海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山...

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月13日

再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町


再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町

六十里越峠を下り、国道252号を只見町から金山町方面へと向かいます。

それにあわせ、只見線の不通区間(只見~会津川口間)にある橋梁の様子を探ってみました。

(2011年7月の新潟・福島豪雨で被災後、紆余曲折を経て2022年中の全線復旧が予定されています)

 

〇叶津川橋梁

叶津川を渡って叶津地区の集落を貫く橋梁で、全長は372mです。

(苧巻岳南西側に位置する856Pをバックに空撮↓)
DJI_0267.JPG

只見川上空付近より、叶津川の上流方向

左奥に霞んで見えているのは、浅草岳です。
DJI_0271.JPG

北東方向より。
DJI_0264.JPG

*******************************************

 

〇真奈川橋梁

会津のマッターホルン「蒲生岳」の南南西に位置しています。

真奈川踏切直近からの蒲生岳とあわせて狙いたいところです。

(南東方向より、真奈川橋梁&踏切と右に蒲生岳)
DJI_0277.JPG

真奈川橋梁西側上空より。
DJI_0275.JPG

*******************************************

 

〇第八只見川橋梁

只見川の対岸をつなぐのではなく、左岸側に沿って設けられています。

奥会津らしい情景の山肌と青いトラス橋とのコラボが美しいです♪

(寄岩橋西側上空より)
DJI_0283.JPG
DJI_0284.JPG
DJI_0290.JPG

只見川上流側より左に第八橋梁と、右にR252の寄岩橋

地上からの主な撮影ポイントは、寄岩橋と第八橋梁の対岸となりそうです。
DJI_0280.JPG

寄岩橋東側上空より。

左奥は蒲生岳です。
DJI_0293.JPG

*******************************************

 

〇小塩沢川橋梁

R252中丸橋の西側に位置しており、撮影ポイントは複数ありそうです。

(中丸橋東側上空より)
DJI_0292.JPG

*******************************************

 

〇塩沢スノーシェッド付近より望む塩沢橋周辺

R252塩沢橋付記飲から望む塩沢橋周辺は、撮影ガイドにも載るスポット。

広角も望遠も絵になる印象です。
IMG_0250.JPG

*******************************************

 

〇第七只見川橋梁

2011年の豪雨で流出した3つの橋のひとつで、最も上流側に位置しています。

復旧後は、トラス橋の上路式から下路式に生まれ変わりました。

(四季彩橋北側より)
IMG_0261.JPG

四季彩橋より。
IMG_0254.JPG
IMG_0256.JPG

四季彩橋上空より。
DJI_0298.JPG

四季彩橋西側上空より、手前に四季彩橋と奥に第七橋梁
DJI_0295.JPG

*******************************************

 

〇第六只見川橋梁

本名ダムの東側に位置する橋梁で、豪雨により流出した橋のひとつです。

第七橋梁と同じく上路式から下路式に生まれ変わり、開通を待つばかりの状況です。

(第六橋梁西側より)
IMG_0279.JPG

ちなみにR252は、ダムの堤防ではなく新たに左岸側を抜けるルートに生まれ変わります。
IMG_0276.JPG
IMG_0270.JPG

*******************************************

 

〇風来沢橋梁

本名駅の先、風来沢の只見川合流地点近くに位置する橋梁です。

赤屋根の民家とのコラボが素朴な情景を醸し出しています♪

(御神楽館の駐車場より)
IMG_0283.JPG
IMG_0284.JPG

*******************************************

 

〇第五只見川橋梁

先述の豪雨被害で流出した橋のひとつで、最も下流に位置しています。

地形的条件もあり、各橋梁の中では最も安定的なリフレクションを楽しめるとのことです。

(R252より)
IMG_0290.JPG

橋梁脇の展望台より。
IMG_0300.JPG
IMG_0307.JPG

新たに架け替えられた部分の様子です。
IMG_0313.JPG

余談ですが、ボクの親類宅もまた件の豪雨災害により被災し、建て替えを余儀なくされています......

片付けの手伝いにうかがった際、直近を通る只見線にまさかここまでの被害が及んでいるとは知る由もなく......

わが家は只見線から遠い場所ですが、昔からなじみ深いだけにその様子はいつも気になるところです。

......今後もずっと応援して行きたいと思います。

 

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2021年11月13日
« 前の記事「秋色に染まる六十里越雪わり街道@只見町」へ
»次の記事「貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市」 へ
福島特派員 新着記事
UFO伝説に因む美しき里山「千貫森」@福島市
広大な宇宙のロマンに触れる「UFOふれあい館」@福島市
地元で愛される老舗のシュークリーム!コミネヤの「美粧石」@棚倉町
奥会津の雪景色(詰め合わせ編)
会津盆地を望む雪の三重塔「法用寺」@会津美里町
ラーメン激戦区で孤軍奮闘する純系名古屋コーチン! らーめん寛@白河市
白河駅前イルミネーション2021@白河市
油断禁物の里山?!往生山@いわき市
1年前の同じ月に投稿された記事
穴場的?大銀杏の隠れ名所「薬王寺薬師堂」@塙町
雪待ちの矢ノ原湿原♪@昭和村
薄っすら雪化粧♪初冬の高森山@金山町
喰丸峠上空より望む幻想的な雲海!@昭和村
奥会津の隠れたる名店!ファーマーズカフェ大芦家@昭和村
花火の里の小さな花火「刈り上げ豊秋花火」@浅川町
奥会津の紅葉を愛でる旅@昭和村
落ち葉踊る秋の竜神滝@南会津町
サクッと楽しむ♪秋の明神滝@天栄村
南会津地区を覆う雲海(空撮編)@下郷町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集