海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 福島特派員ブログ > 貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市

日本国内/福島特派員ブログ bill

日本国内・福島特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月16日

貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市


貴重な懸造りの社殿を潜る!磯前神社@田村市

田村市常葉町にある磯前神社 へ行ってきました。

神社建築としては県内でも他に例がないとされる「懸造り」の社殿が最大の特徴です。

市の有形文化財にも指定されており、昨今、パワースポットとしても人気を高めています。 

 

駐車場前より、左奥に上遠薬師のお堂と磯前(いそざき)神社
IMG_0328.JPG
IMG_0329b.JPG
IMG_0330.JPG

石段を上って社殿へと向かいます。

(石段から社殿までの一連の様子は、後段の動画にて)
IMG_0335.JPG
IMG_0336.JPG
IMG_0344.JPG

雪をまとう姿もまた似合いそうです。
IMG_0337.JPG

日が差し込むと、厳かな造りの社殿が浮き立ってきます。
IMG_0404.JPG

直下のポイントより社殿を見上げます。

参拝に当たっては、この床下を潜り抜けていくスタイルです。
IMG_0345.JPG
IMG_0348.JPG

石灰洞の岩の合間を進みます。

最近ちょっとお腹が......的な人までなら十分通り抜け可能です^^;
IMG_0349.JPG

床下を潜り抜けて右の階段へ。
IMG_0354.JPG

社殿へと上がります。
IMG_0357.JPG

参道の石段を俯瞰します。
IMG_0358.JPG

北西側上部の様子

社殿は、飛騨の工の一夜作との云われがあるようです。
IMG_0359.JPG

北西側と正面(南西側・組写真)
panelimg.jpg

*******************************************

鳥居を潜って右の斜面を上り、社殿の正面側へと向かいます。

特に案内はありませんが、石段と目印が設けられています。
IMG_0395.JPG

右手前には、小さな祠が建てられています。
IMG_0409.JPG

鳥居前へと戻り、杉林の先に日差しを浴びる社殿を望みます。
IMG_0426.JPG

【動画編】(3分50秒)

 

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年11月16日
« 前の記事「再開通を待つ只見線不通区間の橋梁たち@只見町&金山町」へ
»次の記事「徳川秀忠公に所縁を持つ棚倉城跡の紅葉@棚倉町」 へ
福島特派員 新着記事
UFO伝説に因む美しき里山「千貫森」@福島市
広大な宇宙のロマンに触れる「UFOふれあい館」@福島市
地元で愛される老舗のシュークリーム!コミネヤの「美粧石」@棚倉町
奥会津の雪景色(詰め合わせ編)
会津盆地を望む雪の三重塔「法用寺」@会津美里町
ラーメン激戦区で孤軍奮闘する純系名古屋コーチン! らーめん寛@白河市
白河駅前イルミネーション2021@白河市
油断禁物の里山?!往生山@いわき市
1年前の同じ月に投稿された記事
穴場的?大銀杏の隠れ名所「薬王寺薬師堂」@塙町
雪待ちの矢ノ原湿原♪@昭和村
薄っすら雪化粧♪初冬の高森山@金山町
喰丸峠上空より望む幻想的な雲海!@昭和村
奥会津の隠れたる名店!ファーマーズカフェ大芦家@昭和村
花火の里の小さな花火「刈り上げ豊秋花火」@浅川町
奥会津の紅葉を愛でる旅@昭和村
落ち葉踊る秋の竜神滝@南会津町
サクッと楽しむ♪秋の明神滝@天栄村
南会津地区を覆う雲海(空撮編)@下郷町

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■福島県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 福島特派員

    福島特派員
    bill
    福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集