと続いています。

なお、旧六十里越峠の一部は登山道して現在も使われています。

【参考:六十里越からの浅草岳
IMG_0068.JPG

田子倉無料休憩所周辺の様子
IMG_0181.JPG

只見線の六十里越トンネル&只見沢橋梁

右奥は浅草岳のピークです。
IMG_0204.JPG

只見沢の先に浅草岳
IMG_0194.JPG
IMG_0188.JPG

2013年に廃止となったかつての田子倉駅とその周辺の様子です。

半径2.5km圏内に人家はなく、また冬季は道自体が閉鎖という"由緒正しき秘境駅"でした。
IMG_0197.JPG

鬼ヶ面山の稜線をバックに余韻沢橋梁
IMG_0208.JPG

R252のスノーシェッドと右奥に鬼ヶ面山
IMG_0207.JPG

*******************************************

(空撮編)
DJI_0218.JPG
DJI_0221.JPG
DJI_0215.JPG
DJI_0235.JPG

手前に烏帽子岳の稜線と奥に高積山の稜線
DJI_0240.JPG

鬼ヶ面山と浅草岳

左下に田子倉無料休憩所が見えています。
DJI_0247.JPG

アバランチシュートの目立つ山肌と、そこを突き抜ける田子倉トンネル
DJI_0258.JPG

*******************************************

帰りに立ち寄った田子倉ダムの堤防より、只見湖方向を俯瞰します。
IMG_0214.JPG

展望台より鬼ヶ面山方向です。
IMG_0239.JPG

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年11月10日
« 前の記事「紅葉彩るアイヨシの滝@只見町」へ
»次の記事「再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町」 へ
福島特派員 新着記事
UFO伝説に因む美しき里山「千貫森」@福島市
広大な宇宙のロマンに触れる「UFOふれあい館」@福島市
地元で愛される老舗のシュークリーム!コミネヤの「美粧石」@棚倉町
奥会津の雪景色(詰め合わせ編)
会津盆地を望む雪の三重塔「法用寺」@会津美里町
ラーメン激戦区で孤軍奮闘する純系名古屋コーチン! らーめん寛@白河市
白河駅前イルミネーション2021@白河市
油断禁物の里山?!往生山@いわき市
1年前の同じ月に投稿された記事
穴場的?大銀杏の隠れ名所「薬王寺薬師堂」@塙町
雪待ちの矢ノ原湿原♪@昭和村
薄っすら雪化粧♪初冬の高森山@金山町
喰丸峠上空より望む幻想的な雲海!@昭和村
奥会津の隠れたる名店!ファーマーズカフェ大芦家@昭和村
花火の里の小さな花火「刈り上げ豊秋花火」@浅川町
奥会津の紅葉を愛でる旅@昭和村
落ち葉踊る秋の竜神滝@南会津町
サクッと楽しむ♪秋の明神滝@天栄村
南会津地区を覆う雲海(空撮編)@下郷町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集